田村です。

 

  • あいつは構ってちゃんだから疲れるぜ!
  • こいつ本当に自分のことしか頭にないのな
  • あの人は人に何かもらっても絶対にお返ししないよね

 

こうしたことは、

人間関係あるあるですよね。

 

そんな時に、

「なんであの人は心が貧しいんだろう」

なんて思ったりもするでしょう。

 

と同時に、

「私は大丈夫だろうか・・・?」

なんて心配になったりもしますよね。

 

まあこの記事を書いている私自身も、

決して聖人君子ではありません。

 

なので、私自身が色々勉強してきた

成果をこの記事でシェアするという解釈で

続きをご覧いただけたらと思います。

 

また、この記事を読むことで、

あなたは「心が豊か」「心が貧しい」の

判断基準を得ることが出来ます。

 

と同時に、これからの生活上の

人間関係をよりよいものにする

ヒントも得られるはずです。

 

というわけで、今回は

「心が貧しい」「心が豊か」

とはどういうことかを

学んでいきましょう。

 

心が貧しい人の3つの特徴

 

「心が貧しい」の解釈は

人によって色々と分かれます。

 

今から解説するのは私の解釈ですが、

この解釈を身の回りに当てはめて

見ると色々と面白い発見があるでしょう。

 

心が貧しい人の特徴1・注目を引いたりエネルギーを奪うことを考えている

 

心が貧しい人って、いつも他人から

エネルギーを奪うことを考えています。

 

お金や労力はもちろん、

注目、関心、感謝なども

エネルギーの一種です。

 

そして、エネルギーを奪う言動は

具体的に以下のようなものが考えられます。

 

  • 構ってちゃん・・・常に誰かの注目を引いてないと病的に不安になる
  • 自慢話が多い・・・これも注目を引く(エネルギーを奪う)行動。注目を引けないと不機嫌になる
  • クレクレ君・・・アレもくれ、コレもくれと「くれ」しか言わない。無尽蔵に他人から労力や物品を奪う
  • 他人に仕事や責任をなすりつける・・・他人の労力を自分のために使おうとしている
  • 財布を忘れたフリをしておごってもらおうとする・・・他人のお金を自分のために使おうとしている

 

多分、これを見たらかなり共感して

いただけるのではないでしょうか。

 

お金、労力、注目、関心、感謝などを

エネルギーという抽象度の高い次元に

まとめて考えると、心が貧しい人は

エネルギーを奪う人だとまとめられますね。

 

心が貧しい人の特徴2・与えることより奪うことが多い

 

先ほど、心が貧しい人を

「エネルギーを奪う人」

と定義しました。

 

もちろん、その反対の

「エネルギーを与える人」

が心が豊かな人です。

 

もちろん、聖人君子でもない限り

人からエネルギーを奪うことが

一切ないなんてあり得ません。

 

私だって自慢話の1つくらい

今でもしたくなる時はあります。

 

なので、同じ人でもエネルギーを

与える時もあれば奪う時もあるわけです。

 

要は、「与える量」と「奪う量」の

差し引きで心の豊かさが決まると言えます。

 

ここで、あなたの身の回りで

心が貧しい人を思い浮かべてみてください。

 

「与える量」と「奪う量」を比べたら、

「奪う量」が圧倒的に多いはずです。

 

さて、理屈が分かったところで、

もう少し具体例を補強しましょう。

 

例えば、あなたの会社で営業成績

トップの人が表彰されたとします。

 

そして、あなたの同僚Aは

こんな言動をしたとしましょう。

 

「あんなヤツが何だって言うんだ。

ただゴマすりがうまいだけだろ!

