田村です。

 

昨今は個人主義が浸透し、

雇用されない働き方が

認知されるようになってきました。

 

例えばユーチューバーなんてその典型で、

ひと昔前なら速攻で家を追い出されて

いたレベルの職業ですよね(笑)

 

そして、自由業の認知度の高まりとともに、

自由業の「自由」という言葉に惹かれて

憧れを持つ人も増えてきたように思います。

 

しかし、自由業という言葉は漠然と

しているので、自由業とは何なのか

よく分からないという人も多いです。

 

そこで、あなたが自由業を始めるために

役に立つ情報を集めてきました。

 

自由業の魅力があなたに伝わったら嬉しいです。

 

自由業とは?自営業と何が違うの?

 

まず、自由業に定義はありません。

 

しかし、「自由業はこういう性質を持っている仕事」

というある程度の共通認識はあります。

 

  • 会社に雇用されていない
  • 他人を雇用せず、基本的に個人で働く
  • 決まった勤務時間を持たない

 

私のやっているネットビジネス

まさにこの条件に当てはまりますね。

 

「でもそれだけだと、自由業がどんな仕事か分からないよ」

 

あなたがそう思うのも当然でしょう。

 

しかし、自由業とは仕事の

中身を指す言葉ではなく、

働き方を指す言葉です。

 

ですので、自由業の定義を

これ以上は絞れません。

 

ちなみにフリーランス、自営業、個人事業主と

似たような言葉が多くて混乱してきますよね。

 

これらの言葉を分かりやすく図で

まとめると、以下のような感じです。

 

図で分かるように、個人事業主は

自由業も自営業もフリーランスも

全部を含んだ総称ですね。

 

そして、自由業と自営業の違いですが、

これは勤務時間の制限があるかどうかが違います。

 

例えばラーメン屋の個人店主なら、

勤務時間が決まっているので

自由業とは呼べませんよね。

 

さて、フリーランスの定義ですが、

これは自由業の中でも依頼を

請け負う形態を指します。

 

フリーで働くウェブデザイナーや

プログラマーは、依頼を受けて制作し、

依頼主に納品しますよね。

 

それに対し、私のようにアフィリエイトを

やっている場合、依頼主は存在しないので、

誰かに何かを納品することはありません。

 

そういう理由で、フリーランスは

自由業の一部という位置づけにしてあります。

 

まあ実際はフリーランスと自由業は

ほぼ同じ意味で使われるので、

あまり厳密に使い分けなくてもいいでしょう。

 

自由業のおすすめ職種を8つ紹介

 

それでは、自由業の職種の

具体例を見ていきましょう。

 

自由業の職種その1・ブロガー

 

ブロガーも代表的な自由業ですよね。

 

私自身、特に誰に指示されるわけでもなく、

どんな記事を書きどんな作業をするのか

全て自己責任で判断しています。

 

それでは、ブロガーはブログを書いている

だけでどうして稼げるのでしょうか?

 

それは簡単に言うと、

広告を貼っているからです。

 

こういう稼ぎ方をアフィリエイトと

言いますが、ブロガーは正確には

アフィリエイターなんですね。

 

アフィリエイトは最も簡単に

始められる自由業ですので、

以下の記事を是非参考に

してみてください。

 

【参考記事】

アフィリエイトとは?仕組みの図解からブログの始め方まで

 

それでは、アフィリエイトは

なぜ簡単に始められるのでしょうか。

 

それは、以下のような要素があるからです。

 

  • 資格や実績がいらない
  • センスや才能が不要で、誰でも出来ることの積み重ねで成果が出せる
  • ブログの維持費は月1000円程度と異常に経費が安い
  • 記事をストックすることで収益が安定する
  • サラリーマン以上の収入も実現可能

 

特に資格、実績、センス、才能が

不要な点は大きく、アフィリエイトの

参入障壁はめちゃくちゃ低いです。

 

さらに、アフィリエイトに

参入した後も経費が異常に安いです。

 

というわけで、アフィリエイトは

特技がない普通の人にとって最も

低リスクで現実的な選択肢となります。

 

【参考記事】

アフィリエイトとは?仕組みの図解からブログの始め方まで

 

上記の記事でアフィリエイトの

基本的な知識が身に付くので、

参考にしてみてください。

 

自由業の職種その2・ウェブライター

 

ウェブライターとは、ネット上で

文章コンテンツの注文を受けて

執筆するライターです。

 

例えば、Lancersのような

クラウドソーシングのサイトを見ると、

「○○について××文字ほどの記事をお願いします」

という依頼がよくありますよね。

 

そうした依頼の多くはブロガーの

記事外注なので、SEOを意識した

文章を書けることが大事です。

 

【参考記事】

超カンタンSEO対策!誰でも出来るネット集客の基本!

