田村です。

 

「付き合ってもう5年・・・

そろそろ結婚を考えてもいい頃かしら?」

 

そんな矢先に彼から告げられる

「俺、起業したいんだ」宣言。

 

思い描いていたプランが

砕け散る瞬間は辛いですよね。

 

果たしてその時、

あなたはどのような

選択をすればいいのでしょうか?

 

男目線ではありますが、

私なりに考えてみたいと思います。

 

彼の起業を阻止すべきサイン

 

起業と言っても色々な形態があり、

現在はPC1台で完結できる

ビジネスモデルもあります。

 

なぜなら、ネットの発達のおかげで

マーケティングからセールスまで

個人で全部出来てしまうからです。

 

だから、事業が軌道に乗るまで

副業でこっそりやるタイプの起業を

する人も結構います。

 

まあ私もそういうタイプの

起業をしましたが・・・

 

そういう起業の仕方であれば、

失敗したら会社員を続ければ

いいだけなので別に止める

こともないでしょう。

 

ただ、

「会社を辞めて一旗あげるぜ!」

となると話は全く別です。

 

まず失敗が許されませんからね。

 

というわけで、

彼の起業計画から

危険信号が出ていないか

確認しましょう。

 

危険信号1、ヤケクソ感が漂っている

 

この「ヤケクソ感」について

詳しく説明します。

 

例えばあなたは、

「何か違う気がする」

という違和感を押し切って

突き進んだことがありませんか?

 

  • 好きな人にメールを送る時
  • 課題を提出する時
  • 試験を解く時
  • 何か選択を迫られた時

 

色んなケースがありますが、

こうした時に違和感を

押し切って行動すると、

大抵はロクな結果になりません。

 

ではなぜそういう

現象が起きるのでしょうか。

 

それは、確信が持てない

もやもやがあると、人間は

ストレスを感じるからです。

 

そのストレスから逃れたいために、

人は「いや、これで大丈夫なはず!」と

自己説得を始めます。

 

ちなみに投資で負けるパターンがこれです。

 

普段なら絶対にやらないような取引を、

自己説得して「えーい、やっちゃえ!」

とやってしまうとほとんど負けます。

 

こういう時は、

一晩おいてもやもやを

寝かせておくのが一番いいです。

 

たったこれだけの知恵があれば、

私の過去のどれだけの過ちを

帳消しに出来たことでしょう・・・

 

まあそこはプラス思考で

考えることにします(笑)

 

【参考記事】

プラス思考の人が持つたった2つの特徴とは!?

 

上記の記事を読んで

もらえば分かりますが、

何かを学べばそれは

「失敗」ではないのです。

 

さて、あなたの彼氏は起業に対して

どれだけの確信を持っていますか?

 

  • なぜ起業しなければいけないのか
  • その事業計画はなぜ確信を持てるのか
  • なぜそのビジネスモデルを選んだのか
  • 具体的にこれからどんな行動を起こしていくのか

 

こんな感じで彼に

どんどんアウトプットさせましょう。

 

ここで、根拠もなしに

「大丈夫だから!」みたいな

ことを言って言い訳や自己説得を

始めたら相当な危険信号です。

 

その場で起業を阻止するか、

現在はPC1台でビジネスに必要な

ことが全てまかなえることを

教えてあげましょう。

 

危険信号2、起業の動機や将来のビジョンが幼稚

 

何のためにビジネスを始めるのか・・・

 

それはただの精神論ではなく、

事業の成功に直結する問題です。

 

そして、ほぼ失敗する動機と、

成功が見込める動機は

割と簡単に分かります。

 

具体例を少し見てみましょう。

 

ほぼ失敗する動機
  • 俺はサラリーマン向いてないと思うんだ
  • 俺は人の下で働く器じゃない
  • 俺は周りのヤツらを見返してやりたいんだ!
  • 俺は金持ちになりたいんだ
  • 羨ましがられたい、認められたい

 

成功が見込める動機
  • 誰かを喜ばせたい
  • 業界を変えたい
  • 社会を変えたい

 

