はじめまして、田村です。

 

某難関国立大を卒業するまでは良かったのですが、

会社のために自分を犠牲にすることがどうしても

美徳と思えず、転職を繰り返して人生転落していきました。

 

そこからアフィリエイターとして復活するまでのお話です。

 

あなたがネットビジネスの一歩を踏み出す助けになれば幸いです。

 

学生時代の私

 

父親が国立大卒の高校教師、

母親が早稲田卒という

結構お堅い家庭で私は育ちました。

 

小学校高学年の時点で

中学受験の塾に行かされていましたが、

それを全く疑問に思うこともないくらい

「受験」は空気のように当たり前でした。

 

まあ、両親とも団塊世代の

「いい大学を出て、いい会社で定年まで頑張る、それが人生」

という価値観の直撃世代でしたからね。

 

そんな教育熱心な両親の甲斐あって、

私は地元の中高一貫の進学校に進学しました。

 

これで大学受験までの6年、「受験」から解放された私は

部活とゲーム三昧で、成績もみるみる下がっていったもんです。

(どうでもいいですがFF6は神作でしたね ^ ^)

 

そんなある日の出来事です。

 

害虫駆除サービスの営業の人がやってきて、

サービスで一回床下を点検してくれたんですよ。

 

床下にゴキブリの卵がうんたらかんたらと

説明されましたが、特に金を払う気もなかった

母がその営業を追い返しました。

 

その時に父が放った一言が中々インパクトがありました。

 

「勉強をしなかったヤツはあんな仕事しか出来ないんだぞ」

 

今にして思えば凄まじいまでの

学歴差別意識ですがこれガチで言ってましたからね。

 

ただ、私は部活を通して音楽と出会っていて、

音楽専門学校に行きたいと思うようになったんですよ。

 

で、高校2年に上がる時に文系か理系を選ぶんですが、

私は音楽をする時間欲しさに文系を選びました。

 

そして父は激怒するわけです。

 

「文系なんかでロクな就職先があるか!」と。

 

ここまでいくと作り話くさく思われるかもしれませんが、

これらのセリフは全部ガチで言われました(笑)

 

父がそれまで歩んできた人生の世界観では、

きっとそれは正しいことだったのでしょう。

 

そしてそれは、本気で私の人生を

思ってのことだったと今なら分かります。

 

でもそれは父の価値観の中でのことです。

 

当時の私が漠然と抱いていた

違和感の正体も、今なら言葉に出来ます。

 

まず会社ありきの価値観。

 

勉強するかどうかの判断基準が

「自分がそれを学びたいか」ではなく

「就職に使えるか」になっている。

 

父の思い描くレールの先に待っているのは、

勉強したくもないことを勉強し、

やりたくもない仕事をやる、

それが死ぬまで続く人生。

 

当時はハッキリと自覚出来ませんでしたが、

直感でそんなことを思っていましたね。

 

ネット起業をした今、

あえて付け足すなら、

人生は自分ありきです。

 

それを諦めて会社のために生きるのが「普通」だと言うのなら、

私は普通の人生なんていらない、そう思います。

 

さて、話は逸れましたが、

専門学校に行きたいと言い出すと、

当然父は怒るわけです。

 

専門学校なら金は出さないから

家を出て行って自活しろとまで言われると、

まあ普通は折れますよね。

 

YUIみたいに16歳でギターを

一本背負って上京なんてロックな真似は、

こういう家庭に育った高校生には思いつきません(笑)

 

そこから結局大学受験をやって、

1浪で某難関国立大に入りました。

 

え?○○大!?と合コンとかで

驚かれるくらいの大学には入った私ですが、

いよいよ大学デビューした私の胸中にあった思い、それは・・・

 

もうここまでやったら

文句言われる筋合いもないだろう!

 

もう俺は一生分勉強したぞ!

