田村です。

 

前回の講座で、情報商材アフィリエイトという

ビジネスモデルの全体像を説明しましたね。

 

【参考記事】

情報商材アフィリエイトで初心者が月収100万円を目指すための講座

 

ネットビジネスで大きく稼ぎたいと

思っているあなたには有益な内容だったはずです。

 

さて、上記の記事の内容だけでは、

当然のことながら情報商材アフィリエイトで

成果を出すことは出来ません。

 

上記の記事は、あくまで

情報商材アフィリエイトの全体像ですからね。

 

というわけで、今回は実践編として、

販売記事の書き方に焦点を当てて解説します。

 

情報商材の売り方~全体的なコンテンツ展開編

 

私が実践しているノウハウをそのまま書きますね。

 

まず、情報商材アフィリエイトにおいて、

必要な記事は以下の3つであることは、

前回の講座でも説明しましたね。

 

  • 集客記事・・・検索エンジンから読者を集める
  • 講座記事・・・読者に知識や新しい価値観を提供する
  • 販売記事・・・実際に情報商材を販売する記事

 

まあ、「講座記事」は正式な業界用語で「教育記事」

って言うんですが、言葉のニュアンスなどを考慮して

私は「講座記事」と呼ぶことにしています。

 

そして、基本的には「販売記事」を最優先に作るんですよ。

 

なぜなら、前回の講座でも説明したように、

「集客記事→講座記事→販売記事」

という風に読者を誘導していくからです。

 

つまり、最終的なアクセスの受け皿である

「販売記事」がなかったら意味がありません。

 

そして、「販売記事」が出来てから、

その商品に誘導するための「講座記事」を書きます。

 

例えば、昔、MGAという動画まとめ

サイトの商材の販売記事を書きました。

 

【参考記事】

他人の動画に乗っかってずる賢く稼ぐ動画系ノウハウ・MGA

 

この記事が出来てから、

まとめサイトの講座記事を書いたわけです。

 

【参考記事】

他人のコンテンツに便乗して稼ぐまとめサイトノウハウ

 

ここまで出来たら、集客記事に

講座記事へのリンクを仕込んでいきます。

 

まあ実際には集客記事は更新頻度が

落ちないようにコンスタントに並行作業してるんですね。

 

ただ、無駄のないアクセス誘導をするためには

このようなステップでのコンテンツ展開が基本となります。

 

ですので、情報商材アフィリエイトの実践の第一歩は、

販売記事→講座記事の順番でコンテンツを増やすことです。

 

集客記事は並行作業をしつつ、

販売記事や講座記事が新しく

出来たらリンクを修正していきます。

 

こうやって、検索エンジン集客から

商品成約までの流れを作るわけですね。

 

ひとまず、今回の講座では「情報商材の売り方」

ということで、直接的な販売の段階である

「販売記事の書き方」を見ていきましょう。

 

情報商材レビューの実践的な書き方その1、読者が必要とする情報を押さえる

 

単に「情報商材レビュー」と言うと、

ネット上では無料オファーを叩く記事を

指すことが多いようです。

 

ただ、この講座では「販売記事」

のことを指すものと思ってください。

 

【参考記事】

おすすめ商材一覧

 

上記の販売記事を見てもらったら分かりますが、

全部「レビュー」の形を取っていますからね。

 

さて、私に限らず、情報商材の

販売記事って、みんなすごい長いですよね。

 

私の場合で、大体いつも1万文字以上あります。

 

なんで情報商材レビューがこんなに長いのかと

言うと、販売記事に必要な情報を全部丁寧に

書いたらそのくらいのボリュームになるからです。

 

それでは、販売記事に必要な

情報とは、一体どんなものなのでしょうか。

 

  • リード文・・・今回レビューしていくノウハウのメリットや優位性
  • 商材の市場背景・・・そのノウハウで取り組む市場は稼ぎやすいのか
  • その商材の概要・・・簡単に言うとどんな商材なのか
  • 商材の詳しい中身・・・具体的にどんなノウハウに取り組むのか
  • 商材のノウハウの実践手順・・・どういうステップで取り組むのか
  • 収益性・・・どのくらいの作業でどのくらいの収益性になるのか
  • 商材のデメリット・・・その商材の、ノウハウが薄い部分など
  • 特典の打ち出し・・・デメリットを補う特典であると伝える

 

これが、私がいつも使っている

販売記事テンプレートです。

 

例えば、商材のPDFマニュアルを読む時なども、

上記の項目を意識しながら読むことで、

販売記事作成にかかる時間が全然違います。

 

最終的に記事にするべき項目が分かっていて

商材PDFを読むのと、何となく読むのとでは

必要な情報を取り出す効率が全く違いますからね。

 