どうせ裏で卑怯なことやってんだろうよ」

 

この同僚Aみたいに、誰かが褒められたり

認められてるのが気に入らない人っていますよね。

 

まず、素直に人を褒めたり祝福出来ないのは、

他人にエネルギーを与えることが出来ないということです。

 

さらにネガティブになってる

自分をアピールして“構ってちゃん”に

なっている可能性もあります。

 

こんな感じで身の回りの人を

分析すると、自分自身の振る舞いを

見直すきっかけにもなるでしょう。

 

心が貧しい人の特徴3・権利意識と被害者意識を持っている

 

心が貧しい人は「奪う量」が

「与える量」を上回っている

という話をしました。

 

そして、奪っても奪っても満足できなくて、

精神レベルが最低のところまで落ちきると、

心が貧しい人は権利意識と被害者意識を持つようになります。

 

それでは、権利意識と被害者意識を説明します。

 

  • 権利意識とは・・・相手がエネルギーをくれるのを「権利」だと勘違いしている
  • 被害者意識とは・・・相手がエネルギーをくれないことを「いじめ」や「裏切り」と解釈し、自分は被害者だと周りに向かって騒ぎ立てる

 

ひょっとしたらこの時点で、

「あー!いるいる!そういうヤツ!」

とピンときた人もいるでしょう。

 

ただ、まだまだ抽象的な説明なので、

もっと具体的に見ていきましょう。

 

まず、精神レベルが最低まで落ちきって

無尽蔵に人からエネルギーを奪う

「究極に心が貧しい人」を

「ブラック層」と呼ぶことにします。

 

※ブラック層の名前の由来は、ブラックホールから

 

で、ブラック層によく見られる

すごい特徴的な言動があるんですよ。

 

それは・・・

「そんな人やとは思わなかった!」

「どうして!?今まで○○してくれてたやん!」

この2つですね。

 

多分探せば他にもあるんでしょうけど、

上記の例は権利意識と被害者意識が

よくにじみ出ている言動ですよね。

 

さて、ここで具体例を補強しましょう。

 

私が昔働いていた福祉施設では、

ブラック層に属する職員が

ちらほらいました。

 

その中から一人選びますが、

ムラタさん(仮名)としておきましょう。

 

ムラタさんはかなり使い物にならない人で、

職場のほぼ全員から疎まれている存在でした。

 

それでいて、

「私は完璧に仕事をしているのにみんながいじめる!」

などと言うものだから、

余計にみんな苛立っていました。

 

で、毎回毎回ムラタさんをなだめたり

フォローしてくれている職員もいたんですよ。

 

ただ、ついにフォローしていた職員も

頭にきたのか、少しムラタさんを

叱った時の反応が以下です。

 

「優しい人やと思ってたのに!

そんな人やとは思わなかった!」

 

ムラタさんはどれだけ気を遣って

もらってたか理解出来ないんでしょうね。

 

このように、ブラック層は下手に

情けをかけると、こっちが疲れて

もう相手をしたくなくなった時に

恩を仇で返してきます。

 

なので、権利意識と被害者意識を

頻繁に感じさせる人はあまり

近づかない方がいいでしょう。

 

心が貧しくなる3つの原因とは

 

さて、ここまで

「心が貧しいとは」を

確認してきましたね。

 

それでは、

心が貧しくなる原因とは

一体何なのでしょうか?

 

現状の私の解釈では、

その原因は以下の要素で

大体は説明出来ると思います。

 

  • 欲求不満(承認欲求)
  • 依存心が強すぎる
  • エネルギー欠乏症

 

1つずつ説明します。

 

心が貧しくなる原因1・欲求不満(承認欲求)が強い

 

心が貧しくなる原因として

一般的なのは欲求不満ですね。

 

特に承認欲求が強くなり過ぎた人は

心が貧しくなりやすいです。

 

ちなみに承認欲求とは、

以下のような感情を指します。

 

  • 私を認めて!
  • 私を見て!
  • もっと褒めて!
  • もっと愛情をちょうだい!

