田村です。

 

今回は、wordpressブログの運営に役立つプラグインの1つ、New Admanの使い方を解説します。

 

New Admanを使うと、全部の記事に同じ文書を自動挿入出来ます。

 

また、自動挿入される文書もNew Admanの設定から修正をかけると、全ての記事に挿入した文書にも修正が反映されるので便利です。

 

ちなみに私の記事は全て、New Admanを使ってメルマガ登録フォームが末尾に自動挿入されます。

 

メルマガ登録フォームも文言の見直しを定期的にする必要がありますが、New Admanがあるので安心して何度も修正をすることが出来るわけです。

 

それでは、New Admanの使い方を早速確認しましょう。

 

なお、新規プラグインをインストール、有効化するまでが分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

 

新規プラグインのインストールの仕方

 

New Admanの使い方

 

New Admanを有効化出来たら、左メニューから「設定」→「New Adman」をクリック。

 

 

そして下記画像の赤枠部分に挿入したいテキストを入れるだけです。

 

 

ちなみに、メニューの意味は

  • Ad-code to appear before your post content・・・記事先頭
  • Ad-code to appear in the middle (caluculated) or where you specify・・・記事中盤

このようになっております。

 

googleアドセンスで稼ぐ人だったらこのメニューを使うかもしれませんね。

 

ただ、記事中盤に文書を挿入するメニューですが、これは挿入位置を思い通りにするのが難しいようです。

 

さて、New Admanの編集画面にテキストを入れるやり方を説明します。

 

まず、見出しや画像、動画などを埋め込みたい場合は、記事編集画面で作りましょう。

 

 

まず、こんな感じで見出しを入れたり、画像を入れたりして文書を編集します。

 

そして、赤丸部分の「テキスト」をクリック。

 

 

すると、こんな画面になりますので、赤枠のテキスト部分をコピーして、New Admanの編集画面に貼りつけます。

 

そうすれば、画像なども含めて全ての記事の末尾にこの文書が表示されるようになるわけです。

 

New Admanの使い方まとめ

 

このように、New Admanはメルマガの案内文を挿入するだけなら超簡単です。

 

それでいて、New Admanがあればメルマガ登録フォームの修正が気軽に行えるようになります。

 

New Admanはブログ運営上の手作業を減らす重要なプラグインですので、是非導入しておきましょう。

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

 

何か相談したいことがあれば、遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

コンテンツ一覧はこちら

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【おすすめ記事】

ネットで副業したい人が最初に読む記事