田村です。

 

よく、成功者はみんな

プラス思考だと言われますよね。

 

しかし、以下のような

いわゆる「間違ったプラス思考」に

陥る人が後を絶ちません。

 

  • 告白したけどフラれた・・・あいつは人を見る目がなかったんだな
  • なんか商品が売れなかった・・・この商品のよさが分からないなんて、あいつは所詮センスがないんだ
  • 自分がリーダーを務めたプロジェクト、チームが全然まとまらなかった。あいつらはやる気がなさすぎた

 

こういうのは、

ただの現実逃避と

責任転嫁ですので、

勘違いしないようにしましょう。

 

それでは、本当のプラス思考とは、

一体どんなものなのでしょうか。

 

今回は、ネットビジネス

成果を出すためのプラス思考に

ついて説明していきます。

 

この記事の内容を実践することで、

あなたの成長スピードが倍くらい違ってくるので、

しっかり学んでいきましょう。

 

プラス思考になるための技術

 

 

プラス思考を作るのに

とても有効な技術があります。

 

それは「再定義」です。

 

再定義とは、ネガティブな出来事を

ポジティブに定義し直すことを言います。

 

例えば、以下のような感じですね。

 

  • 昨日のトラブルは本当に災難だった・・・トラブルを「災難」と定義づけている
  • 昨日のトラブルのおかげで、仕事の改善のヒントが得られた!・・・トラブルを「教訓」と再定義している

 

こういったポジティブな

再定義はプラス思考の基本なので、

日常で色々と実践してみましょう。

 

さて、一見すると災難に見える出来事は、

次のように色々あると思います。

 

  • 事故
  • 失敗
  • 失恋
  • トラブル

 

これらをプラスに再定義するためには、

説得力のあるロジックが必要です。

 

例えば、「昨日はトラブルがあったから

何か嬉しい!」ではただの変態ですw

 

「トラブルがあったけど、

○○という学びが得られた、

だから有意義な経験が出来て嬉しい」

 

ここまでロジックがしっかりしていれば、

「さすがプラス思考の○○さん!」

となりますよね。

 

このように、

ちょっと普通と違う定義をする際は、

ロジックがあるかないかが重要なのです。

 

ロジックなしで異様な定義を

することは狂気と呼びます。

 

ここで言う「狂気」の具体例を挙げると、

ギャンブル依存症などがそうですね。

 

全員とは言いませんが、

ギャンブル依存症の人はギャンブルを

「投資」と定義する傾向があります。

 

ガチで投資家レベルでリスク管理を

しているプロギャンブラーと、依存症の人を

分ける境目が「ロジックがあるかどうか」

だとお分かりいただけるでしょうか。

 

話を戻すと、災難やトラブルを

プラスに再定義する際は、

第三者も納得するような

ロジックを考えてみましょう。

 

この思考のトレーニングをすることで、

少しずつプラス思考に近づいていけます。

 

プラス思考をする技術の適用例

 

さて、プラス思考の原則を

学んだところで、具体例で

理解を補強していきましょう。

 

成功者はほぼ例外なくプラスの

再定義をする習慣があるもの

ですが、エジソンが特に分かり

やすいので取り上げます。

 

エジソンとは、電球を発明した

あのトーマス・エジソンのことです。

 

あなたもご存知かもしれませんが、

エジソンは電球を発明する過程で

1万回失敗したと言われています。

 

しかし、エジソン本人は

「私は失敗など一度もしていない」

と語っているのです。

 

実験したけど電球が光らなかった・・・

 

まあ普通に考えたら、

それは「失敗」ですよね?

 

先ほど述べたように、「ロジック」もなしに

「私は失敗していない!」と強がっても、

「往生際が悪いぞw」とバカにされるだけです。

 

それでは、エジソンは

なぜ「失敗ではない」

と言ったのでしょうか?