 

こういった承認欲求が強すぎる人は、

成長する過程で十分な愛情を得られなかった

ケースが考えられますね。

 

ちなみに承認欲求をこじらせると、

「社会への復讐心」が芽生える

ケースが多いです。

 

  • 自分を評価しなかった人たち
  • 自分を負け組扱いする社会

 

こういったものに対して

密かに復讐心や劣等感を

持っている人は意外といます。

 

こうした承認欲求丸出しタイプの人は、

褒めたり甘やかせば満足するかと言えば、

多分満足しません。

 

根本の心の傷が治らない限り、

欲求が増大して

「もっと認めて!もっと褒めて!」

になる可能性が高いでしょう。

 

このタイプの人は、愛情を奪うよりも

愛することを何かの機会で覚えない限り、

人生を変えるのは難しいと思います。

 

心が貧しくなる原因2・依存心が強い

 

心が貧しくなる原因2つ目は、

依存心が強すぎることでしょう。

 

そういう人が身近にいると、

以下のような光景を見ることになります。

 

  • おいまたかよ!こないだも金貸しただろ!
  • おいまたかよ!こないだも教えただろ!
  • おいまたかよ!なんで毎回締め切り直前に頼ってくるんだよ!

 

ちなみにですが、こういう人は

誰かが助けてくれることを前提に

行動しているケースが非常に多いです。

 

ていうか、

それを当然と思っている

可能性すらあります。

 

いずれにせよ、このタイプは

かなりブラック層寄りな人です。

 

もしあなたが日常的に接する人で

このタイプがいたら、距離感を

ちょっと考えた方がいいですね。

 

あ、ちなみに助け合いと

依存は全く違いますよ。

 

誰とも助け合わずに

生きていける人なんて

一人もいませんからね。

 

一応、助け合いと依存の

違いをまとめておくと、

以下のような感じですね。

 

  • 助け合い・・・もらったエネルギーを別の形で相手に返す循環が出来ている
  • 依存・・・一方的にエネルギーをむしり取る

 

心が貧しくなる原因3・エネルギー欠乏症

 

これは誰しも経験があることですが、

精神的に落ち込むと誰かに慰めて

もらいたくなりますよね。

 

そして、元気な時だったらやらないような、

同情を誘う言動をしてしまった経験も

人間なら一度はあるはずです。

 

それ自体は人間だし仕方ありません。

 

ただ、仕事や勉強を常に頑張ることを

強要される現代社会において、

エネルギーが十分残っている人は

あまりいません。

 

やはりみんな疲れているので、

油断していると人からエネルギーを

奪う言動をしてしまうのです。

 

具体的には、

ヒステリーを起こしたり、

同情を引こうをしたり、

愚痴を言ったりすることです。

 

そして、そうした言動を

繰り返して習慣化してしまうと、

心が貧しい人になってしまいます。

 

言動の繰り返しは習慣化しますので、

心当たりがある人は注意しましょう。

 

ちなみに、習慣化についても

講座記事を書いております。

 

【参考記事】

習慣化のコツはたった1つ!~目標達成率をケタ違いに上げる記事

 

この記事を読んでもらえば、

「人からエネルギーを奪うこと」も

習慣化して膨らむことが分かるでしょう。

 

逆に、「1日に1回、誰かを褒める」などを

繰り返すだけでも、心が豊かになる

習慣を作ることが出来ます。

 

習慣化のノウハウは

このように汎用性が高いので、

是非活用してみましょう。

 

心が貧しい人が偽善に走る時の心理

 

人間は、よほど気を付けてないと

隙あらば人からエネルギーを

奪おうとしてしまいます。

 

それは私も同じなので、

気を付けないといけないところです。

 

さて、心が貧しい、あるいは一時的に

エネルギーが足りなくなった人は、

時として偽善に走ることがあります。

 

特にその現象は災害が

起きた時によく見られます。

 

具体的には、以下のような現象です。

 

  • 個人からの支援物資を受け付けてないのに送りつける
  • 穴の空いた古着、消費期限切れの缶詰などを現地に送りつける
  • ボランティアが被災地で無料の宿や食事を要求
  • 「心のケアをします」という目的で現地に入る

