田村です。

 

仮想通貨関連の無料オファーでは、

一定の確率でマイニングの案件がきます。

 

マイニングでは、PCの

演算能力を提供するだけなので、

「何もしないで稼げる」が

本当だから煽りやすいのでしょう。

 

実際は、「何もしないで稼げる」

に大きな落とし穴があるのですが・・・

 

ひとまず、今回の案件を見ていきましょう。

 

吉田慎也のMining Share Bank(マイニングシェアバンク)の基本情報

 

【特商法の表記など】

  • 販売者氏名 吉田慎也
  • URL http://miningbank.jp/lp/msb/?d=rakansens&b=19&a=275&l=1

 

今回のマイニングシェアバンクは、

仮想通貨のマイニングをすることが

はっきりと分かりますね。

 

ここでマイニングの仕組の前に、

まずはビットコインの発行量について確認しましょう。

 

ビットコインは総量が2100万枚と

あらかじめ決められていますが、

現在は1600万枚発行されており、

500万枚ほど未発行のビットコインがあります。

 

で、新しくビットコインを発行する時に、

ズルが出来ないように発行台帳に記帳

するのに、ものすごい演算が必要らしいです。

 

どのくらいかと言うと、この画像くらいの勢いで。

 

(引用元 https://www.economist.com/news/business/21638124-minting-digital-currency-has-become-big-ruthlessly-competitive-business-magic)

 

ちなみに、新規発行されるビットコインの

75%は中国がマイニングしたものと言われています。

 

土地の安さと電気代の安さにモノを言わせて、

物量作戦でビットコインを発掘しているわけですね。

 

ちょっと意味不明な次元ですが、

ビットコインのマイニングって、

このくらいの勢いで膨大な演算を

しないと出来ないようです。

 

で、一応個人でもマイニングに参加することは出来て、

PCのマシンパワーを提供することで、新規発行される

ビットコインの分け前にあずかることは出来ます。

 

巨大な倉庫にビッシリPCを並べて

マイニングする企業がある中で、

家庭用PC1台で立ち向かえるかは謎ですけどね。

 

ちなみに、一般家庭用のPCで実際にマイニングを

した実践記録がネット上で見つかりましたので見てみましょう。

 

(引用元 http://minnano-finance.com/otoqoo/2581.html

 

やっぱり、一般家庭用のPCを

提供したくらいじゃ、こんなもんでしょうね。

 

電気代の方が高くついて赤字という素敵なオチです。

 

しかも、一般家庭用PCごときだと、

1カ月ほどでクラッシュするほど

マイニングの負荷は高いと言われています。

 

一カ月ごとにノートPCを買い替えなきゃいけないので、

電気代で34円の赤字どころの騒ぎじゃないですね。

 

さて、マイニングの基本が確認できたところで、

マイニングシェアバンクの中身を確認してみましょう。

 

 

吉田慎也のMining Share Bank(マイニングシェアバンク)

 

マイニングシェアバンクでは、

結局どういう形でマイニングに

参加するのかレターからは分かりません。

 

マイニング専用のPCを買わされるのか、

あなたのPCでクラウドマイニングに

参加する会員権を買わされるのか・・・

 

まあいずれにせよ、広告費を払ってまで

募集をかけている以上は、何かの形で

お金を払わされるのは確実です。

 

で、吉田慎也さんなんですが、

日本国内初のマイニング事業会社を

立ち上げたとか色々と自慢していますね。

 

他にも、吉田慎也さんは東京ドーム1個分の

マイニングファームを所有しているとか言ってますね。

 

でも、そんな情報は検索しても出てきません。

 

まあ、ネット上では基本的に言ったもん勝ち

ですので、何とでも言えますね。

 

とりあえず、「日本国内初のマイニング事業会社」

という文言に着目すると、現在の日本では

マイニングに参入する企業がほぼゼロということですよね。

 

日本でマイニングに参入する企業がいないということは、

採算が取れないから参入してないわけですよね。

 

