田村です。

 

大人になってからも、

文章を書くのが苦手

という人は多いですよね。

 

特に私はブログの作り方を教えているので、

文章が苦手という相談を多く受けます。

 

なので、文章への苦手意識は

どうやって克服すればいいのかを

お話したいと思います。

 

この記事をしっかり読めば、

あなたはブログを書くくらいなら

困らなくなるはずです。

 

もしあなたが文章を書く目的が

ブログ以外でも、この記事の

内容は役に立つでしょう。

 

文章を書くのが苦手な人の3つの特徴

 

まず、文章が苦手な人は

以下の特徴がよく見られます。

 

  • 完璧主義
  • リサーチをしない
  • 知識や経験の不足

 

1つずつ説明しますね。

 

文章を書くのが苦手な人の特徴1、完璧主義

 

プライドが高すぎて完璧主義な人は、

文章以外でも何をやってもつまずくことが多いです。

 

というのも、完璧主義者は

「下手でもいいから形にする」

という大事なステップを

踏もうとしないからです。

 

また、ひとまず形にするものの

「下手だから誰にも見せない」

タイプの人も伸び悩みます。

 

何かを作ったら人に見せて

フィードバックをもらって

初めて気づけることは

山のようにあるわけです。

 

一人で作って一人で反省していては、

自分一人の狭い世界観が広がりません。

 

これは文章だけでなく、英会話だろうが

音楽だろうが絵画だろう全部同じです。

 

どんどん人に見せてフィードバックを得ましょう。

 

文章を書くのが苦手な人の特徴2、リサーチをしない

 

文章を書くのが苦手な人は

リサーチをする習慣がない場合が多いです。

 

というか、ブログで記事作成の時に

手が止まる人にこのパターンがよく見られます。

 

そもそも、1つの記事を完成させられるほどの

体系だった知識が頭の中にあらかじめ

入っている人なんてそうそういません。

 

そもそも自分の頭の中に入っているものは

自分の想像以上に狭い世界の情報なのです。

 

特に自分は賢いと過信している人が

リサーチを拒む傾向が高いですが、

そういう人が書いた文章は大抵

一人よがりで共感できない場合が多いです。

 

リサーチや取材は自分の

世界を広げる重要なステップで

あることをまず受け入れましょう。

 

文章を書くのが苦手な人の特徴3、知識や経験の不足

 

何事もそうですが、

最初から上手い人なんていません。

 

なので、単純に文章を読んだり

書いたりした経験が少ないから

文章を書きにくい場合もあるのです。

 

また、ブログ記事なら

「最初に目次を組み立てるといい」

などの文章を書くための知識と

ノウハウが乏しい場合もあります。

 

こういう知識やノウハウは

「知っているかどうか」だけなので、

この記事の後半で具体的に色々解説しますね。

 

この記事を最後まで読んでくれれば、

知識と経験を積めば文章への苦手意識は

克服できると分かるはずです。

 

文章の苦手意識を克服する6つの方法

 

さて、文章を書くのが苦手な

人のパターンはもう分かりましたね。

 

それでは、それを踏まえた上で、

どうすれば文章への苦手意識を克服し、

上達できるのかを説明していきます。

 

具体的には以下の6つですが、

1つずつ確認していきましょう。

 

  • 完璧主義やプライドを捨てる
  • 文章を書く習慣を作る
  • リサーチの重要性とやり方を知る
  • 情報を削る意識を持つ
  • 見出しと構成を先に作る
  • 文章を書くための言い回しを仕入れる

 

文章への苦手意識を克服する方法1、完璧主義やプライドを捨てる

 

先ほど確認したように、

完璧主義にこだわって

物事が上達することは

ほぼありません。

 

基本的に、物事が上達する人は

作っては人に見せるを繰り返し、

何らかのフィードバックを

沢山受けている人なのです。

 

また、文章を書くというのは

アウトプットの1つですので、

以下の記事も参考になるでしょう。

 

【参考記事】

アウトプットの苦手意識を克服しよう

 

上記の記事では、

フィードバックを受ける重要性を

さらに詳しく解説しています。

 

また、プライドが傷つくのが怖いという場合は、

以下の記事が参考になるでしょう。

 

【参考記事】

ビジネスを成功させるためのプラス思考とは?