 

これはね、全て無意識に

「エネルギーを奪いたい」

と思っているからやる行動です。

 

まず、不用品を送りつける行為ですが、

これは「支援物資を送ってやったぞ!」

と周囲に自慢していると思われます。

 

それか、そういう人は

「さぞ被災者は有り難く受け取っているだろう」

と想像することで、

自分のエネルギーを

回復させているのでしょう。

 

実際の被災者はただでさえ大変な時に、

不用品の検品仕分けで物理的に、

そして怒りを抑えることで精神的に

エネルギーを消耗します。

 

なので、不用品を送りつける行為は、

紛れもなく「被災地のエネルギーを奪う行為」です。

 

次に、ボランティアが現地で無料の宿や

食事を要求するパターンを説明します。

 

これは、手ぶらでフラっと行って

食事や宿を無料で世話してもらい、

ちょっと被災者と話をしただけで

感謝してもらおうとする行為です。

 

「どんだけ被災者からエネルギーを強奪したいんだよ」

と思ってしまいますね。

 

最後に、「心のケアします」という

ボランティアについて説明します。

 

東日本大震災の時、「心のケアします」

「お話します」という目的で

現地入りする人が多かったそうです。

 

そして福島の避難所では

「心のケアお断り」

看板が出る始末だったとか。

 

これは結局、瓦礫の撤去作業とか

きつい作業はやりたくないけど

感謝に飢えているわけです。

 

つまり、これも立派な

「エネルギーを奪う行為」です。

 

というか、「心のケアお断り」

なんて言われる時点で、被災者から

「エネルギーを奪われている」

認識されていることは間違いないでしょう。

 

で、厄介なのはこうした被災地から

エネルギーを奪いたい人たちは

「やらない善よりやる偽善」

旗印に自分勝手な活動をすることです。

 

そしてそういう人たちは

期待していた感謝が得られないと、

今度はSNSで暴れて気を引こうとします。

 

彼らは、被災地からエネルギーを

もらい損ねた分をネットから

もらおうとしているわけです。

 

こうやってエネルギーという視点で

分析すると、災害時にSNSが

荒れるのも納得できますね。

 

まあボランティアに限らないことですが、

「感謝されないと腹が立つ」時点で

相手のためではなくて自分のために

やっている行動だと思った方がいいですね。

 

心の貧しさを改善する2つの方法

 

さて、心が貧しくなることで

どんな言動が引き起こされるのか、

大分理解が深まったでしょう。

 

それでは、自分の心を豊かにするためには、

どのような心掛けをすればいいのでしょうか。

 

おすすめの方法は2つあります。

 

  • 心が豊かな人と親しくなる
  • 1日1回、他人のためにエネルギーを使う

 

1つずつ確認していきましょう。

 

心の貧しさを改善する方法1・心が豊かな人と親しくなる

 

「心が豊かな人と親しくなる」

というのが、一番手っ取り早い方法です。

 

というのも、人は一緒にいる人の

思考の影響を受けるからです。

 

そして、心が豊かな人は基本的に

ネガティブな言動が少ないし、

嫌なことがあった時も思考を

素早く切り替えます。

 

そういうちょっとした思考が

少しずつ自分にもインストール

されてくるので、自分を変えたければ

付き合う人を変えるのが一番早いのです。

 

もちろん、相手が自分を変えてくれることを

一方的に期待して近寄っていってはいけません。

 

相手のいいところを主体的に

吸収するんだという成長意識を持って、

話しかけましょう。

 

参考までに、こういう人が

おすすめというのを挙げておきます。

 

  • 自然体で親切が出来る人
  • 聞き上手な人
  • 他人を素直に褒めたり祝福できる人
  • 人の悪口を言わず、愚痴大会に参加しない人
  • 何か頼むと嫌な顔1つせずに笑顔でさわやかに引き受ける人
  • いつもにこやかで、その人が来ると場の雰囲気がちょっと明るくなる人