 

こういうブログ外注では

そんなにハイセンスな文章を

求められるわけではありません。

 

ただ、ブログに求められる

文章のツボを最低限知ってないと、

納品してもボツを食らうので気を付けましょう。

 

ちなみに、ウェブライターは

在宅で気楽に稼げますが、

それで生活するのはちょっと厳しいです。

 

なので、いつかは外注を受ける側から

外注する側(ブロガー)になった方がいいでしょう。

 

自由業の職種その3・作家業

 

作家業と言えば、

以下のものが該当します。

 

  • 作詞家・作曲家
  • 小説家・脚本家
  • 漫画家

 

ヒット作品を出せば

夢の印税生活も可能ですが、

これらはなろうと思って

なれる職業ではありません。

 

というより、作家業は自由を

目指して狙う職業ではなくて、

好きなことを仕事にしたい人が

選ぶ職業だと私は思います。

 

作家業はとにかく求められる才能が

半端ないので、よほどの覚悟がない

限りは目指さない方がいいでしょう。

 

自由業の職種その4・士業

 

士業と言えば、以下のような職業が該当します。

 

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 社労士
  • 税理士

 

自宅をオフィスにして、

自由業の形態で士業をやる人も

年々増えてきていますよね。

 

さて、士業の特徴は専門性の高い資格と

スキルを駆使して仕事をすることです。

 

そして士業は社会的な信頼も高く、

資格があるので安定している

というイメージもあります。

 

しかし、自由業として士業に取り組む場合は

顧客を自分で見つけてこなければいけません。

 

いくら高度な資格とスキルがあっても、

顧客を見つけてこれなければ収入は

安定するはずがないですよね。

 

ですので、士業と言えども

マーケティングやセールスの

スキルを身に付けてからでないと

独立は危険だと言えるでしょう。

 

自由業の職種その5・芸能人

 

芸能人も自由業に分類されます。

 

しかし、芸能人も目指して

なれるものではありません。

 

また、年俸で数千万円もらえる人がいる一方、

生活がギリギリの芸能人もいます。

 

例えばサンドイッチマンはM-1で

優勝するまでアルバイト生活で

家計が苦しく、自殺まで考えるほど

追い詰められていたそうです。

 

当たり前ですが、

芸能人を目指すのも

相当な覚悟が必要でしょう。

 

自由業の職種その6・ユーチューバー

 

ユーチューバーとは、youtubeに

動画を投稿して収益を得る人です。

 

どういう仕組みかと言うと、

以下のような構図となっています。

 

  1. ユーチューバーはyoutube運営にパートナーシップを申請
  2. 申請が通ると、ユーチューバーは投稿した動画に広告を貼れる
  3. 動画の広告がクリックされた回数に応じて、youtubeの広告収益から分配される

 

ちなみに、ヒカキンさんみたいに顔出しして

トークする人がユーチューバーだと

思っている人が多いですね。

 

別にあの形式だけがユーチューバーではありません。

 

どういう形式であれ、

動画に人が集まり、

広告がクリックされれば

それでいいのです。

 

だから5chのまとめなどの文章を

流す動画に広告を貼る人もいますが、

そういう人もユーチューバーです。

 

 

実際、こういう動画でも稼げます。

 

ただ、youtubeで継続的に稼ぎたかったら、

手法やジャンルを問わず、頻繁に

動画を更新し続けることが大事です。

 

というのも、youtubeユーザーは

新着更新やおすすめ動画くらいしか

見ません。

 

わざわざ更新が滞っているチャンネルに

アクセスして動画を見るのは、

よほどコアなファンだけです。

 

