田村です。

 

この記事を読まれているあなたは、

恐らく人生の選択を迫られている

のではないでしょうか。

 

というのも、そうでなければ

フリーターと正社員の違いを

調べようとは思わないからです。

 

あなたはひょっとしたら、これから

就活を控え、就職という選択で

いいのか迷っているのかもしれません。

 

あるいは、あなたは現在フリーターで、

正社員を目指すべきなのかを

悩んでいるのかもしれません。

 

というわけで、フリーターと正社員、

それぞれの生き方について、

私と一緒に少し考えてみましょう。

 

フリーターと正社員は何が違うの?

 

まずはフリーターと正社員の違いについて、

一般的に言われていることから確認しましょう。

 

フリーターと正社員の違いその1・生涯賃金

 

フリーターと正社員の違いと聞いて、

多くの人が真っ先に思い浮かべるのが

生涯賃金の違いですよね。

 

22歳~60歳までの38年間働いた場合の

生涯賃金は以下のような数字だと言われています。

 

  • 大卒正社員・・・2億5000万円
  • フリーター・・・6000万円

 

フリーターの生涯賃金6000万円は、

月15万円×12カ月×38年間=6840万円

と考えれば妥当な線ですね。

 

でも大卒正社員の生涯賃金が2億5000万円

なんて、どこの大企業のエリートたちから

データを取ったんでしょうかね。

 

とりあえず、生涯賃金2億5000万円は、

以下に挙げるシミュレーションを前提にしているはずです。

 

  • 終身雇用
  • 定期昇給が約40年続く
  • 大きなケガ、病気、入院が約40年間起きない
  • 退職金が景気のせいでカットされない

 

今時、定年までを

この条件で逃げ切れる人が

どのくらいいるのでしょうか?

 

昨今の企業は人件費カットが

経営の腕の見せ所と勘違いしてますし、

このような数字は真に受けない方がいいでしょう。

 

余談ですが、プロフィールに書いているように、

私は脱サラ前は福祉の仕事をしていました。

 

で、その会社を完全に辞める前に、

社員をやめてパートに降格して

もらった時期があったんですよ。

 

理由は、夜勤から外してもらって

その分のエネルギーをネット事業に

注ぎたかったからです。

 

それで会社からの待遇で何が

変わったかと言うと、

何も変わりません(笑)

 

月130時間以上働くと常勤パートとして

必ず社会保険にも入りますので、

待遇面は変化がないんですね。

 

もちろん夜勤手当の分の

手取りは1万円ほど減りました。

 

逆に考えれば、月の手取り1万円ダウン

と引き換えに夜勤がなくなりました。

 

「あれ?これ社員やってる方がアホくさくね?」

と思ったのは私だけではなかったようです。

 

「田村君みたいにパートでやって

夜勤もやらんのが正解よ」

と同僚に言われる始末でしたからね。

 

ちなみにその会社は昇給も賞与も存在せず、

基本給が13万9000円の据え置きですので、

そういう会社で正社員になっても

フリーターと何も変わらないと思います・・・

 

最低でも手取りで月30万円はないと

正社員をやる意味はないかもしれません。

 

フリーターと正社員の違いその2・休日、休暇、福利厚生

 

よく、正社員は休暇や福利厚生の面で

フリーターより有利などと言いますよね。

 

でも、中小企業でしっかりした福利厚生が

あるところなんてかなり珍しいですよね?

 

しかも、世の中の会社員の約6割が中小企業勤め

なので、フリーターよりも各段に充実した

福利厚生を味わっている人の方が少ないでしょう。

 

休日に関しても、就業規定などに

いくら規定されていても、

会社によっては休めないのは

あなたもよくご存じだと思います。

 

というのも、有給を積極的に

消化させてくれるホワイトな

企業の方が少ないからです。

 

有給だろうが慶弔休暇だろうが、

休んだ分の仕事は、時に土日を

潰してでも自分で片づけないと

いけない時もありますよね?

