田村です。

 

「いつかは起業したい」

 

そういうことを考える人は実はかなり沢山います。

 

その動機は様々ですが、会社のいいなりになって40年を捧げる生き方を受け入れたくない人が多いのでしょう。

 

だから「起業したいけどネタがない」という悩みが生まれるのだと思います。

 

しかし、この悩みは人に相談しにくいですよね。

 

というのも、「そんなことを人に聞いてるからダメなんだ!」というリアクションが簡単に想像できます。

 

しかし、起業ネタに悩むことは決して恥ずかしいことではありません。

 

なぜそう言えるのかはまた後で解説するとして、今回の記事では以下の内容で進めていきます。

 

  • なぜ起業ネタに悩むことは恥ずかしくないのか
  • 起業ネタを探す時の考え方
  • おすすめの起業ネタ

 

この記事を読むことで、起業リスクを減らすコツがご理解いただけるはずです。

 

起業ネタに悩むことは恥ずかしくない!

 

先ほど述べたように、起業ネタに悩むことは恥ずかしいことではありません。

 

それどころか、起業ネタというのはリサーチしてから決めるべきものです。

 

というのも、起業に関しては世間的にも大きな誤解があります。

 

それは・・・

 

起業とは、独創的なアイデアで出発しなければならない

 

という大いなる誤解です。

 

確かに、独創的なアイデアをヒットさせる天才は実在します。

 

しかし、そんな博打をするよりも、成功した起業家を模倣する方がはるかにリスクが低いです。

 

なぜなら、成功した起業家はすでに需要のある分野で勝負をかけています。

 

なので、わざわざ需要があるかどうか分からない分野で博打をする必要はありません。

 

ちなみに、後でネット起業についても説明しますが、ネット起業でも模倣は超大事です。

 

ネット起業では大半の人が、需要のないものを作って失敗しますからね。

 

というわけで、まずは需要のある商品やサービスをリサーチすることで、失敗しにくい起業ネタが見つかるでしょう。

 

起業ネタを探す時の考え方

 

さて、起業とひと口に言っても、そのやり方は様々です。

 

  • 会社を興す
  • お店を始める
  • 個人事業主になる(一人だけの株式会社を含む)

 

超ザックリ言うと、この3つが考えられます。

 

しかし、“許容できるリスク”を考えると、ほとんどの人は個人事業主を選ぶことになるでしょう。

 

というのも、まず人を雇って会社を始める場合、事業が軌道に乗るまでの人件費が高いリスクとなります。

 

次に、お店をやる場合は、店舗スペースの確保や初期投資でほとんどの人がつまずくでしょう。

 

もっと言うと、“脱サラしてから起業”という行為自体がめちゃくちゃリスクが高いです。

 

もちろん、こういったリスクを取ることが出来て、なおかつ勝算があるのなら会社を辞めてから起業してもいいでしょう。

 

そうでない場合は、副業を発展させて個人事業主として雇われの状態を卒業していくコースが最も現実的です。

 

というわけで、副業から始められる起業ネタについて見ていきましょう。

 

低リスクなおすすめ起業ネタその1、アフィリエイト

 

アフィリエイトは超低リスクでおすすめです。

 

アフィリエイトのメリット
  • ブログさえあれば始められる
  • ブログの維持費が安い(月1000円ほど)
  • 月収100万円を超えるプロブロガーも沢山いる

 

このように、アフィリエイトは低リスクかつ、すでに成功した事例が豊富にあります。

 

なので、“成功者を模倣する”という成功するために重要な作業がめちゃくちゃやりやすいのです。

 

アフィリエイトに関して詳しいことは、以下の記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事】

アフィリエイトとは?仕組みの図解からブログの始め方まで

 

さらに、アフィリエイトには月収100万円を狙えるビジネスモデルも存在します。

 

しかも、仕組をきちんと構築することで、収益を自動で上げることすら可能です。

 

このように、アフィリエイトはめちゃくちゃオススメなので、是非このブログで学んでみて欲しいなと思います!