なので、ブログみたいにコンテンツの

ストックが効きそうで効かないのが

ユーチューバーと言えます。

 

動画制作がよほど好きでないと、

ちょっとユーチューバーは

続けられないかもしれません。

 

自由業の職種その7・ネットショップ

 

ネットショップは実店舗を

構えないビジネスなので、

営業時間に縛られることがありません。

 

とは言え、商品を仕入れて

在庫を抱えている場合、

商品が売れたら配送業者に

渡す作業をする必要はあります。

 

ちなみに、ドロップシッピングを

使って無在庫化も可能です。

 

ドロップシッピングとは、

ネット卸し業者の商品を自分の

ネットショップで売るやり方です。

※トップセラーが有名

 

そして、例えばトップセラーの

商品があなたのショップから売れたら、

商品の発想はトップセラーが

勝手にやってくれます。

 

もうそれだったらアフィリエイトで

いいんじゃないかと思ってしまいますね。

 

もし無在庫でネットショップを

やってみたいのでしたら、

無在庫で扱える商品を確認

してみた方がいいでしょう。

 

私も一度ドロップシッピングで

扱える商品を調べたことがありますが、

品ぞろえがいいようには感じませんでした。

 

というわけで、扱える商品の選択肢が

広い在庫持ちスタイルの方が稼ぎやすいでしょう。

 

今はネットショップの開業相談窓口「BASE U」

という便利なサービスもあります。

 

もしネットショップに興味があるなら

一度利用してみるといいでしょう。

 

ネットショップ開業相談窓口「BASE U」

 

自由業の職種その8・ウェブデザイナー

 

自由業として頑張る

ウェブデザイナーさんも

最近は多くなってきました。

 

  • 商品が電子データなので集客、販売、納品を全部ネットで完結できる
  • 個人でブログをやっている人が増えているので、見込み客も多い
  • ココナラなど、技術者と顧客をマッチングするサービスも出てきた

 

このような背景があるので、

ウェブデザイナーも個人で

ビジネスがやりやすいからでしょう。

 

特に、ココナラなどの

マッチングサービスの存在が

自由業のウェブデザイナーを

後押ししてくれます。

 

(画像はhttps://coconala.com/より)

 

ちなみにココナラではちょっとした

相談を1000~2000円で対応している

ウェブデザイナーもいます。

 

このように、個人のお客さんと

簡単につながることが出来るので、

自由業のウェブデザイナーにとって

収益を上げるチャンスも増えているのです。

 

自由業におすすめの資格は?

 

さて、自由業の職種を

一通り見てお分かりのように、

資格を必要とする自由業は士業だけです。

 

そして、資格の難易度、将来性などから

どれがおすすめなのかのランキングの

記事って割と人気があります。

 

確かに、高難易度の資格を取れば

それだけ単価の高い仕事も

受けることが出来るでしょう。

 

しかし、先ほども確認した通り、

自由業は顧客を自分で見つける必要があるわけです。

 

つまり、マーケティングや営業の

スキルがなければ顧客が見つからないので、

弁護士でさえ生活していけません。

 

逆に、法学部の学生なら1カ月で

取れると言われる行政書士でも、

年収2000万円を達成する人がいます。

 

そうやって考えると、マーケティングや

セールスのスキルは目に見える資格よりも

よほどお金に直結すると言えるでしょう。

 

というわけで、「おすすめの資格」の

ランキングを気にするくらいなら、

マーケティングやセールスの

スキルを勉強した方がいいと思います。

 

少なくとも資格の難易度に応じて

収入が決まるわけではないので、

資格は自分の興味に応じて決めましょう。

 

自由業のメリットとは

 

さて、多くの人が会社に雇われて働く中、

あえて自由業を選んだ場合、どのような

メリットがあるのでしょうか。

 

そのメリットを1つずつ考えていきましょう。

 

自由業のメリット1・自由な生き方が可能

 

先ほど自営業との違いで見た通り、

自由業には勤務時間すら存在せず、

自分を縛るものが何もありません。

 

つまり、以下のようなことは

全て自分で決めることが出来ます。

 

  • いつ仕事するか
  • いつ休むか
  • どこで仕事をするか
  • どのくらい仕事をするか

 