 

例えば、私には有名な

大企業勤めの友人がいますが、

仕事量が半端なく多いらしいです。

 

友人は土日も働いているので、

休んでいるのは月に2~3日

あるかないかだと言ってました。

 

ただ、友人は給料も半端なく

高かったので、1年分の海外出張費だけで

レクサスが新車で買えるレベルらしいです。

 

まあレクサスも値段がピンキリですが、

その友人は30歳の時点で年収1000万円は

超える超エリートサラリーマンだと言えます。

 

ここまで来たら世間的には

文句なしの「勝ち組」ですけどね。

 

まあ、例え休日が極端に少なくても、

収入面でこれだけ恵まれていたら

まだ我慢できるのかもしれません。

 

余談ですが、私が働いていた福祉施設の

サービス提供責任者も月に1~2日くらいしか

休日がない過剰労働をしていました。

 

それで手取りが月30万円

いかなかったらしいです。

 

そのサービス提供責任者は過労で

何度か倒れていましたが、今でも

元気にしてるんでしょうか・・・

 

まあとにかく、ある程度の

ワークライフバランスと

給料が得られる会社でなければ、

社員をやる意味は薄そうに見えますね。

 

フリーターと正社員の違いその3・社会的地位

 

正社員の安全神話が崩れた昨今でも、

正社員の社会的地位は今でも健在です。

 

というのも、

「○○社に勤めています」と言うだけで

「おお、ちゃんと働いているんだな」

と思ってもらえますからね。

 

私も、「仕事何やってんの?」

と聞かれると答えに悩みますw

 

幸い、「アフィリエイト」という

単語の知名度も上がったおかげで、

「アフィリエイターです」で逃げれますけどね。

 

まあ、自由業はフリーターと扱いが同じなので、

専業にするには相当な覚悟がいるのは確かです。

 

フリーターが負け組と言われる理由

 

30歳、フリーター独身

 

これだけで負け組臭が

半端ないパワーワードですね。

 

では、なぜフリーターが世間一般で

負け組と言われるのでしょうか。

 

その理由は、以下のようなものと思われます。

 

  • 将来性がない・・・時給1000円未満なのでいくら働いても貯金すら出来ない
  • 高校生や大学生の先輩から仕事を教わる・・・お店のバイトだと、高校生や大学生が自分の先輩になったりする
  • キャリアの蓄積がない・・・職場によるが、レジ打ちなどの単純労働をいくらやっても何もノウハウが蓄積されない
  • 世間体が悪い・・・はっきり言って世間からは「遊んでいる」「不真面目」などのレッテルを貼られる

 

生活も苦しく、プライドもズタズタにされ、

あるのは将来への不安ばかり・・・

 

そんな様子をあなたも

イメージしたのではないでしょうか。

 

そうは言っても、

  • 職場によっては何かノウハウが蓄積される、履歴書でアピールできる
  • そもそも何か夢を追いかけてて、それまでの日銭を稼ぐためにフリーターをしている

などのケースももちろんあり得ます。

 

だけど、何か特別な意図がない限り、

ただフリーターを無計画に続けると

「いわゆる負け組」になっていくのは

避けられないでしょう。

 

正社員は勝ち組なのか?

 

それでは、正社員は勝ち組と言えるのでしょうか。

 

確かに正社員はバイトより

恵まれている部分もあります。

 

だけど、以下のようなケースは

あなたも身の回りでいくらでも

見たことがあるでしょう。

 

  • ボーナスなしは普通
  • 有給は消化できずに消滅
  • 正社員でもお金の悩みは尽きない
  • リストラの恐怖
  • 賃金は上昇するどころか低下
  • サービス残業の横行と過労死

 

また一方で、先ほど紹介した

私の友人のような超エリート

サラリーマンもいるわけです。

 

このように、正社員というのは

フリーター以上に落差が激しいので、

正社員=勝ち組とは一概に言えません。

 

フリーターと正社員、どちらが勝ち組とか負け組とかは存在しない

 

