田村です。

 

ビジネスには、

市場調査が不可欠ですよね。

 

その際、自社ブランドがどれほど

認知されているのかは、

かなり重要な項目と言えます。

 

というわけで、今回は

ブランド認知度の強さを測る

「純粋想起」と「助成想起」について

学んでいきましょう。

 

純粋想起と助成想起とは?

 

純粋想起も助成想起も、

何か特定のブランドを思い出す時の

プロセスを指す言葉です。

 

なぜこのようにプロセスを

分類する必要があるのでしょうか。

 

それは、市場調査やリサーチの際に、

ブランドの認知度を測るためなのです。

 

で、純粋想起の場合は、

「ノーヒントでそのブランドを連想すること」

を指します。

 

これに対し、助成想起は

「ブランド名を聞いて、そのブランドを思い出すこと」

を指します。

 

例えば、以下のような感じです。

 

【純粋想起の例】

  • Q .「国産車のメーカーと言えば?」
  • A .「トヨタ!」(ノーヒントでトヨタを思い出している)

 

※ポイント

「○○のブランドと言えば?」

が純粋想起を起こす質問の定番

 

【助成想起の例】

  • Q .「国産車のメーカーで、トヨタって知ってる?」
  • A .「あー、あったね、そんなメーカー」(ブランド名を聞いて、思い出している)

 

※ポイント

実際の調査では、複数の具体的なブランド名から

「知っているブランドにマルをつけてください」

などのアンケートを取る

 

そして、この例から分かるように、

純粋想起の場合の方が明らかに

ブランド認知度が高いですよね。

 

というのも、純粋想起の場合は

ブランド名を直接聞かずとも

思い出せていますからね。

 

なので、サンプル調査の際に

あるブランドが純粋想起される

確率が高ければ、それだけその

ブランドの認知度は高いと言えます。

 

なお、市場調査の際、

質問は「純粋想起 → 助成想起」

の順で行いましょう。

 

というのも、

「トヨタって知ってる?」の後に、

「国産車のメーカーと言えば?」と聞けば、

そりゃ「トヨタ」って答えます。

 

これで「トヨタ」という答えを

引き出しても、純粋想起とは

呼べませんからね。

 

純粋想起と助成想起、どちらが購買につながりやすいか

 

ここまでの説明だと、

「純粋想起の確率が高ければ

高いほどいいんだな!」

と思えますよね。

 

もちろん、高級な車、時計などは

ブランドを指名して買うケースが

非常に多いです。

 

このようなケースでは、

純粋想起されるレベルの

ブランド認知度がないと

話になりません。

 

しかし、お菓子や飲み物など、

コンビニで買うような品物だと、

助成想起くらいの認知度の方が

購買につながりやすいと言われています。

 

「お、そう言えばこんなのあったな」

と思うと、何となく買いたくなる

心理が働くからだと思われます。

 

まあしかし、私は缶コーヒーは

必ずBOSSを買うので、

純粋想起はやはり強力ですよね。

 

ブランディング戦略としては、

純粋想起を目指す前提で

問題ないと思います。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめます。

 

  • 純粋想起と助成想起は、ブランドを思い出すプロセス
  • ブランド認知度を調査するために、このような分類が必要
  • 純粋想起の方が、助成想起よりもブランド認知度が高い

 

自分のやっている業界で

純粋想起されるくらい、

ブランド認知度を高めて

いきたいものですね!

 

なお、ブランディングについても

当ブログで解説しています。

 

【参考記事】

ブランディングの本質とは?成功事例とともに手法を解説!

 

ココ・シャネルのストーリーを

使ったブランディングについても

解説していますので、

是非読んでみてください。

 

さて、このブログでは普段、

ネットを使った副業を教えています。

 

パソコン1台で個人事業主として

独立することも出来るので、

以下の記事も興味があれば

ご覧いただきたいと思います。

 

【参考記事】

ネットで副業したい人が最初に読む記事

 

あなたの収入を増やす

ヒントが得られるはずです。

 

それでは今日は

この辺りで失礼します。

 

ここまでご覧いただき、

ありがとうございました。

 

私に何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

コンテンツ一覧はこちら