上記のように、「予定を自由に組める」

というのは実にありがたいもので、

大晦日や元旦も普通に仕事していた

サービス業時代と比べれば天国です(笑)

 

さて、この「予定を自由に組める」

というメリットは説明なしでも

そのありがたさが分かるでしょう。

 

しかし、「どのくらい仕事をするか」を

自分で自由に決められるメリットは

イメージがわきにくいかと思います。

 

私がこのメリットを意識したのは、

脱サラ直前あたりの時期ですね。

 

ネットビジネスの収益が本業の給料に

追いつきそうな時期でしたので、当然私は

ネットビジネスに集中したいと思いました。

 

ですが会社は人が足りない時期で、

「残業しろ」「もっと働けないか」

としつこく言ってくるわけですね。

 

こっちとしてはネットビジネスの稼ぎが

あるので残業する必要なんかさらさらありません。

 

ちなみに、私が超過勤務を拒否すると、

上司は怒りながら「残業代出るからいいやん!

生活費の足しになるやろ!」と言ってきたものです。

 

その残業代とやらが時給800円だったので、

「寝言は寝て言え」と思いましたね。

 

このように、雇われていると

「自分に必要な分だけ働く」

という自由すらままなりません。

 

だから私は自由業を

専業にすることを選びました。

 

働く時間や場所、仕事量の自由度の高さは

自由業の一番のメリットと言っていいでしょう。

 

自由業のメリット2・好きな仕事を選べる

 

先ほど、自由業の職種の一覧で

確認したように、自由業では

自分の好きなことや高度な

スキルを活かして仕事が出来ます。

 

そして会社から指示をされるわけでもないので、

案件によっては断る権利もあるわけです。

 

「そんなのよほど仕事のオファーが

いっぱい来ないと無理でしょ!」

 

まあそれはその通りなんですが、

好きな案件だけ選べるように

なる可能性があるのは魅力的です。

 

ちなみにネットビジネスはもっとお気楽で、

仕事を受注することさえありません。

※クラウドソーシングは除く

 

私も、誰かに要請されて記事を

書いているわけではないです。

 

ですので、書きたくないネタで

無理やり記事を書かされることもありません。

 

仕事の9割が嫌々やらされる作業だった

サラリーマン生活よりストレスが

少なくなったことは言うまでもないですね。

 

自由業のメリット3・スキル次第で収益は青天井

 

収益が青天井になる可能性があるのも、

自由業の大きな特徴と言えます。

 

例えば作家業の場合。

 

ドラゴンボールの作者の鳥山明さんは

印税だけで年収1億円らしいです。

 

鳥山明さんはもう生活のために

働く必要がないのは言うまでもありません。

 

漫画家に限らず、作家業には印税があるので、

ヒット作を出せば収入がすごいことになります。

 

芸能人の場合は、タレントの

年収を調べれば一目瞭然ですね。

 

一般人とはケタが違う年俸を

もらっている芸能人はいくらでもいます。

 

士業の場合は、先ほど確認した通り

自分を売り込む技術次第でがっつり稼げます。

 

士業が自由業に転じた場合、

収入は資格よりもマーケティングや

セールスのスキルに左右される

ことも先ほど確認しましたね。

 

それでは、ネットビジネスの

収益性はどうなのでしょうか。

 

ネットビジネスも色々ありますが、

アフィリエイトの場合はマーケティング力と

ライティング力次第で収入は青天井です。

 

というのも、ライティング力次第では

高額な商品でも記事1つで売れるので、

少ない労力でもお金を稼げてしまうからです。

 

詳しいことはアフィリエイト総合講座を参考にしてください。

 

自由業のデメリットとは

 

さて、自由業はいいことばかりではありません。

 

当然、会社の後ろ盾がないがゆえの

デメリットが存在しますので、

確認していきましょう。

 

自由業のデメリットその1・社会的信用が低い

 

自由業は社会的信用が低い場合が多いです。

 

というのも、自由業の人は

会社の後ろ盾を持っていません。

 

「○○に勤めています」というのは

1つの社会的信用でもあるわけです。

 

その信用がないので、

家を建てる時などの多額のローンを

中々組めないという体験談はよく聞きますね。

 

