田村です。

 

昨今は働き方も多様になり、

個人で独立する人も増えました。

 

個人で生きていくことは

勇気がいることですが、

会社に縛られない生き方は

とても魅力的です。

 

というわけで、個人事業主に

なるにはどうしたらいいのか、

私の思うところを書いていきます。

 

個人事業主になるには

 

個人事業主というのは、

個人で事業を営んでいる人です。

 

ですので、開業届を出して

お店をやっている人だけが

個人事業主ではありません。

 

  • アフィリエイター
  • 転売で生計を立てている人
  • フリーランスの記者、ライター、作家、イラストレーター

 

こういう人たちは全部

個人事業主と言えます。

 

さらにもっと言うと、

開業届は義務はあっても

罰則はありません。

 

要するに、

「俺、今日からアフィリエイト始めたから!」

と言えばそれで個人事業主になったと言えます。

 

ですので個人事業主になるには、

手続きや資格はなくても

宣言するだけで十分です。

 

しかし、恐らくあなたは

雇われずに生きていく方法を

探しているのだと思います。

 

ならば、あなたが本当に

知りたかったのは、

「個人事業主として稼げるようになる道筋」

ではないでしょうか。

 

というのも、事業で

収益が出なかったら、

サラリーマンに逆戻り

するしかありません。

 

というわけで、

個人事業主として

自活していくための

道筋を考えていきましょう。

 

自活できる個人事業主になるには

 

個人事業主って、

業種や事業規模によって

求められる法律知識や手続きが違います。

 

完全に1人で、それも

自宅で作業を行う形態なら、

  • 開業届
  • 確定申告、経理
  • 青色か白色申告かの選択

このくらいの手続きと知識で

事業を運営できるでしょう。

 

しかし、「お店」を構えると、

かなり手続きが増えます。

 

  • 消防署へ防火対象物使用開始届
  • 保健所への届け出(飲食関連)
  • 警察署に届け出(深夜営業をする場合)

 

この辺りは、どんなお店かによって

全然手続きが違いますが、

自分のお店に必要な手続きを

知るだけでも大変です。

 

ちなみに私が昔いた職場では、

消防署の立ち入り検査とかありました。

 

避難経路を確保しろだの、

火災報知器をつけろだの、

まあ色々面倒なことを言われました。

 

まあこのように、お店を持つと

自宅オフィスとは比較にならない

くらい手続きや手間が増えます。

 

さらに、人を雇った時は

もっと手続きが増えます。

 

人を雇った場合は労働基準監督署、

ハローワーク、社会保険事務所などに

提出しなければいけない書類が

たくさん出てくるわけです。

 

「個人事業主として独立してみたいけど・・・

なんか手続きがいっぱい!ややこしい!

出来る気がしない!」

 

そんな感じで個人事業主に

なることを諦めた人もいるかもしれません。

 

ただ、そういう考え方は

ちょっと本質からズレて

いるように私は思います。

 

というのも、一番大切なことは、

「そのビジネスモデルは稼げるのか?」

だと私は思うからです。

 

「稼げるビジネスモデルがあるから

起業するために手続きを調べる」

のであって、ビジネスモデルが

なければ手続きを調べる意味はありません。

 

また、稼げるビジネスモデルがあるのに、

「手続きが煩雑・・・やめとこうかな」

なんて思う程度の情熱なら、

起業なんてやめた方がマシです。

 

なので、自活できる

個人事業主になるには、

最初に必要なのは

ビジネスモデルなのです。

 

稼げるビジネスモデルを考える

 

先ほど見たように、

個人事業主としての起業は

まずビジネスモデルがないと始まりません。

 

で、ビジネスモデルというと

難しく聞こえるかもしれませんが、

考えることはたった2つです。

 

  • 誰に
  • 何を売るか?

 

結局、ビジネスモデルって

この2つから成り立っています。

 

個人だとか法人だとか、

自宅だとかお店だとか・・・

そんなことは二の次です。

 

「誰それに、これを売りたい!」

 

そういうビジネスモデルが

最初にあって、そこから商品を

提供する形態を考えればいいわけです。

 

例えば、お弁当1つとってみても、

  • 移動販売で売る
  • コンビニやスーパーに卸す
  • 食事できる店舗内で提供する

など、商品は同じでも提供する形態は色々あります。

 

そして提供する形態を決めてから、

個人か法人かを考えればいいでしょう。

 

あなたもこの機会に、

「まず最初にビジネスモデル」

という考え方を意識してみてください。

 

ビジネスモデルの出発点は「誰に売るか」

 

さて、ビジネスモデルは「誰に」

「何を売るか」だとお話しました。

 

これをさらに突き詰めると、

「誰に売るか」の方が先なんですよね。

 

というのも、ビジネスは

まず顧客がいないと始まりません。

 

顧客を設定して、初めて需要が見えてくる。

 