 

この記事を読めば、ダメ出しや

批判をもっとポジティブに

解釈できるようになるはずです。

 

文章への苦手意識を克服する方法2、文章を書く習慣を作る

 

人間は、普段やらないようなことは

脳が拒否して中々取り掛かれません。

 

まあ、結婚式のスピーチの原稿など、

一回こっきりの作業なら

まだ我慢できるかもしれません。

 

しかし、ブログ運営のように定期的に

文章を書く必要に迫られると、

文章を書くことを習慣化できずに

挫折する人はめちゃくちゃ多いです。

 

なので、文章以前の習慣の話なのですが、

習慣化のノウハウについて学んでおくと

挫折せずに文章を続けられます。

 

【参考記事】

三日坊主にならず、着実に目標を達成する習慣化のノウハウ

 

この記事はとても汎用性が高く、

何か達成したい目標があるなら

何にでも応用できます。

 

さて、上記の記事で説明している

小さな習慣ですが、最終的に

文章を書くことにつながる

習慣を設定しましょう。

 

ブログをやっているのなら、

「1日1回管理画面にログインする」

などが効果的です。

 

また、後の方で説明する「写経」も、

文章につながる習慣を作るのに適しています。

 

それについては

「文章への苦手意識を克服する方法6」

のところで解説するので

そちらを参照してください。

 

文章への苦手意識を克服する方法3、リサーチの重要性とやり方を知る

 

先ほども書いたように、

私たちは想像以上に狭い価値観、

思考、世界で生きています。

 

なので、リサーチや取材をせずに

文章を書こうとするのは自殺行為です。

 

そもそも、プロの漫画家や

小説家だって取材をしますよね。

 

また文章以外の世界、

例えばイラストの世界でも、

「資料を見ずに絵を描くのは手抜き」

などと言われるようです。

 

というわけで、何かを

作りたいと思ったらまずは

必要な素材を集めましょう。

 

「でもブログって文章をパクったらペナルティを食らうよね?」

 

それはもちろんその通りで、

著作権を侵害すると下手すると

損害賠償を請求されます。

 

その辺りの線引きを守りつつ、

ネット上でリサーチをして

情報を集める方法は以下の

記事で解説しました。

 

【参考記事】

文章のリライトとは~他人の情報を駆使してネタ切れを防ぐ!

 

リライト講座を読めば、

他人の記事からうまいこと

素材を集めてこれるはずです。

 

文章への苦手意識を克服する方法4、情報を削る意識を持つ

 

あれもこれもと色々言いたいのは

分かるけど、結局何が言いたいのか

分からない文章ってありますよね。

 

そういう感じの文章を書く人は、

一旦思いついたネタを削ることを

「もったいない」と思うことが多いです。

 

言葉を変えると、そういう人は

時間と労力を無駄にしたくない

意識が強すぎるとも言えます。

 

そういう人は、次の格言を

知るだけで意識が変わるでしょう。

 

増やすことが出来ないのが初心者

増やすことが出来るのがアマチュア

削ることが出来るのがプロ

 

ここで言う増やすとか削るというのは、

もちろんネタやアイデア、素材のことです。

 

まず、初心者というのは

引き出しが全然ない状態です。

 

だからネタも集められなくて苦戦します。

 

次に、ネタの集め方を掴んで

ボリュームを増やす作業が出来るように

なったらアマチュア(中級者)です。

 

そして、引き出しを大量に持ち、

余計なものを削ることが出来るのが

プロ(上級者)と言えます。

 

なので、集めた情報やネタを

削ることになったとしても、

それは「無駄」ではありません。

 

それはあなたが中級者を卒業しようと

している証拠とも言えるのです。

 

実際、私の記事でもほとんど毎回

何かしらのネタやアイデアを削ります。

 

というか、そうなるようにあえて

多めにリサーチをして素材を

過剰に集めるのです。

 

「え?なんで?明らかに要領が悪いじゃん」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、

コンテンツ作成の経験をある程度

積むとその意味が分かってきます。

 

削りながら作品を作った時って、

クオリティの高いものになることが多いのです。

 

逆に、一生懸命にボリュームを

水増ししながら作った作品って、

産みの苦しみが大きい割に

ショボいことが多いです。

 

イラスト、小説、作曲など、何かを

作る趣味がある人は上記の感覚を

一瞬で分かってくれるでしょう。

 

このように、コンテンツは削ることで

純度や密度、クオリティが上がるのです。

 

余談ですが、「りゅうおうのおしごと!」

という将棋のライトノベルがあります。

 

で、「りゅうおうのおしごと!」の作者は

将棋に関する取材に何と5年も費やしたそうです。

 

その甲斐もあって、「りゅうおうのおしごと!」は

生粋の将棋ファンすら唸らせるほどの評価を得ました。

 

恐らく、5年かけて集めた情報のうち、

実際に作品に使われたのは数%でしょう。

 

しかし、莫大な情報の中から

取り出した数%だからこそ、

それだけ密度が濃いと言えます。

 

というわけで、

ネタやアイデアを削ることは

むしろいいことなのだと

覚えておきましょう。

 

文章への苦手意識を克服する方法5、見出しと構成を先に作る

 

文章というのは、

見出し(目次)が決まると

全体の構成がほぼ確定します。

 

当たり前かもしれませんが、

見出しを考えずに記事を

描き始める人は意外といるんです。

 

これの何がまずいかと言うと、

見出しを作れてないということは、

言いたいことがまとまって

ないことを意味するからです。

 