私も、「家を建てるので3000万円のローンを

組んでください。職業はアフィリエイターです」

と言って審査に通る自信はありません。

 

それに、多くの人はサラリーマンという

働き方に慣れ切っているため、

自由業の働き方に対する理解が薄いです。

 

私も、ネットビジネスで独立するまでは

家族にも周囲にも黙ってやっていました。

 

ネットビジネスの話をしたって

「どうせお前に稼げるわけない」

と言われるのが分かり切っていたからです。

 

まあ、稼げるようになったら

周囲の態度も変わりますけどね(笑)

 

それでも私を理解してくれず、

離れていった人もいますが、

大事なことは執着しないことです。

 

付き合う人間がいつの間にか

入れ替わっていくのは自分が

成長している証拠と言えます。

 

なので、自由業をやりたいのなら

自分の気持ちに正直に生きるのがいいでしょう。

 

自由業のデメリットその2・全ての責任を自分で負う

 

会社に所属していたら、

何かヘマをしても会社が損失を

かぶってくれることもあります。

 

しかし、自由業においては自分の

行動の全ての責任が自分に降りかかります。

 

その責任の中で一番重いものは、

「稼げなかった責任」でしょう。

 

サラリーマンなら、

会社が赤字でも給料はもらえます。

 

しかし、自由業の場合は赤字を出したら

自分のポケットマネーに直接ダメージを与えるわけです。

 

自由には責任が伴うということですね。

 

自由業のデメリットその3・営業力が必須

 

自由業を目指す人にとって、

最も大きな課題が営業力でしょうね。

 

というのも、自由業は顧客を見つけるところから

成約させるところまで全部1人でやりますからね。

 

マーケティングやセールスのスキルが

なければ、収益は永遠のゼロです。

 

ただ、幸いにもマーケティングやセールスに

関してはいくらでも学べる教材があります。

 

自由業の職種が決まっているのなら、

マーケティングやセールスの勉強を

早く始めた方がいいでしょうね。

 

なお、現在はインターネットを使った

集客も一般的になってきました。

 

そして、インターネットを使った

集客ではSEOの知識は必須です。

 

もしあなたがネット集客をする予定が

あるのなら、以下の記事が役に立ちます。

 

【参考記事】

超カンタンSEO対策!誰でも出来るネット集客の基本!

需要のあるキーワードを見つけ、ライバルに負けないキーワードを探す方法

 

また、ネット上で成約まで狙うのなら

コピーライティングのスキルが必要です。

 

コピーライティングとは、

商品を売ることに特化した

文章のことを言います。

 

コピーライティングに関しては、

以下の記事を参考にしてください。

 

【参考記事】

あなたの成約率を5倍、10倍と高めるコピーライティング講座

 

追伸

 

自由業では、自分の力で生きて

いくために大きな責任も伴います。

 

しかし、その代わりに手に入る自由は

とても価値があるものなのです。

 

私の場合は、ネットビジネスという

手段で時間とお金にゆとりのある

生活を実現しつつあります。

 

また、ネットビジネスで成功するために

努力は必要ですが才能は必要ないので、

自由業に憧れるあなたにもおすすめです。

 

【参考記事】

ネットで副業したい人が最初に読む記事

最短最速で成果を出すネット起業のノウハウ

 

それでは今日は

この辺りで失礼します。

 

ここまでご覧いただき、

ありがとうございました。

 

私に何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

コンテンツ一覧はこちら

 

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、

実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに

至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、

秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 1日10人しか来ないブログでも日給2万円稼げる弱小ブログ運営術
  • パソコンが苦手でプログラミングもデザインも分からなくてもネットで稼げる仕組みの構築法
  • セールスの知識がなくても商品が売れてしまう、誰でもすぐに使えるセールステク
  • 1日1~2時間の作業で脱サラしノマドワーカーになれる世界一自由なビジネス
  • ネットを使い、たった半年でサラリーマンの平均年収以上を稼ぐためのブログ運営法
  • 年収億プレーヤーから学んだ、今すぐ実践可能なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに

登録していただけると、こちらから折り返し

メールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを

入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

【メルマガ登録はこちらから】

 

※返信が迷惑メールに入っている、または

メールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、

お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。