もっと言うなら、商材を見る前に他の

ブロガーさんの販売記事を見て商材の内容に

見当をつけるとさらに効率が上がります。

 

他のブロガーさんの販売記事は

商材の内容をダイジェスト的に

解説してくれているわけですからね。

 

こうやって、他の販売記事や商材PDFを見ながら、

上記の「書くべき項目」を埋めていきます。

 

この段階で作ったメモの実例を1つ、お出ししましょう。

 

以下は、前にトレンド・ツイート・トルネード(TTT)という

商材をレビューする前に作ったメモです。

 

【リード文】

  • 初心者向けの教材
  • コンテンツ作成の負担
  • まとめサイトが継続しやすい理由

 

【商材の市場背景について】

  • 2chの国内利用者数が1100万人ちょっと
  • ツイッター利用者は国内だけで「4000万人」超
  • 1日5億ツイート
  • 代表格の「ネイバーまとめ」は2012年の公式発表で月間PVで17億アクセス、月間UUで3500万人
  • まとめ系のコンテンツには需要がある

 

【商材の概要】

  • Twitterを活用してサイトの記事を作る新しいTwitterのノウハウ
  • 稼げるアカウントを育てるタイプではないので、凍結などの心配も無用

 

【商材の詳しい中身】

  • twitterのツイート内容をもとにまとめサイトのコンテンツを作っていく
  • 情報の鮮度の高さから、トレンドアフィリとも相性がいい
  • コンテンツ内容の抽出はツールで3分もあれば終わる
  • 慣れれば1記事あたり、全部で10分で終わる
  • 著作権、コピーコンテンツによるgoogleのペナルティなどの懸念に対するフォロー
  • ツイート内容は基本的に著作権的なものは認められない
  • Twitterのツイートは検索エンジンに認識されていない
  • 同じ話題を別の日にまとめるだけでも「全く別のコンテンツ」になってしまう

 

途中までですが、十分にニュアンスが伝わったでしょう。

 

ちなみに、黄色マーカーは他のブロガーの

TTT販売記事に書いてあった内容そのままです。

 

ただの客観的な統計ですので、この内容に著作権はありません。

 

「ネイバーまとめは月間17億アクセスある」という

事実をあなたが記事に書いて著作権違反で

クレームをくらうことはまずないわけです。

 

リライトとかリサーチというのは、

こういう風にネタを取ってきます。

 

まあ、リライトについては、また改めて

専用の記事を作ることになるでしょう。

 

自分の頭の中にあるものだけで記事は

書けませんので、リライトは重要なスキルだからです。

 

さて、話は逸れましたが、上記のメモに戻りましょう。

 

青いマーカー部分は、TTTの公式レターや

商材PDFに書いてあった事実です。

 

意外と、他人が提供している情報から

引っ張ってきているものが多いことに

気づいていただけたでしょうか。

 

このように、販売記事に使えそうな客観的事実を、

商材の公式やライバルブログから引っ張ってくれば、

死角がほとんどない丁寧なレビュー記事が作れます。

 

そして先ほども言ったように、

客観的事実に著作権はありません。

 

ですので、リサーチをしっかり行って、

販売記事に必要な項目に

入れる情報を仕入れましょう。

 

情報商材レビューの実践的な書き方その2、コピーライティングの基礎を押さえる

 

さて、販売記事で書くべき

内容がまとまったところで、

いよいよ記事作成をしていきます。

 

この段階において、

コピーライティングの知識は絶対必須です。

 

なぜなら、コピーライティングの知識がないと

「分かりやすく」「丁寧で」「説得力をもった」

文章を書けないからです。

 

【参考記事】

あなたの成約率を5倍、10倍と高めるコピーライティング講座

 

上記の記事を読んでもらえば分かりますが、

「省略をしない」「主張の直後に必ず根拠をつける」

などは、我流で適当に記事を書いていても

まず気が付かないポイントでしょう。

 

私自身、コピーライティングを学ぶまで、

「そんな書き方くどいだけやろ」とか思ってました。

 

しかし、コピーライティングの基本を

守った書き方をするようになって、

こんなお問い合わせメールをもらえたりしました。

 

はじめまして。○○と申します。

私はアフィリエイトを始めようと思い、いろんなアフィリエイターさんのブログを読みました。

その中で一番丁寧でわかりやすく勉強になったのが田村さんのブログでした。

 

前回の講座でも書きましたが、やっぱり

対面の会話コミュニケーションとネット上の

ブログコミュニケーションでは全く

コミュニケーション感覚が違うわけです。

 

コピーライティング講座の書き方に従って、

「主語などを省略せず」「全ての主張に根拠をつけて」

先ほど作ったメモにある項目を書いていったら、

気が付いたら1万文字は超えていきます。

 