 

もうちょっとマシなこと考えられんかったものだろうかと

今なら思いますが、やはり勉強とは自分のために行うべきですね・・・

 

あ、でも大学受験はやってよかったと思っています。

 

得たものもたくさんありますが、

ネットビジネスには関係ないので割愛します。

 

で、大学に入ってからも、

休学して音楽専門学校に通いたい

という話をしたことがあったんですが、

これも専門学校に金は出さねえとはねのけられました。

 

ちなみに、兄には手厚くお金が出ていたんですよ。

 

とある私立大を卒業した後、

別の私立大の3年に編入して学び直し、

私立大の大学院にまで行ってました。

 

一体何年かけて勉強しとんねん。

 

両親のこの学歴に対する異様な信仰ぶりに

静かな、それでいて粘っこい怒りを覚えたもんです。

 

そして兄の方はと言うと、心理系を学んでましたので、

今は非常勤のスクールカウンセラーですね。

 

正職員にすらなれてませんがな。

 

それはそうと、「学び」とは一体何だと思ってしまいますよね。

 

何かを学びたいという気持ちに貴賎はないはずなんですが・・・

 

その後は、バイトとバンドと合コンに精を出していたら

気がついたら就活の時期が来てました(汗

 

社畜になる自分は想像したくもなかったけど、

起業その他、自分の力で稼ぐアイデアもなかったので、

まあいわゆる現実逃避で遊んでたわけですな。

 

いよいよ就活の時期がきて、

ここでヘタれてしまうわけです。

 

一斉に就活を始める周囲に取り残されることに恐怖しました。

 

環境の影響ってのは恐ろしいもんですね。

 

初めてのブラック企業

 

そして私は最初の就職先として、

名もないITベンチャー企業に就職しました。

 

なんでベンチャーを選んだのかも話すと長くなりますが、

起業できるだけのノウハウを掴んでやろう的な

意識高い系の思い上がりがありました。

 

しかしまあそこはブラック企業でして・・・

 

一ヶ月目ですでに終電当たり前の絵に描いた社畜生活でした。

 

あと、女子サッカーチームのスポンサーをしていて、

応援団として駆り出されました。

 

ええ、休日に。

 

また別の日には、バーベキュー大会に駆り出されました。

 

事前の準備、当日の肉や炭の買い出し、

場所の確保、一発芸の準備なども込みで。

 

ええ、これももちろん休日に。

 

高校生の頃に恐れていたものが具現化したような生活ですね。

 

今でも思うんですが、

これを黙って耐えることに

何の意味があるんでしょうね?

 

何かスキルアップするんですか?

 

何か自分のためになるんですか?

 

これを当然のこととして受容できないと

社会一般では落第扱いらしいですよ?

 

さて、現実というものを思い知らされて

このブラック企業は半年ほどでドロップアウトしました。

 

その後は2~3年のフリーター生活を経て、

結局実家に戻ることとなります。

 

実家に戻ってからは数カ月ほど

自宅を警備・・・じゃなくて、

ニートをしておりました。

 

しかし、父に家を追い出されかけて、

ようやく再就活をすることになります。

 

そして再就職と退職を繰り返して

どんどん悪循環に陥りました。

 

基本的に、会社のために知りたくもないことを

勉強するのがストレスだったので、

すぐに辞めてしまいました。

 

そんなワガママ言ってる時点で

社会人失格なんでしょうけど、

自分の人生は自分のために

使いたいという気持ちはずっとありました。

 

そんな人生も行き詰まっていた頃に、

何か稼ぐ方法はないものかとネットで検索しました。

 

そしてアフィリエイトに出会うことになります。

 

初めてのアフィリエイトは1円も稼げず・・・

 

ネットでお小遣い稼ぎを調べると、

まあそれなりの確率でアフィリエイトに行き着きますよね(笑)

 

パソコン一つで稼げるとあって、

私は興味を持ってさらに調べました。

 

その仕組を調べ始めて、割と早期に

うまくやれば不労所得にもなるということも判明しました。

 

これは夢にまで見たチャンスかもしれない・・・

 

月収100万とか現実的とは思わないけど、

せめて日本の異常な労働慣習から逃れられるくらいの

生活を手に入れられるかもしれない・・・

 

半信半疑でしたが、帰宅後や休日にアフィリエイトに取り組み始めました。

 

さて、私が最初に取り組んだ

アフィリエイトとはどんなものだったか・・・

 

まあ、音楽とかが好きだったので、

趣味を装った音楽日記的なブログを立ち上げたわけですよ。

 

そこでおすすめの教本や機材のレビューを混ぜるみたいな。

 

そういうジャンル特化型サイトを作るなら、

ありとあらゆる情報を網羅した記事を最低でも100個は

投稿しないとまともにアクセスが集まるわけないんです。

 