見出しを準備せずに描き始めると、

時間はかかるし文章は分かりにくいしで

いいことは1つもありません。

 

なので、見出しは文章を

書き始める前に準備しましょう。

 

もちろん、記事を書いている途中での

予定変更は私でもよくあります。

 

そういう時は柔軟に対応しましょう。

 

さて、私が記事作成の時に

どんな風にリサーチや目次づくりを

やっているかを解説します。

 

 

 

これは、私がこの記事を

書き始める前に作った

マインドマップです。

 

マインドマップは超便利ツールなので、

以下の記事を参考に是非導入しましょう。

 

【参考記事】

頭の中が超スッキリし、勉強や作業が3倍はかどるノート術

 

で、上記のマップではリサーチ情報は

たたんで非表示にしていますが、

リサーチトピックにまとめたものを

見ながらその下に目次を構成していきます。

 

ひとまず、ここまでしっかり骨格を

作っていれば、後はスムーズに

肉付けできることが伝わったでしょう。

 

また、マインドマップを導入すると

言いたいことが綺麗にまとまるので、

便利なものはどんどん使いましょう。

 

文章への苦手意識を克服する方法6、文章を書くための言い回しを仕入れる

 

ブログは基本的に小学生~中学生でも

分かる簡単な言葉で書くのは鉄則です。

 

というのも、難しい言葉に

ついてこれない読者が1人増えれば、

アクセスを1人無駄にしてしまうからです。

 

とは言え、ブログに適した言い回しや

文章の書き方は色々とあります。

 

まず、ブログに適した文章の書き方は

以下の記事を参考にしてください。

 

【参考記事】

あなたの成約率を5倍、10倍と高めるコピーライティング講座

分かりやすい文章の書き方~5つの基本でバッチリ書ける!

 

この2つだけでも、ブログ記事に

適した書き方の知識がかなり得られます。

 

次に、細かい言い回しのストックを

増やすには写経が一番です。

 

【参考記事】

写経の効果とは?シンプルなコピーライティングのトレーニング方法!

 

というか、文章力を上げるのに

一番手っ取り早いのが写経です。

 

写経をやると、言い回しはもちろん、

話の展開の持って行き方など

色んな感覚が自分に入ってきます。

 

そして先ほど習慣化の

ところで触れましたが、

写経を習慣にするのも効果的です。

 

例えば、写経対象のブログを1つ定めます。

 

そして、1日に1文だけ写経をするのです。

 

※習慣化のノウハウはこちら

三日坊主にならず、着実に目標を達成する習慣化のノウハウ

 

文を1つなので、多分10~20秒も

あれば終わるのではないでしょうか。

 

もちろん、写経する記事は

ブックマークしておいてください。

 

そうでないと、

「写経する記事を探す」

という負担のせいで小さな習慣を

失敗する危険があります。

 

もちろん写経ばっかりしてても

しょうがないんですが、

まずは文章上達につながる

小さな習慣を作りましょう。

 

まとめ

 

それでは今回の内容をまとめます。

 

文章が苦手な人の特徴

  • 完璧主義
  • リサーチをしない
  • 知識や経験の不足

 

文章の苦手意識を克服する方法

  • 完璧主義を捨てる
  • 文章を書く習慣を作る
  • リサーチの重要性とやり方を知る
  • 情報を削る意識を持つ
  • 見出しと構成を先に作る
  • 文章を書くための言い回しを知れる

 

今回解説したことを地道に実践すれば、

文章は必ず書けるようになるはずです。

 

価値のあるものを届けていれば、

きっと読者にも通じますよ。

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

 

何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

コンテンツ一覧はこちら

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

【関連記事】

アウトプットの苦手意識を克服しよう

ビジネスを成功させるためのプラス思考とは?

三日坊主にならず、着実に目標を達成する習慣化のノウハウ

文章のリライトとは~他人の情報を駆使してネタ切れを防ぐ!

頭の中が超スッキリし、勉強や作業が3倍はかどるノート術

あなたの成約率を5倍、10倍と高めるコピーライティング講座

分かりやすい文章の書き方~5つの基本でバッチリ書ける!

写経の効果とは?シンプルなコピーライティングのトレーニング方法!

 

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 1日10人しか来ないブログでも日給2万円稼げる弱小ブログ運営術
  • パソコンが苦手でプログラミングもデザインも分からなくてもネットで稼げる仕組みの構築法
  • セールスの知識がなくても商品が売れてしまう、誰でもすぐに使えるセールステク
  • 1日1~2時間の作業で脱サラしノマドワーカーになれる世界一自由なビジネス
  • ネットを使い、たった半年でサラリーマンの平均年収以上を稼ぐためのブログ運営法
  • 年収億プレーヤーから学んだ、今すぐ実践可能なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに登録していただけると、こちらから折り返しメールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

【メルマガ登録はこちらから】

※返信が迷惑メールに入っている、またはメールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。