まあ厳密に言うと、特典だけでかなり

文字数を取るので、レビュー本文は

6000~7000字といったところでしょうか。

 

数千とか1万の文字数を見て怖気づく人は

多いですが、情報商材アフィリエイトを続けていたら

その程度の文字数は気にならなくなってきます。

 

そして、しんどいのはむしろリサーチと

内容構成の構想だと気づくようになるでしょう。

 

内容の構想が決まったら、

1万文字くらい一気に書けますよ。

 

情報商材レビューの実践的な書き方その3、情報商材につける特典の見せ方

 

情報商材アフィリエイトを始めようとする人が

一番心配するのが、特典の作成のようです。

 

まあ実際、私も情報商材アフィリエイトを

始めて一番困ったポイントですし、今でも

特典の見せ方は割と時間がかかります。

 

まず、どんな特典をつけるかですが、

もちろん商材によって異なってきます。

 

ただ、アドモール系の初心者用の商材なら、

どこのブログの特典も以下の内容の特典です。

 

  • ブログ戦略
  • 広告配置
  • ジャンル選定
  • SEOノウハウ
  • Twitterやアンテナサイトを使った集客ノウハウ

 

何やらもったいぶった言い方でボカしていますが、

すごいぶっちゃけると私も含めてみんな特典に大差ないです。

 

ちなみにこういうのを、私の師匠は

「キュレーション系の特典」と呼んでいました。

 

キュレーションとは「まとめ」の意味で、

要するに色んなノウハウをgoogleから

かき集めてきたタイプの特典です。

 

で、キュレーション系の特典って、

ボリュームを増やそうとしても、

上記で挙げた項目以外のネタがもうないんですよ。

 

だからみんな差別化を図るために、

ツールとかブログテンプレートとか

つけてお得感を出そうとしています。

 

正直言って、そういう「モノで釣る」系の

売り方はあまりおすすめしないんですね。

 

だって、絶対にリピーターが育たないでしょ?

 

例えばツールやブログテンプレートを特典に

つけてる人って、どの商材にも同じ特典を

つけている人が多いわけです。

 

そんなもん、一個あったら十分ですので、

お客さんからしたらそういう売り方の

ブログでまた別の商材を買う必要はありません。

 

かと言って、全ての商材に違うツールを

特典としてつけるのも無理があります。

 

再配布可能なツールなんてそんなに

何個も簡単に手に入るわけじゃありませんからね。

 

前置きが長くなりましたが、キュレーション系の特典に

加えて、差別化を図るためにつける特典とは・・・

 

ズバリ、「世界に1つしかない特典」です。

 

具体例を挙げましょう。

 

顔出し・声出しをしないでも初心者が稼げるyoutubeノウハウ!YTM∞レビュー

 

これは、バナナデスクさんの

YTM∞という商材の販売記事です。

 

この商材の特典に、実在する

チャンネルの分析事例を載せています。

 

こういう、他人のコンテンツを自分独自の視点で

分析した特典て、簡単に差別化が図れるんですよ。

 

そもそも、分析対象自体が

そうそう滅多にかぶりませんからね。

 

ただし、youtube系の教材や、コピーライティングの教材

なんかは比較的、そういう分析事例を特典につける人が多いです。

 

ということは、単に「私独自の視点で分析しました!」

だけだと、これまた埋もれてしまうわけです。

 

つまり、「この人の分析事例は読みたいな」

と思わせるような特典の見せ方をしないと、

読者からしてみたらあなたを選ぶ理由がありませんね。

 

ちなみに、こうした独自性を押し出した特典の

見せ方は、前回の講座でも説明した「ちょっとした

表現の違い」が全力で悪さをしてくるところです。

 

例えば、YTM∞のライバル記事を見ていたら、

私と同じように分析事例を特典につけている人がいたんですよ。

 

そのブログの特典記載は、「私が徹底的に

売れているチャンネルを分析しました。

その数、なんと40以上!」みたいな感じでした。

 

読者は多分、分析事例そのものに

興味はないと思うんですよ。

 

もっと言うと、読者はyoutubeそのものすら

どうでもいいと思っているかもしれない。

 

読者の目的はただ1つ、「稼ぐこと」ですからね。

 

言い方は悪いですが、youtubeでよく見る

文字スクロール動画に対して、無償でも作り続ける

だけの情熱を持てるような人はまずいないでしょう。

 

だから、「YTM∞で稼げるかもしれない」と読者が

思ってくれていたとしても、「40以上のチャンネルを

分析しました!」じゃ響かないと思うんですよ。

 

では何を書けば読者に響くのでしょうか。

 

それは、

「その特典を読んだらどうなるの?」

という部分を書くことです。

 

例えば、「8カ月間の運営で5万しか

稼げていないチャンネルから学ぶNG例」

なんて項目が私のYTM特典にはありますね。

 