しかし、当時の私は週一回くらい日記風の記事書いてるくらいでした。

 

いやあ、無知って恐ろしい・・・

 

しかも・・・好きなアニメの感想記事まで書いて

そのアニメのDVDの広告を記事下に貼る始末。

 

アニメの感想記事とかを投稿するなら、

2chのまとめサイト方式で最低1000記事くらい

投稿するか、相互RSSやツイッターで

アクセスをハンティングしないといけないなんて知らなかったし・・・

 

それ以前に、そんな何がしたいか分からないブログじゃ

人が集まらないなんて分かってなかったし・・・

 

そしてブロ友が出来て、

その人と楽しく音楽談義をしているうちに

アフィリエイトへの情熱はなくなってしまいました。

 

アフィリエイトでリベンジマッチ!

 

さて、結局そんなうまい話ねーじゃんとか

定番の捨て台詞とともに社畜生活に戻っていきました。

 

そこからさらに2~3年経ったでしょうか。

 

順調にキャリアを重ねた同級生が

結婚しただの子供が生まれただのの

ニュースが耳に入る度にふさぎ込みました。

 

一言で言うとみじめでした。

 

そんな私は基本給15万円の社畜です。

 

結婚どころか生活がギリギリ。

 

しかもその会社で働いていても、

生活がよくなる見込みなんてないわけです。

 

だって、60歳オーバーの

正社員が私と同じ給料でしたし。

 

冗談に聞こえるかもしれませんが、

そこは昇給というものがないので、

何年働いても給料同じですからね。

 

真面目に働いていれば活路が拓ける。

 

少なくとも私に当てはまる言葉ではありませんでした。

 

収入を増やすしかない・・・!

 

こんなやりがいもないクソみたいな仕事を

朝から晩までやって一ヶ月耐えて手取り12~13万とかふざけている!

 

ほったらかしで月収100万までは信じてないけど、

同じ朝から晩まで作業するならアフィリエイトの方が

まだ可能性がある・・・!

 

そう思って、今度こそはと本気で

アフィリエイトに取り組む決心をしました。

 

今度は金に糸目をつけない。

 

それくらいの決意で情報を探して、

とあるコンサル案件に飛び込みました。

 

なんでそこを選んだかというと、

無料オファーと違って稼げる

根拠がきちんと示されていたからです。

 

最初の三ヶ月は無給でしたが頑張りました。

 

すると次の月あたりから、一つ、また一つと商材が売れ始めました。

 

4ヶ月目で5万くらいだったでしょうか。

 

さらにそこから7ヶ月後には月収で30万近くに達し、

ようやく脱サラすることが出来ました。

 

なぜ2回目のアフィリエイトで成果を出せたか

「ネットは楽に稼げる」の真実

 

大前提としての心得ですが、

「ネットは楽に稼げる」をガチで

信じたままで取り組むとまず失敗します。

 

  • 1日5分のカンタン作業で~
  • 寝る前の片手間で月収100万~

 

こんな誇大広告が巷に溢れすぎているせいですね。

 

巷というか、無料オファーにですがw

 

確かに慣れるとゼロから新しいブログを

立ち上げて1カ月で収益化できたりします。

 

しかし、初心者の方だとどんな商材や

ノウハウを手に入れても、そこまで早く

収益化は出来ない人がほとんどだと思います。

 

私の場合、一度挫折しているので

その辺を覚悟して臨んだことが大きいですね。

 

知識やノウハウをきちんと消化吸収して

モノに出来るまでは無給労働で

あることは予め覚悟していました。

 

楽になれるのは、検索エンジンからユーザーを

呼び込み、販売記事やメールマガジンに

誘導する仕組みが出来上がってからです。

 

その仕組みを作る過程をすっ飛ばして、

記事を1つ書くだけで、メルマガを1通出すだけで

大金を稼げると勘違いする方は多いですね。

 

そういう勘違いをしたままネットビジネスの

世界に入るとかなり高い確率で挫折するので注意しましょう。

 

初心者だからという言い訳を捨てた

 

まずコンサルを受けるにあたって、

自分は初心者だからとか言い訳しないと決めていました。

 

そもそも、初心者が大金を稼げるほどビジネスは甘くありません。

 

だから初心者じゃなくなるために

コンサルを受けていたわけです。

 