上記の例から分かるように、

それぞれの動機の共通点は

以下のようになります。

 

  • 失敗する動機・・・エネルギーのベクトルが全部自分に向いている
  • 成功が見込める動機・・・エネルギーのベクトルが外に向いている

 

もちろん「人から認められたい」

は人間が持つ自然な欲求です。

 

なので少しくらいそういう動機が

混じっていてもいいのですが、

それしかないと起業の成功は

難しいと思います。

 

それでは、エネルギーの

ベクトルが全部自分に向いていると

なぜ問題なのでしょうか。

 

簡単に言うと、そういう人間は

社員やお客さんから嫌われるからです。

 

例えばあなたなら、

そういう社長の元で

気分よく働けますか?

 

「なんでお前の勝手に協力しなきゃいけないの?

とりあえず給料分だけ働いてサボっとこ」

 

極端に言うとこんな感じに

なってもおかしくないですよね。

 

また、そういう社長の運営する

会社は客目線でも嫌悪感を感じます。

 

例えば、アパレルショップで

がっついた接客を受けた経験は

ほとんどの人があるでしょう。

 

ノルマがきつくて大変なのは分かりますが、

「何としてもコイツに買わせなきゃ」と

顔に書いている店員っていますよね。

 

起業動機の時点で自分にしか

エネルギーを向けていない社長の会社は、

お客さんのほぼ全員からそういう目で

見られると思った方がいいですよ。

 

このように、自分にだけ

エネルギーを向けると、

関わる人のほぼ全員から嫌われます。

 

もっと言うと、エネルギーを

自分に向けようとすると、

もれなく他人からエネルギーを

奪う方向に働くんですよ。

 

さっきのアパレル店員の

例がそうですよね。

 

この場合の店員は、服がお客さんに

似合うかどうかなんて眼中にない、

とにかく買って欲しいと思ってます。

 

で、お金もエネルギーの一種ですから、

このケースも相手から一方的に

エネルギーを奪う行為です。

 

また、「注目されたい」も

人からエネルギーを奪う考え方です。

 

例えば、

自慢話を聞かされたら

何か疲れますよね。

 

それはエネルギーを

奪われたからです。

 

「ほぼ失敗する動機」は、

もれなく他人からエネルギーを

奪いたいという発想なのが

お分かりいただけたでしょう。

 

そして、当然ながら

起業の成功には莫大な

エネルギーが必要となります。

 

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、

全部他人から奪ったエネルギーで

事業を回そうとすると確実に

不幸な結果になるでしょう。

 

なので、起業の動機として

「他者への視線」が必要なのです。

 

  • 誰かを喜ばせたい
  • 業界を変えたい
  • 社会を変えたい

 

そうやって自分から

外にエネルギーを向けることで、

エネルギーが循環して還ってきます。

 

これは日常コミュニケーションの

レベルでも毎日あなたの

周囲で起きていることです。

 

例えば、聞き上手って好かれますよね。

 

相手の話を真剣に聞いたり、

相手を褒めるのもエネルギーを自分から

相手に分けてあげる行為ですからね。

 

そして、結果として相手からは

好意というエネルギーが還ってきます。

 

その好意は、あなたが

困った時に形になって

返してもらえる場合もあるでしょう。

 

とにかく、起業というのは

こうしたエネルギー循環がもっと

大きなスケールで起きているものです。

 

「他者への視線」が

ないような起業動機なら、

阻止してあげた方が彼のためでしょう。

 

参考:私の将来ビジョン

 

ちなみに、私の将来の

ビジョンを少しお話します。

 

私は現在こうやって情報発信

ブログで生計を立てていますが、

次のステップとして考えているのは

企業のコンサルです。

 

というのも、パソコン1台で生計を

立てるまでに学んだマーケティングと

セールスのスキルは、絶対に

他の業界にも応用できると思うからです。

 

実際、私の師匠も企業のマーケティングを

指導する仕事を取り始めています。

 

で、何をやりたいかって言うと、

地元の企業の売り上げを

伸ばしていきたいんです。

 

というのも、私の地元は

過疎が進んでいます。

(田舎はどこもそうですけど)

 

なので県内への移住促進として、

地元は県の魅力アピールやら

「おもてなし」やらを頑張っていますが、

ハッキリ言ってズレてるんですよね。

 

「人は仕事があるところに集まる」

 

たったこれだけの単純な

現実が見えないんでしょうか?