さて、ここまで読み進めた

あなたはおそらく以下のような

思いがあったのだと思われます。

 

  • 現在フリーターの私はやっぱり負け組なんだろうか
  • 正社員にさえなれれば今からでも勝ち組に入れるだろうか

 

その思いに対して私からの答えですが、

「勝ち組とか負け組は存在しない」です。

 

なぜなら、人生は自分が納得

すればそれでいいからです。

 

勝ち組・負け組議論というのは、

あくまで他人との比較からしか生まれません。

 

何もあなたが他人の目線に合わせて

生き方を選ぶ必要はないわけです。

 

自分がやりたいこと、

自分が望む生き方、

そうしたことを重視した方が

後悔しない人生を送れると思います。

 

私の最終目標は収入が途絶えないニート

 

というわけで、私が望む生き方のお話で

今回の記事を締めようと思います。

 

私ははっきり言ってあまり

世間体のいい生活をしていません。

 

自由業なんてフリーターと扱いが変わらないし、

私の仕事はPCで全て完結するので近所から

見れば完全にニートです。

 

しかも定期的にギターを

担いで出かけていくので、

「親の仕送りで遊んでやがる」

みたいに思われてそうです(笑)

 

でも、したくもない仕事に

時間とエネルギーの大半を

奪われて休日は寝て体力を回復

するだけの生活よりは充実してますよ。

 

収入もそこらへんの普通の

サラリーマンの月収の倍以上あるので、

欲しいものは割と気兼ねなく買えますし。

 

このように、やりたいことが

出来るだけの時間的自由と経済力があって、

仕事も自分のペースで進められる、

これが私の求めていたライフスタイルです。

 

もちろん、アフィリエイトで月収が

何百万円あろうが、世間的には

勝ち組と思ってもらえないでしょう。

 

しかし、世間が私をどう見ようが、

はっきり言ってどうでもいいです。

 

正社員という地位と引き換えに

時間的自由のほとんどを失うよりかは

私は今の生き方を選びます。

 

そして私の究極の目標は、

収入を自動化してニートになることです。

 

「収入を自動化?何言ってんだコイツ」

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

しかし、情報発信というビジネスモデルなら

自動で収益を上げる仕組みが作れます。

 

【参考記事】

情報発信ビジネスで自動的に収入が入る仕組み

 

もちろん、誰でも一朝一夕で

その仕組みを作れるわけではありません。

 

しかし、普通にアフィリエイトを

やっているだけでも脱サラは十分に出来るんですね。

 

このように、ネットを使って稼ぐ

ネットビジネスを学ぶことで、

あなたの将来の選択肢も増えると思います。

 

【参考記事】

ネットビジネスとは?初心者が取り組むべきおすすめのビジネスモデルも解説!

アフィリエイトとは?仕組みの図解からブログの始め方まで

 

勝ち組とか負け組とか、

そういう他人と自分の比較をやめて

自分の望む生き方を真剣に考えてみませんか?

 

  • ネットを使って稼げるって本当?
  • 私でも稼げるの?
  • 興味はあるんだけどよく分からない・・・

 

などなど、何か相談したいことがあれば

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

それでは、最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、

実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに

至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、

秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 1日10人しか来ないブログでも日給2万円稼げる弱小ブログ運営術
  • パソコンが苦手でプログラミングもデザインも分からなくてもネットで稼げる仕組みの構築法
  • セールスの知識がなくても商品が売れてしまう、誰でもすぐに使えるセールステク
  • 1日1~2時間の作業で脱サラしノマドワーカーになれる世界一自由なビジネス
  • ネットを使い、たった半年でサラリーマンの平均年収以上を稼ぐためのブログ運営法
  • 年収億プレーヤーから学んだ、今すぐ実践可能なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに

登録していただけると、こちらから折り返し

メールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを

入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

【メルマガ登録はこちらから】

 

※返信が迷惑メールに入っている、または

メールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、

お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。