そこで私は初心者だから出来ませんとか

言い出したら意味不明なわけです。

 

つまり何が言いたいかというと、

今あなたが初心者であることは全く問題ありません。

 

それに当ブログのコンテンツは初心者の方が

読むことを前提に全てを作っておりますし、

初心者の方がこれからどうすれば

稼げるのかという情報を発信するものです。

 

だから自分は初心者だから管理人にメールを

送るのはやめとこうとか思う必要はありませんよ^^

 

さて、上記のような精神論的な意味合いはもちろんなんですが、

アフィリエイトはサイトに初心者くささが出ていたら売れません。

 

どんなジャンルのアフィリエイトでもそうです。

 

「アフィリエイトで月5万稼げるように頑張ります!」

とか書いてるブログを見て目を覆いたくなりました(苦笑

 

「なんでオメーの目標に協力しなきゃいけないんだよ」、で終了です。

 

「だから買ってくださいお願いします!」

と大して変わらないですよね?

 

アフィリエイトを頑張っている姿に共感して

モノを買ってくれる客はそうそう滅多にいないですよ(汗

 

このあたりは、余計なことを書かないという

ただそれだけのことを守ればいいだけですが・・・

 

まあ初心者だと言っていれば予防線は張れますが、

お金を稼ぐ以上はプロ意識を持つべきですよね。

 

何よりそういう弱気な態度は

読者に見透かされて売れなくなります。

 

マニュアルを何度も読み、何度も質問した

 

マニュアルを一回読んで分かった気になって

一人でやっちゃう人が一番伸びないって、

その時の先生に言われました(笑)

 

サポートする側に回った今、

その意味がよく分かります(汗

 

もちろん、マニュアルに書いてあることを質問するだとか、

検索もしないで質問するだとか、

一回自分の頭で考えることをせずに質問するだとか、

そういうことはアフィリエイトに限らず慎むべきです。

 

ですが、マニュアルってどんなに頑張って言葉を尽くしても、

人によって解釈のズレが出てきて間違った方向に行く時ってありますからね。

 

なので質問がなくても作業報告はしていました。

 

プロフィールが出来ました、

サイトのデザインと構成が出来ましたetc・・・

 

そしてマニュアルを誤解して

変なことをしていたら素早くアドバイスをもらえます。

 

そんな私も最初は、慣れてきたつもりになって

1カ月半くらい一人でやってた時期がありました。

 

そしてやってきたオチ。

 

「お久ぶりです、コンテンツもたまってきて今こんな感じです^^」

 

「どうしてもっと早く作業報告しなかったんですか!修正点多すぎます!」

 

ある意味コンサル生あるあるですので、

あなたはそんな時間のロスをしないように

気を付けていただきたいところですね・・・

 

アフィリエイトで成功するための行動、考え方、ノウハウは

またおいおい記事更新しますね。^^

 

専業アフィリエイターとして

 

このように、コンサルを受けてストレートに成功、

脱サラ出来たわけではありません。

 

それにいくら社畜時代の給料の2倍の稼ぎとは言っても、

専業アフィリエイターになる決断をするには勇気がいりました。

 

それは、反発しながらも結果的に受容してきた

「普通の人生」との決別だからです。

 

しかし、日本の会社というものが、

どれほど報われない環境であるかは、

わざわざ私が説明するまでもないでしょう。

 

あなたも胸に手を当てて考えてみてください。

 

今の職場で頑張って報われそうな未来が見えますか?

 

そんな未来が見えたのなら、

そっとブラウザを閉じて、

また明日から仕事を頑張ってください。

 

きっとこのブログは不要なものですから。

 

でも、そんな未来が見えず、

まだこのブログの続きを

読もうとしているあなたなら分かるはずです。

 

もうこんな茶番に付き合ってられるか・・・!

 

「一人前の社会人」にするべく

教育熱心だった両親に対する良心の呵責を振り切り、

私は新しい世界に踏み出すことにしました。

 

このブログで伝えたいこと

 

ネットビジネスで脱サラして自由を掴もう!