 

低リスクなおすすめ起業ネタその2、せどり・転売

 

転売とは、何らかの形で商品を仕入れ、ネットオークションなどで売りさばいて差額を得るビジネスです。

 

ちなみに、せどりとは本の転売と思って大丈夫です。

 

さて、せどり・転売は副業初心者でも成果を出しやすく、場合によってはそのまま起業も出来ます。

 

実際、せどりで起業して1年目で年商1.1億円を叩き出した起業家もいます。

 

もちろん、社員を雇って大規模な転売を展開出来る人は限られるでしょうが・・・

 

なお、転売もネットビジネスの一部と見なされることが多いので、転売について詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事】

ネットビジネスとは?初心者が取り組むべきおすすめのビジネスモデルも解説!

 

低リスクなおすすめ起業ネタその3、ネットショップ

 

ネットショップは、実店舗を持たないので低リスクで始めることが出来ます。

 

さらに、ネットショップは無料サービスで全ての準備を整えることも可能です。

 

ただ、ネットショップは簡単に始められるので、簡単に諦める人もかなりいます。

 

やはりビジネスですので、やるからには相応の努力と、有料サービスへの投資なども必要になってくるでしょう。

 

なお、ネットショップの運営では集客で失敗するケースが非常に多いです。

 

というのも、ネットを使ったビジネスをやったことがない人は、サイトさえあれば誰かが来てくれると勘違いすることがあります。

 

とにかく、ネットでビジネスをするなら集客を大事にしましょう。

 

というのも、アクセスがないのに購入率や売り文句を考えても仕方ありません。

 

そういうことは、「アクセスがあるのに売れない」という状況になってから考えればいいのです。

 

というわけで、ネットショップを始めたいならSEOの知識は勉強しておいた方がいいでしょう。

 

【参考記事】

超カンタンSEO対策!誰でも出来るネット集客の基本!

需要のあるキーワードを見つけ、ライバルに負けないキーワードを探す方法

 

低リスクなおすすめ起業ネタその4、代行サービス系・請負制作系

 

代行サービスとは、文字通り何かを代わりにやってあげて報酬を得るビジネスですね。

 

そして、請負制作とはホームページや動画の制作を請け負って納品するサービスです。

 

まあ具体的には、以下のようなサービスが考えられるでしょう。

 

  • ホームーページ制作、webデザイン
  • コピーライティング、セールスレター制作
  • 動画制作
  • イラストレーター
  • 家事代行
  • 買い物代行

 

こうした代行や請負のジャンルは、探せば他にも沢山見つかるはずです。

 

例えば、ココナラというサイトでこうした代行や請負の需要を簡単にリサーチ出来ます。

 

 

ココナラとは、特定の技術を持っている人と、その技術が欲しい人をつなげるマッチングサービスを提供するサイトです。

 

結構柔軟に色んなサービスがやり取りされているので、世の中にはどんな需要があるのか色々と見てみるといいでしょう。

 

まとめ

 

さて、今回の内容をまとめます。

 

今回の内容
  • 起業は独創的アイデアにこだわるよりも、成功した起業家を模倣した方が低リスク
  • 人を雇ったり実店舗を持つリスクを取れない人は、個人事業主になろう
  • 特に、副業を発展させて会社から独立するコースがおすすめ

 

やはり、いきなり脱サラしてから事業を始めるのはリスクが高すぎますからね。

 

副業にしているビジネスを本業にするかはさておき、資金を作る意味でも副業の知識を知って損はありません。

 

ネットを使った低リスクな副業について興味がわいたら、この記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事】

ネットビジネスとは?初心者が取り組むべきおすすめのビジネスモデルも解説!

 

それでは今日はこの辺りで失礼します。

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

私に何か相談したいことがあれば、遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

コンテンツ一覧はこちら