 

行政も、県内への移住を本気で

促進したいなら、地方債でも

刷って公共事業でもやれよ。

 

それでどれだけ雇用が

生まれると思ってるんだ?

 

まあそんなことを言っても始まらないので、

地元企業のセールスを伸ばすことで

似た様な効果を出せないかと思うんです。

 

企業の業績が伸びれば、

ボーナスが出るようになるかもしれないし、

新しく人を雇ってくれるかもしれません。

 

まあ、そういう理想があるので、

「儲かったら社員に還元したい」

そういう思いを持っている会社だけを

顧客にしたいとも思っています。

 

このプランなら、さっき

自分で説明した「他者への視線」は

クリアしてると自分では思っています。

 

彼の起業プランが本物だった場合、取れる選択肢は3つ

 

さて、明らかに彼の起業を

阻止した方がいいパターンに

ついて説明しました。

 

ダメパターンだった場合は、

阻止してあげた方が

彼のためでもあります。

 

なので迷うことはありません。

 

しかし、ひょっとしたら

彼が本物かもしれない、

そんな時は判断を迫られます。

 

そして、そんな時に取れる

選択肢は大きく分けて3つです。

 

選択肢1、あなたのライフプランを叶えてくれる他の男性を探す

 

おそらく、これが一番

無難な選択肢です。

 

というのも、あなたが使う

エネルギーが一番少なくて済みます。

 

選択肢2、それでも起業を阻止する

 

これはあまりおすすめしません。

 

というのも、彼が起業家として

本物であればあるほど、

阻止するのに必要な

エネルギーが大きくなります。

 

というか、彼が本物であるならば、

彼から別れを切り出される危険が大きいです。

 

例えば、フェイスブックの創業者である

マーク・ザッカーバーグ氏は

ハーバード大を中退しました。

 

このように、成功する人というのは、

人生の転機で何かに執着すると

人生を壊すことを本能的に知っています。

 

成功者たちの経歴を調べてもらえば分かりますが、

学歴、生まれ故郷、恋人などへの執着を

断ち切ったエピソードは色々出てきます。

 

世の中にはハーバード大への執着すら

断ち切って起業する人がいるのです。

 

彼が本物であるならば、

あなたへの執着を

断ち切ってくる可能性はあります。

 

まあ実際は執着に負ける人の方が多いので、

「彼と一緒に私のライフプランを実現したいの!」

と言うのなら阻止を決断してもいいでしょう。

 

ただ、自己責任でお願いします。

 

選択肢3、彼と苦楽を共にする覚悟を決める

 

これが一番覚悟が

必要な選択でしょう。

 

安易におすすめは出来ません。

 

まあ選択肢1、2も含めて、

何が幸せなのかは

あなたの価値観次第です。

 

ひとまず、起業というのは

環境を激変させます。

 

なので、様々な執着を

断ち切る必要が出てきます。

 

そんな起業にあなたも

付き合うわけですから、

あなたにも執着を

断ち切る覚悟が必要です。

 

まず最初にあなたが断ち切ることを

求められる執着の対象はこれでしょう。

 

「あなたが思い描いていた結婚後のライフプラン」

 

多分、これだけでも

相当にキッツいと思います。

 

ちなみに、この生き方の

参考になるいい話が

あったので引用します。

 

私は経営者です。

 

経営者らしくない

経営者と良く言われますが。

 

さて、私が結婚したのも、

経営者になる覚悟をしていましたが、

サラリーマン時代でした。

 

妻の覚悟は相当だったはずです。

 

当然、妻の実家は大反対だったようです。

 

しかしそれから30年、経営も何とかなって、

今は押しも押されもせぬ(笑)社長夫人です。

 