 

ネットで稼ぐ情報を探していると、

このセリフはしょっちゅう目にしますよね。

 

では、私たちが手に入れるべき自由な人生って何なのでしょうか。

 

ただ漫然と「会社に行かないで済む生活がしたいな~」

くらいだと、モチベーションが弱くなってしまいますよね。

 

ですので、自分が手に入れるべき未来のイメージは

はっきりさせておくべきだと私は思います。

 

では、私が思う自由な人生とは何かという話ですが・・・

 

それは、「他人に支配されない人生」だと思います。

 

どういうことかと言うと、会社に勤めるだけで、

私たちの人生に凄まじいまでの制限がかかります。

 

  • 住む場所
  • 働く時間
  • 仕事日と休日
  • 生活リズム
  • 休日の過ごし方
  • 収入

 

これだけの決定権を他人に奪われるわけです。

 

ここで少し、最後に勤めた会社の話をしますね。

 

その会社はシフト制の勤務で、朝6時の早朝出勤もありました。

 

早朝出勤の日は、朝4:30に起きていましたね。

 

かと思えば、昼前から夜に

かけての出勤もあるし、夜勤もあります。

 

これだと、生活リズムがガタガタに崩れるんですよ。

 

ちなみに、私は休日でも朝6時には起きる必要がありました。

 

そうしないと、定期的にやってくる朝4:30起きが辛くなるからです。

 

さらに、シフトが出来るのが遅いんですよね。

 

普通、シフト制の職場では、当月の25日には

翌月1カ月分のシフトが出るじゃないですか。

 

でもその時の職場は、外部からの助っ人の

スケジュールが届かないと一カ月分のシフトが作れません。

 

ですので、当月の25日くらいに翌月5日まで

くらいのシフトが一旦届き、残りは外部の

助っ人のスケジュールが出てからシフトが作られます。

 

大体、翌月の5日から7日あたりにようやく一カ月分のシフトが出来ます。

 

こんなことをされると、予定を組むことすら出来ないですよね。

 

シフトの件に関しては、当時の同僚たちも大変なストレスだったようです。

 

しかも、結局シフトのドタキャンなどで

予定外の残業や休日出勤がバンバン入ってきました。

 

会社の都合でここまで時間の使い方や

スケジュールを振り回された恨み辛みが、

「人生の決定権を取り戻す」という目標を生み出しました。

 

ここでもう一度書きますね。

 

  • 住む場所
  • 働く時間
  • 仕事日と休日
  • 生活リズム
  • 休日の過ごし方
  • 収入

 

これらの「人生の決定権」を取り戻す。

 

私はこれを目標にネットビジネスの世界に入りました。

 

私はネットビジネスを専業にしたことで、

これらの決定権は取り戻しました。

 

仕事日と休日は全て自分の一存で変更できます。

 

ですので、友人から「来週の

土曜日ちょっと○○行かない?」

と言われたら、その日を休日にして

他の日を仕事日に振り替えたり出来ます。

 

私としては、とにかく自分のスケジュール帳を

全て自分の一存で決定できる生活が嬉しくてたまりません。

 

この生活のデメリットと言えば、

自己管理力と独立心が必要なくらいでしょうか。

 

自分の人生を自分で決定する権利。

 

次は、あなたにこの権利を取り戻してほしいと思います。

 

仲間たちに向けて

 

ネットで稼ぐ。

 

この言葉の響きに期待と不安が

入り混じっている方も多いことでしょう。

 

「本当に自分にも出来るのだろうか・・・」

 

でも、大事なのはその一歩目を踏み出す勇気です。

 

大丈夫、きっとあなたには

「あの時始めてよかった」

と思える日が来ます。

 

自分で稼ぐだの自由を掴むだの、

そんな大それたことを言っていいのだろうか・・・

 

そんなことを思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

大丈夫、学びに貴賎はありません。

 

学業や資格だけが学びと思っている人は

世の中にまだまだいるでしょうし、

あなたがネットビジネスを学ぶ姿を笑うかもしれません。

 

しかし私が保証します。

 

あなたが人生を真剣に考え、

自由を掴みたいと本気で思って勉強するなら、

それは資格試験を頑張る人と何ら変わりない尊い努力です。

 

そんなあなたには自由を掴む資格も、権利もあります。

 

ネットビジネスの第一歩を踏み出したい・・・

 

そう思った時点であなたは私の仲間なんです。

 

遠慮なくご相談ください。

 

ともに自由を満喫する仲間になりましょう。

 

田村に連絡をするならこちらから!