 

本人の言葉を借りると、

「私は電球が光らない方法を1万通り発見しただけだ」

だそうです。

 

確かに、

「失敗は成功の母」

と言いますね。

 

つまり、エジソンにとって実験の

失敗は「発見」だというわけです。

 

この考え方は恐ろしく

応用範囲が広く、

ほとんどの勉強や仕事、

作業に適用できます。

 

  • 今日もセールスに失敗した・・・売れないトークのパターンが分かった
  • 今回の恋も実らなかった・・・「フラれ方」が分かった
  • 余計なことを言って同僚を怒らせてしまった・・・身をもって「嫌われるトーク」を理解できた

 

このように、何かうまくいかない時は

自分を改善するチャンスにつながります。

 

まずは

「またかよ、ツイてないな」

と思う前に、

「この経験に学びというラベルを貼れないだろうか」

と考えてみましょう。

 

ちなみに、私はネットで副業をする

ネットビジネスについて教えて

いますが、ネットビジネスでも同じです。

 

【参考記事】

ネットで副業したい人が最初に読む記事

 

コンサル生の中には添削を怖がる人も

いますが、そういう人はアドバイスに対して

「ダメ出し」というマイナスの定義をします。

 

さらに自己評価が低い人になると、

「自分に対する否定」という極端に

マイナスの定義をする人もたまにいます。

 

「え?何でそれを自分への否定と取るの!?」

という反応に出くわした経験は、

あなたもお持ちではないでしょうか。

 

話を戻すと、ブログ記事の添削をして、

何か指摘された時に「失敗」と解釈すると

いいことがありません。

 

というのも、「また読者の反応が取れないことを

書いてしまった。やっぱり私はダメなんだ」

みたいなさらにネガティブな感情がわきます。

 

そうではなくて、エジソン式に

「反応が取れない書き方が分かったぞ!」

と考えれば、指摘されても精神的に

ダメージを受ける要素がありません。

 

このように、何事もラベリングの

習慣1つでモチベーションや

継続力が全く違ってきます。

 

何かうまくいかない、

あるいはアドバイスされた時は

「学びのチャンス」と再定義する

努力をしてみましょう。

 

人間関係のイライラを減らすプラス思考

 

 

さて、先ほどは再定義の技術で

作業や勉強を前向きにやっていく

方法をお伝えしました。

 

今度は、もっと大きな視点で、

日常のイライラを減らす

再定義の使い方を説明します。

 

それはズバリ、人間関係の

イライラを減らす方法です。

 

どうすればいいかと言うと、

  1. 人間関係を学ぶことの意味づけをする
  2. 人間関係を分析する理論を最低1つは知っておく
  3. すると周囲の人間関係が生きた学びに再定義される

こういう手順です。

 

それでは、1つずつ解説していきます。

 

人間関係のイライラを減らす手順1、人間関係を学ぶことの意味づけをする

 

まず、人間関係を考察して

学ぶことにメリットがなければ、

学ぶ気も起きません。

 

なので、人間関係を学ぼうと

思ったことがない場合は、

人間関係を学ぶことの

必要性を考える必要があります。

 

私の場合は、ブログビジネスで

収益を出していくために

「人間」に対する理解や考察を

深める必要がありました。

 

なぜなら、成約を出すための

コピーライティングという技術は、

コミュニケーションそのものだからです。

 

  • 人間はどういう言葉をかけられるとどういう反応をするか
  • 人間が商品の購入を決定するに至る心理プロセスはどういうものか
  • 人間の性格の分類と、それぞれの反応しやすい言葉とは

 

こういったことを日々考えて

思考の訓練をしないと、

人の心に響くセールスが出来ません。

 

なので、私にとって人間関係の

勉強はビジネスの勉強の一部だったのです。

 

また、私のようなブロガーの他にも、

人間関係の勉強が収入に直結する

人はたくさんいます。

 

  • 営業マン・・・「自分を売り込む」が出来ないと収入は伸ばせない
  • フリーランス、自由業の人・・・お得意様を囲う対人スキルは必須

 

このように、人間関係を学ぶことと

金銭的なメリットが結びつけば、

人間関係を勉強する理由が出来るはずです。

 

もちろん、以下のような意味づけでも

人間関係を学ぶ理由としては十分です。

 

  • 単純に人間関係に悩んでいる
  • もっと実りある人間関係を築きたい

 