それもそのはずで、日本と中国では

電気代が違いますので、同じことを

やっても採算性が全然違います。

 

結局、マイニングシェアバンクは

楽に儲かりそうなことを適当に

言ってるだけの案件に見えますね。

 

吉田慎也のMining Share Bank(マイニングシェアバンク)はあまりおすすめしない

 

日本で行うマイニングの収益性が

絶望的であることは十分

お分かりいただけたでしょう。

 

ここまでで挙げたマイナス要素を

説得力を持って打ち消せる根拠を

吉田慎也さんが提示してくれれば、

購入を考えてもいいと思います。

 

逆に、吉田慎也さんが

「儲かるんです!チャンスなんです!」

みたいな勢いに訴えかけるような

ことしか言わなかったら、マイニング

シェアバンクはやめといた方がいいでしょう。

 

まあ個人的には、日本国内で個人がマイニング

に参加して収益を出すのは絶望的だと思っているので、

もう少し可能性のあるビジネスを探した方がいいと思います。

 

さて、もしあなたがあまり労力の

かからないビジネスを探しているのなら、

アンテナサイトやポータルサイトをおすすめします。

 

なぜなら、アンテナサイトやポータルサイトでは

RSSというコンテンツを自動更新する仕組みがあるので、

放置でも稼げるサイトの構築が可能だからです。

 

【参考記事】

記事の更新作業すら不要の他力本願で稼ぐアンテナサイトノウハウ

ポータルサイトは初心者でも出来る!?まずは月収5万円から!

 

もちろん、上記のノウハウは

1日30分の作業で半年以内に

月収100万円達成できます!

なんてうまい話ではありません。

 

その代わり、お小遣いくらいなら

早い段階で稼げるようになります。

 

もしあなたが

「労力はかかってもいいからガッツリ稼ぎたい!」

とお考えの場合は、情報商材ビジネスをおすすめします。

 

【参考記事】

情報商材アフィリエイトで初心者が月収100万円を目指すための講座

 

情報商材ビジネスは、知識・経験・実績が

ゼロからでもスタートできるビジネスだと、

上記の記事できっちり解説してあります。

 

また、他にもネットビジネスで成功するための

コンテンツを随時追加しています。

 

コンテンツ一覧

 

興味がわいた記事からご覧いただけたらと思います。

 

他にも、何か分からないことや

相談したいことがあればお気軽にご連絡くださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

田村公式メールマガジンのご案内

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、

実績ゼロからネットビジネスで生計を立てるまでに

至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、

秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 脱サラレベルで稼ぐのに必要なビジネスマインド
  • ○○の記事を書いているうちは自由になれない
  • 長期的に稼げる資産ブログの作り方とは
  • 私がこっそりと参考にしたブログをメルマガでだけ紹介・・・
  • ネットビジネスで成功するのに才能は必要ない理由
  • なぜ会社から解放された人生を目指すべきなのか

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「ゼロから始めるネットビジネス」(122ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • ネットビジネスで成功するのに必要なビジネスマインド
  • 実績ゼロからでもネットビジネスが出来る理由
  • ネットビジネスで成功する可能性は誰もが持っている
  • ネットビジネスで一番稼げるビジネスモデルとは?
  • 全てのネットビジネスの基本となるノウハウ
  • コンテンツの価値、そしてあなた自身の価値を読者に伝える方法
  • ネット上のライバルブログと知識量を競わなくてもブログの差別化が出来る理由

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに

登録していただけると、こちらから折り返し

メールにて特典をお渡しします。

 

特に独自性の出し方は重点的に

説明してあるので、参考になるはずです。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを

入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

田村 公式メールマガジン(ネットビジネス無料講座)登録フォーム

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

 

※返信が迷惑メールに入っている、または

メールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、

お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。

 

※3、特にyahooはフィルタ機能が強く、メールを勝手に

削除することすらありますのでご注意ください。