YTMのノウハウと似た様な2chまとめ系動画の

チャンネルで、そういうお寒い状況になっている

チャンネルが実際に存在することを強調するわけです。

 

似た様なノウハウに取り組む商材の

販売記事を読んでいる読者なら、

もれなく「自分はそうなりたくない」と思うでしょう。

 

このように、あなたの特典を読むことのメリット、

または読まないことのデメリットを伝えてあげてください。

 

その際のコツは、「読者はその商材の

ノウハウにすら興味がない」という前提で書くことです。

 

読者は別にまとめサイトやらyoutubeアドセンスの

ノウハウを深く学びたいわけではなくて、「稼ぎたい」わけです。

 

なので、「あなたの特典を読んだら収益アップに効果がある」

「あなたの特典を読まなかったら収益がダウンする」

こうしたニュアンスを持った切り口で特典を記載すると、

読者があなたを選びたくなる可能性が高まります。

 

余談ですが、今まで私が作った販売記事の中で、

独自性を一番押し出しているのが以下の商材です。

 

宇崎恵吾さんのCopyrighting Affiliate Programで月収100万円を狙う!

 

この商材は強力なライバルが多く、

その特典もボリュームで圧倒してきているため、

独自性に突出しないと勝ち目がありません。

 

だから、かなり意識して

「この特典でしか読めない内容」

だと伝わるように作りました。

 

そして、特典の打ち出し方も、

個々のブレッドが全部、

収益に関することをほのめかして

いることに注目してください。

 

きっと何かの参考になるはずです。

 

情報商材の売れるレビュー記事の書き方まとめ

 

さて、長くなりましたが、

ここまでをまとめてみましょう。

 

売れるレビュー記事の書き方

  • 読者が必要とする情報を押さえる
  • 商材の公式レターやライバルブログから的確に情報を引っ張ってくる
  • 項目を箇条書きで埋めて、販売記事の構想をメモにまとめる
  • 構想がまとまったら、コピーライティングを駆使して丁寧に記事を書く
  • 特典は、キュレーション系のものはどこも一緒
  • 差別化のために、独自性を打ち出した特典を作る
  • 独自性を打ち出した特典は、記載の仕方次第で読者の反応率を下げるから注意
  • 特典の記載は、収益に影響することをほのめかす

 

ひとまず、これだけ情報があれば、

あなたも自分なりに販売記事が

書けるのではないでしょうか。

 

しかし、前回の講座でも言ったように、

「ちょっとした表現の違い」は添削を

受けて指摘をもらわないと中々克服出来ません。

 

もし独学で行き詰ったら、

以下の記事を読んで欲しいと思います。

 

【参考記事】

宇崎恵吾さんのCopyrighting Affiliate Programで月収100万円を狙う!

 

アフィリエイト界で伝説クラスの人物が

コンサルティングしてくれますので、

的確にレベルアップできること間違いなしです。

 

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

【関連記事】

情報商材アフィリエイトで初心者が月収100万円を目指すための講座

超カンタンSEO対策!誰でも出来るネット集客の基本!

あなたの成約率を5倍、10倍と高めるコピーライティング講座

情報商材アフィリエイトの実践に必要なASPの紹介

 

田村公式メールマガジンのご案内

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、

実績ゼロからネットビジネスで生計を立てるまでに

至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、

秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 脱サラレベルで稼ぐのに必要なビジネスマインド
  • ○○の記事を書いているうちは自由になれない
  • 長期的に稼げる資産ブログの作り方とは
  • 私がこっそりと参考にしたブログをメルマガでだけ紹介・・・
  • ネットビジネスで成功するのに才能は必要ない理由
  • なぜ会社から解放された人生を目指すべきなのか

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「ゼロから始めるネットビジネス」(122ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • ネットビジネスで成功するのに必要なビジネスマインド
  • 実績ゼロからでもネットビジネスが出来る理由
  • ネットビジネスで成功する可能性は誰もが持っている
  • ネットビジネスで一番稼げるビジネスモデルとは?
  • 全てのネットビジネスの基本となるノウハウ
  • コンテンツの価値、そしてあなた自身の価値を読者に伝える方法
  • ネット上のライバルブログと知識量を競わなくてもブログの差別化が出来る理由

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに

登録していただけると、こちらから折り返し

メールにて特典をお渡しします。

 

特に独自性の出し方は重点的に

説明してあるので、参考になるはずです。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを

入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

田村 公式メールマガジン(ネットビジネス無料講座)登録フォーム

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

 

※返信が迷惑メールに入っている、または

メールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、

お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。

 

※3、特にyahooはフィルタ機能が強く、メールを勝手に

削除することすらありますのでご注意ください。