そうすると、その需要を満たすために

何を提供すればいいかが見えてくる。

 

そうやってビジネスモデルは

作られていくと思うんです。

 

「すごい商品を作れば勝手に広まって売れる」

と勘違いしている人がよくいますが、

顧客と需要を想定せずに商品を

作るのはリスクが高いでしょう。

 

というのも、起業までして発売

した商品が売れなかったら即廃業です。

 

だからビジネスは最初に顧客を想定しましょう。

 

これだけでは抽象的で分かりにくいので、

私が知っている事例をいくつか紹介します。

 

具体例を通して

この理屈の理解を深めてください。

 

顧客と需要を最初に想定した例1、アフィリエイト

 

まずアフィリエイトについて

軽く説明すると、ブログに広告を

貼って稼ぐ行為です。

 

詳しくは以下の記事参照。

アフィリエイトとは?仕組みの図解からブログの始め方まで

 

で、私に限らずアフィリエイトは、

ターゲット選定が先にあります。

 

私の場合は、

「ネットを使って稼ぎたい人」を

最初に想定しているわけですね。

 

だからそういう人向けのサービスや

商品を売っていくわけですが、

まずはブログ記事で集客しないといけません。

 

で、集客するための記事を書く時に、

最初にするのは何だと思いますか?

 

実は、アフィリエイト記事で最初にするのは

「実際に検索されているキーワードを探す」

ことなんです。

 

だって、検索されないようなキーワードで

検索結果の1位を取ったって意味ありません(笑)

 

これがさっき言った、

「顧客と需要を最初に考える」

ということです。

 

ここでいう顧客とは、

ネットユーザー全員を言います。

 

アフィリエイトにおいては、

ネットユーザーはみんな潜在顧客ですからね。

 

で、顧客がいれば需要が見えます。

 

それは、

「実際に検索されているキーワード一覧」

を見れば分かるわけです。

 

だから、ネットユーザーに需要が

あることを確認してから記事を書き始めます。

 

余談ですが、アフィリエイトに

我流で挑戦して失敗する人の9割が、

「面白いネタ思いついた!記事にしてみよう!」

という考え方で記事を書きます。

 

これは先ほどの話で言うと、

「すごい商品を作れば勝手に売れる」

という発想と同じです。

 

需要があるかどうかも調べずに

記事を書くのって、めちゃくちゃ

効率が悪いんですよね。

 

ブログなら失敗しても経費はかかりませんが、

起業して需要のない商品を出すと

シャレにならない赤字を抱え込む

ことだってあり得ます。

 

「顧客と需要を最初に想定する」

ということを忘れないでください。

 

顧客と需要を最初に想定した例2、Marshall(ギターアンプ)

 

顧客と需要を最初に想定した例として、

実は最初に頭に浮かんだのは

Marshall(マーシャル)でした。

 

Marshallはギターアンプのブランドで、

ロックの歴史の象徴と言っても

過言ではありません。

 

伝説的なロックバンドのステージを

見れば、必ずMarshallがあったものです。

 

 

この動画で鳴らしている

アンプがMarshallですね。

 

Marshallロゴの入った黒いアンプは、

あなたもテレビで見たことがあるでしょう。

 

それでは、Marshallはどんな風に

ギターアンプのブランドになったと思いますか?

 

「すごい革命的なアンプを開発して、

大ヒットしたから」

 

この記事を読む前なら、

あなたはこう答えたかもしれません。

 

まあ、ここまでの話の流れ

から考えて、少なくとも

「商品を先に考えたわけではない」

ことは明白ですよね。

 

そう、実はMarshallは

顧客が先にあったのです。

 

具体的には、元々は

ジム・マーシャルという人が

小さな個人楽器店をやっていました。

 

それも、ジムがやっていたのは

なぜか「ドラム専門」の店でしたw

 

で、そのお店にはドラマーの友達も

一緒に来るわけで、ジムはそうした人たちの

要望でギターアンプを扱い始めます。

 

しかし、このギターアンプが頻繁に

故障し、修理対応に追われていたジムは、

「こんなんだったら俺が作った方がマシだぜ!」

と言って自社制作のアンプを作ります。

 

この時のアンプが

ミュージシャンに

注目されたんですね。

 

そして、Marshallに注目した

ミュージシャンが一人、また一人と

「こんなアンプを作ってくれ!」

とジムに要望を送り始めます。

 

こうやって大音量、大型のアンプが

作られ、Marshallがロックギターの

歴史を作っていくことになりました。

 

とりあえずこのストーリーの要点は、

「需要が先にあって、そこに供給した」

ということです。

 

この発想は色んなビジネスの、

色んな段階で使うものなので、

必ず覚えておきましょう。

 

商品をどういう形態で売るか考える

 

さて、「何を誰に売るか」という

ビジネスモデルが出来たら、

次は「どうやって売るか」を

考えないといけません。

 