こうして、人間関係を学ぶ

必要性が自分の中で出来たら、

次の段階に進みます。

 

人間関係のイライラを減らす手順2、人間関係を分析する理論を最低1つは知っておく

 

先ほどの手順1を経て、

人間関係をまなぶ必要性が

自分の中で出来ました。

 

しかし、

「人間関係なんて抽象的なもの、

何をどうやって学ぶの?」

という当然の疑問がわきます。

 

なので、人間関係を分析する

分析軸や理論が必要になってくるわけです。

 

こうした分析軸や理論は

実にたくさんあるので、

好きなのを選んでいいでしょう。

 

例えば、デール・カーネギーの

「人を動かす」という本は

超有名ですよね。

 

「人を動かす」を読むだけで、

「なるほど、さっき○○さんが言った言葉が

自己の重要感を与える発言か・・・」

という具合で日常を分析できるようになります。

 

ちなみに、このブログでも

人間関係の理論に関する

講座記事を書いています。

 

【参考記事】

エネルギーを与える人、奪う人

 

「エネルギーって何?」

とあなたは思ったでしょう。

 

これは簡単な話で、

愚痴に散々付き合わされると

一気にエネルギーを吸われた

感じがしますよね?

 

上記の記事は、

まさにそういう意味での

エネルギーの話です。

 

このエネルギー論を知っておくと、

人間関係をかなりシンプルに

分析することが出来ますよ。

 

人間関係のイライラを減らす手順3、周囲の人間関係を生きた学びと再定義する

 

さて、手順1と手順2が終わると、

後は勝手に日常の現象が

学びに変わっていきます。

 

【参考記事】

エネルギーを与える人、奪う人

 

特にこのエネルギー論を知っていると、

「エネルギーを奪う行動」の

具体例がめちゃくちゃ集まります。

 

なぜなら、人間関係でイラっとする時は

ほぼ全てのケースで「エネルギーを奪われた時」だからです。

 

逆に、相手に対する好感度が上がる瞬間って、

ほぼ全てのケースが「エネルギーをもらった時」です。

 

このような感じで、嫌なことを学びに

再定義出来る状態を整えておくと、

その出来事にプラスの意味が生じます。

 

もちろん、私だって

どんなに再定義しても

その場ではイラっとします。

 

しかし、プラスの

意味づけが生じる分、

ストレスは減るのです。

 

その上、人間関係への理解を深める事で、

よりよい人間関係を築くことも出来ます。

 

このように、再定義の手法を

人間関係に応用するといいことが

たくさんあるので、是非実践してみましょう。

 

ビジネスを成功させるプラス思考 まとめ

 

 

ここまでをまとめると、

以下のようになります。

 

  • 再定義の技術はプラス思考の基本
  • 通常と違う定義には「ロジック」が必要
  • 再定義を使うことで勉強や作業に前向きに取り組める
  • 人間関係に再定義を応用して日常のストレスを減らせる

 

今回話した内容は、

特にビジネスで成功するために

必要なことばかりです。

 

今日から再定義を使いこなして、

プラス思考の基礎を作っていきましょう。

 

また、私はネットでの

副業の実践を教えています。

 

【参考記事】

ネットで副業したい人が最初に読む記事

 

本業にプラスアルファで

副収入が欲しいのなら、

是非参考にしてください。

 

また、何か相談したいことがあれば、

遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

コンテンツ一覧はこちら

 

それでは今回はこのあたりで失礼します。

 

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 1日10人しか来ないブログでも日給2万円稼げる弱小ブログ運営術
  • パソコンが苦手でプログラミングもデザインも分からなくてもネットで稼げる仕組みの構築法
  • セールスの知識がなくても商品が売れてしまう、誰でもすぐに使えるセールステク
  • 1日1~2時間の作業で脱サラしノマドワーカーになれる世界一自由なビジネス
  • ネットを使い、たった半年でサラリーマンの平均年収以上を稼ぐためのブログ運営法
  • 年収億プレーヤーから学んだ、今すぐ実践可能なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに登録していただけると、こちらから折り返しメールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

【メルマガ登録はこちらから】

※返信が迷惑メールに入っている、またはメールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。