義理の両親も喜んでくれています。

 

当然、現在はサラリーマンの

年収よりは遙かに高いですが、

今までの苦労は計り知れません。

 

妻は、資格職でしたので、

いざとなれば私を養っていく

覚悟だったそうです。

 

妻がいたので、企業は

成功したと思っています。

 

幸い私にも少しは経営者としての

才能があったと言うことでしょうか。

 

しかし妻がこれを予知

していたとは考えられません。

 

言ってみれば博打でしょう。

 

愛していたからこそ出来たことです。

 

あなたのこの覚悟があって、

彼を信じるなら、どうか結婚してください。

 

そこには、打算は絶対にあってはいけません。

 

頑張って下さい。

 

私だって、30年たった今だから言えることです。

 

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0216/387233.htm

 

こうやって成功例を聞くと

美談に聞こえますが、

決断はあくまで自己責任で

お願いします。

 

彼の起業センスを測ってあげよう

 

さて、色々と解説されても、

「やっぱり自分では彼の素質を判断できない!」

という悩みもあることでしょう。

 

それならば、彼の起業センスを

測ってみてはどうでしょうか?

 

実は、起業センスを測ってくれる

起業オンラインスクールがあります。

 

【参考記事】

次世代起業家育成セミナーの魅力を紹介!

 

これは次世代起業家育成セミナーという、

起業を学べるオンラインスクールです。

 

次世代起業家育成セミナーの基本情報
  • 講師は京大MBAを取得している加藤将大さん
  • 今までで累計4000人以上が受講し、満足度98.5%の人気セミナー
  • メールアドレスを登録するだけで、セミナーコンテンツをいっぱいもらえる(合計で約50時間分)
  • セミナーコンテンツで勉強して、ウェブ試験を突破すると無料お試し会員に登録できる
  • 無料お試し会員になると、一カ月間だけ有料会員と同じ待遇
  • その上で納得してスクールを継続したい場合は、月額3万円

 

登録特典の無料セミナー

だけでかなりの情報量ですし、

さらに一カ月間も有料会員と同じ

待遇で学べるのは大きなメリットです。

 

また、無料お試しで納得できなければ、

そのまま退会すれば1円も課金されません。

 

起業を学ぶのに、これほど低リスクな

スクールはまず他にないでしょう。

 

裏を返せば、それだけ加藤将大さんは

このセミナーに自信があるということです。

 

もし彼が本気で起業を学びたいのなら、

このスクールを教えてあげてください。

 

さて、ここでの本題は

起業センス診断です。

 

起業センス診断では文字通り、

受検者が起業に向いているのか

どうかを点数で診断してくれます。

 

【参考】

 

7分で受けられる起業センス診断の詳細

 

ちなみに点数ごとの

評価はこんな感じです。

 

 

もしかしたら彼氏は意外と50点を

超えてしまうかもしれないので、

一回受けさせてあげると

あなたの判断材料も増えるでしょう。

 

【参考記事】

次世代起業家育成セミナーの詳細はコチラ

 

 

それでは今日は

この辺りで失礼します。

 

ここまでご覧いただき、

ありがとうございました。

 

私に何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

コンテンツ一覧はこちら

 

【おすすめ記事】

次世代起業家育成セミナーの魅力を紹介!

 

【関連記事】

ネットビジネスとは?初心者が取り組むべきおすすめのビジネスモデルも解説!

 

 

 

田村公式メールマガジンのご案内

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、

実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに

至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、

秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 私が半年で月収45万円を達成したブログ戦略
  • パソコンが苦手でもネットで稼げてしまう秘密
  • 特殊な技術がなくても商品をバンバン売って収入を伸ばすテクニック
  • 1日1~2時間の作業で脱サラ出来るビジネスモデルとは
  • サラリーマン並みの月収をネットで稼ぐ一番の近道とは
  • 脱サラレベルで稼ぐのに必要なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに

登録していただけると、こちらから折り返し

メールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを

入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

>>田村公式メールマガジン登録フォームはこちら

 

※返信が迷惑メールに入っている、または

メールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、

お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。