 

こういうのは、「心の豊かさ」が

かなり分かりやすく現れていると言えるでしょう。

 

心の貧しさを改善する方法2・1日1回、他人のためにエネルギーを使う

 

記事の前半でも言いましたが、

「与える量」が「奪う量」を

上回っている人が「心が豊かな人」です。

 

ということは、誰かにエネルギーを

与える行為を少しずつ習慣化していく

ことで心が豊かな人に近づけます。

 

【参考記事】

習慣化のコツはたった1つ!~目標達成率をケタ違いに上げる記事

 

習慣化は先ほども少し触れましたが、

小さな行動を繰り返すとそれは

習慣として定着するのです。

 

というわけで、上記の記事を参考に

小さな習慣を実践してみましょう。

 

具体的に考えられる小さな行動を挙げておきます。

 

  • 1日1回、誰かを褒める。口に出すのが難しければ心の中で褒める。
  • 1日1回、誰かに笑顔を振りまいてみる

 

このくらいが、失敗しにくくて

いいんじゃないでしょうか。

 

少しずついい習慣が出来てきたら、

次は「聞き上手」を意識してみましょう。

 

聞き上手は「注目・関心」という形で

相手にエネルギーを与えるのが上手な人です。

 

また、相手のことを考える余裕が

ないと聞き上手は実践できません。

 

まあ、聞き上手はかなり上位の習慣なので、

いきなり挑戦せずに最初は

小さなところから始めましょう。

 

ただ、ブラック層は一度関係が出来ると、

延々とエネルギーをたかってきます。

 

そして我慢の限界がきて拒絶をすると、

ブラック層はそれを裏切りと称して

周囲に騒ぎ立てます。

 

なので、エネルギーを注ぐ相手は

選んだ方がいいでしょう。

 

心の豊かさとビジネスの関係とは

 

このブログは、

ネットを使った稼ぎ方である

ネットビジネスを教えるブログです。

 

【参考記事】

ネットビジネスとは?初心者が取り組むべきおすすめのビジネスモデルも解説!

 

で、今回の講座内容は

私がビジネスに関する勉強を

している中で知った理論を

もとに書いています。

 

つまり、心の豊かさと

ビジネスは関係があるんです。

 

一番影響が出てくるのがプロフィールで、

以下のようなメッセージを出すと

承認欲求に飢えた人が反応します。

 

  • 今まであなたをバカにした連中を見返してやりましょう!
  • 月収○○万円稼いで周囲に見せつけてやりましょう!

 

で、承認欲求が強い人が身近にいれば

分かってもらえるでしょうけど、

そういう人って自分のことしか

頭にないことが多いです。

 

なので、そういう人がいっぱい

集まってくると相当疲れます。

 

このように、自分の精神レベルを

反映した相手が集まってくるので、

発するメッセージは気をつけないと

いけないのです。

 

まとめ

 

さて、「心の豊かさ」の講座はいかがでしたか?

 

「エネルギー」という分析軸を持つと、

日々の人間関係が面白い観察対象になるはずです。

 

それでは今日はこの辺りで失礼します。

 

何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

コンテンツ一覧はこちら

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 1日10人しか来ないブログでも日給2万円稼げる弱小ブログ運営術
  • パソコンが苦手でプログラミングもデザインも分からなくてもネットで稼げる仕組みの構築法
  • セールスの知識がなくても商品が売れてしまう、誰でもすぐに使えるセールステク
  • 1日1~2時間の作業で脱サラしノマドワーカーになれる世界一自由なビジネス
  • ネットを使い、たった半年でサラリーマンの平均年収以上を稼ぐためのブログ運営法
  • 年収億プレーヤーから学んだ、今すぐ実践可能なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに登録していただけると、こちらから折り返しメールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

【メルマガ登録はこちらから】

※返信が迷惑メールに入っている、またはメールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。