お店を建てるのか、ネット販売なのか・・・

 

まあ色々ありますが、

商品を提供する方法として、

以下の点を意識することを

おすすめします。

 

  • 経費が低い
  • 仕組み化が出来る
  • 人を雇わない
  • 自宅で出来る

 

まあ一言で言うと「リスクが低い」

になるのですが、これなら

届け出などの面倒なことが

最低限で済むわけです。

 

そしてこれらを全て満たしているのが、

「インターネット」です。

 

インターネットなら・・・
  • 経費・・・サーバー代くらい。お店を建てる費用とは比較にすらならない
  • 仕組み化が出来る・・・サイトと決済システムを連動できるので、売れてから対応すればいい
  • 人を雇わない・・・ネットを使えば情報発信、集客、販売まで1人で出来る
  • 自宅で出来る・・・パソコン1台でネット事業は出来る。店舗やオフィスを使わないので、特に消防関係の面倒な手続きがいらない

 

こうしたメリットがあるから、

私はアフィリエイトをやっています。

 

もちろん、あなたにアフィリエイトを

すすめているわけではありません。

 

というのも、物販やネットショップでも

このメリットは同じですからね。

 

ひとまず、インターネットを

フル活用することで、

個人でもリスクを抑えて

ビジネスを立ち上げることが出来ます。

 

まずはサラリーマンをしながら、

副業でビジネスを考えるのもアリですね。

 

営業戦略を考える

 

見込み客を効率よく集客し、

商品の魅力を伝えて販売する。

 

このプロセスがスムーズにいかなかったら、

赤字になって廃業するしかありません。

 

なので、ビジネスモデルも決まり、

ネットを駆使して商品を提供すると

決めたのなら、次は営業戦略です。

 

ちなみに、私はよく

ビジネスのプロセスは

「集客、価値提供、販売」

だと説明しています。

 

そのあたりは、以下の記事を

参考にしてください。

 

営業マンの心得とは?~ライバルが知らない3つの秘訣

 

とにもかくにも、ビジネスは

売り上げを上げないと続きません。

 

もし本当にあなたが個人で

起業したいのなら、手続きやらを

調べるよりも先にマーケティングと

セールスを勉強した方がいいと思います。

 

以下の記事で、ネットで集客

する時の基本を説明してます

ので参考にしてください。

 

ネット集客講座

超カンタンSEO対策!誰でも出来るネット集客の基本!

需要のあるキーワードを見つけ、ライバルに負けないキーワードを探す方法

 

個人事業主になるには まとめ

 

さて、個人事業主になるための

流れを私なりに説明しましたが、

いかがでしたか?

 

私が提案したように、

  • 自宅で
  • 人を雇わずに
  • パソコン1台で

この条件でビジネスを始めれば、

リスクも手続きも最低限で済みます。

 

人を雇うとか、店を構えるとか、

そういうことは事業が拡大してから

考えればいいことなんです。

 

それに、それだけ事業が拡大しているなら、

各種の専門家に相談するだけの

資金力もあると思います。

 

というかその程度の資金力もなしに

事業拡大すべきではないでしょう。

 

面倒な手続きを全部自分の力で

やろうとすると一瞬で時間がなくなります。

 

事業が拡大したら、

専門家と外注はうまく使いましょう。

 

というわけで、とにもかくにも

ビジネスモデルを最初に考えてください。

 

そして、営業戦略を勉強しましょう。

 

あなたが自活できる個人事業主に

なるには、それが最優先事項だと

私は思います。

 

なお、もしあなたが起業に必要な

勉強を本当にしたいのなら、

無料で受け取れるセミナー

コンテンツがあります。

 

【おすすめ記事】

次世代起業家育成セミナーの魅力を紹介!

 

メールアドレス登録特典だけで

起業家向けセミナーの動画を

約21時間分受け取れます。

 

無料特典だけでも、かなり

濃厚なビジネス講座が見れますので

是非ともご覧いただけたら嬉しいです。

 

それでは今日は

この辺りで失礼します。

 

ここまでご覧いただき、

ありがとうございました。

 

私に何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

コンテンツ一覧はこちら

 

 

田村公式メールマガジンのご案内

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、

実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに

至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、

秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 私が半年で月収45万円を達成したブログ戦略
  • パソコンが苦手でもネットで稼げてしまう秘密
  • 特殊な技術がなくても商品をバンバン売って収入を伸ばすテクニック
  • 1日1~2時間の作業で脱サラ出来るビジネスモデルとは
  • サラリーマン並みの月収をネットで稼ぐ一番の近道とは
  • 脱サラレベルで稼ぐのに必要なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに

登録していただけると、こちらから折り返し

メールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを

入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

>>田村公式メールマガジン登録フォームはこちら

 

※返信が迷惑メールに入っている、または

メールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、

お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。