初めまして、田村です。

 

私は手取り13万円のお先真っ暗なアラサーでしたが、パソコン1台で収益を出せるようになり、自由にできるお金と時間が増えました。

 

「いきなり自慢かよ」

 

と思われたかもしれませんが、私は自分だけ稼げればいいという気持ちでブログをやっているわけではありません。

 

クライアントに稼いでもらい、自分らしい生き方を実現して欲しいのです。

 

つまり、稼いだお金で何をしたいのかも重要になってきます。

 

  • 高級車を乗り回してやるぜ
  • ブランド品を買いあさってやるぜ
  • 高級料理を食いまくってSNSで自慢してやるぜ

 

まあ気持ちは分かりますが、出来ればそういう他人の目を意識した動機は卒業して欲しいと思います。

 

というのも、好きでもない高級車を乗り回したりして贅沢三昧をしても虚しいだけです。

※もちろん、車が本当に好きだとか、シャネルを本当に愛しているのなら構わないんですが

 

自分が本当に好きなこと、本当にやりたいことに時間とお金を全力投球すること。

 

そうやって自分が望む生き方を手に入れて欲しいんですね。

 

そしてネットビジネスにはそのような人生を実現させる力があります。

 

なぜなら、正しくネットビジネスを学べばパソコン1台で独立して生きていけるからです。

 

ですので、このブログを通してあなたにもネットビジネスを学んでいただきたいと思います。

 

さて、ここでは自己紹介を兼ねて、私が何のためにビジネスをやっているのかをお話したいと思います。

 

しばしお付き合いいただけたら幸いです。

 

最初は稼ぎたい一心でビジネスを始めました

 

 

 

私は学歴だけは高い人間で、旧帝大の1つを出ています。

※旧帝大とは、東大、京大を含む7つの難関国立大学のこと

 

よくも悪くも、この学歴が私の人生に色々と関わってくることになったのです。

 

まず、就職活動で失敗しました。

 

「あえてベンチャー企業に行く俺カッコイイ」くらいのミーハーなノリでベンチャー企業に就職してしまったのです。

 

そして絵に描いた様なブラック社畜生活に耐えかねて、わずか半年でその会社を辞めることになります。

 

ここでようやく、「新卒」という二度と使えないカードを切ってしまったことの重大性に気付きました。

 

しかし、時すでに遅し。

 

どうするべきか次の行動のプランを立てられず、フリーターとして時間を無駄にします。

 

ただ、実家には中々帰れませんでした。

 

というのも、旧帝大まで出ているのに、プー太郎になって帰ってくるなんて嫌だというプライドがあったのです。

 

しかし、再就職活動もうまくいかずに資金も尽きていき、いよいよ限界かという時に親から電話がかかってきました。

 

「もう疲れたやろ?帰ってきなよ」

 

この一言で、私の中で何か緊張の糸のようなものが切れました。

 

そして電話を切ったあと、泣いてしまったのです。

 

まあ何ともみっともない話です。

 

さて、私は実家に戻ってからも、学歴に対するプライドだけは中々捨てきることができません。

 

そうこうするうちに、いよいよ就職も絶望的になり、父に家を追い出されそうになります。

 

そういう事情で私が飛び込んだのが介護業界だったのです。

 

そして、私は介護業界の救いのなさを知りました。

 

  • 60代になろうが手取り10~13万円は当たり前
  • 正社員を何年やろうが昇給なしは当たり前
  • 正社員でもボーナスなど存在しない
  • 老人の暴言暴力は想像をはるかに超えて凄まじい
  • 介護士に人権は存在しない

※全ての施設がそうだとまでは言いませんけどね・・・

 

介護の現場はまさにこの世の地獄に見えました。

 

「こんな業界に長居はできない」

 

そう悟った私は、必死で稼ぐ方法を探しまくったのです。

 

そして、ブログを使って稼ぐビジネスを教えてくれる師匠と出会いました。

 

そういうわけで私も最初は、「金!金!金!」状態でビジネスをスタートしたのです。

 

ブログの目的が変わった瞬間

 

 

幸いにも、1人目でいきなり師匠と呼べる人と出会えました。

 

何人もコンサルを受けてようやく師匠に出会えた人と比べると、私は運が良かったかもしれません。

 

さて、ネットビジネスを始めたものの、初めて商材のお問い合わせが来た時はかなり緊張しました。

 

その時も、師匠がどんなことを返信したらいいのか丁寧に教えてくれたので、ついに初めて商材が売れたんです。

 

「やった・・・!ついに売れた・・・!」

 

もう本当にお先真っ暗な状態で、勇気を出してコンサル料も払い、不安と戦っていた中での初めての成約でした。

 

そして、今までのみじめな人生を脱出する糸口がつかめたんです。

 

この嬉しさは今でも忘れてません。

 

その後は、ひたすら記事を書いては商材を売ることを繰り返しました。

 

当時は、収入が伸びていくのがただ嬉しかったんですね。

 

そんな中、こんなメッセージが届きました。

 

「田村さんのおかげで、初めてネットで稼げました!」

 

その時、ハッとしたんです。

 

「そう言えば売ることしか考えてなかったな・・・」

 

いやもちろん、特典でサポートをつけている以上は来たメールには真面目に返信していました。

 

しかし、本当の意味で読者というかお客さんに対して親身になっていなかった。

 

また、このメッセージをくれた人はあの時の私と同じだったからこそ、ハッと気づくことが出来たのです。

 

「ああそうか、こうやって行き詰った人生を変えるきっかけを作る。自分はそのためにブログをやってるんだな」

 

その時から、ブログをやる目的も変わりました。

 

  • 前:売り上げを上げる
  • 後:サポート生に成果を出して喜んでもらう

 

このくらい、目的が変わったんです。

 

不思議なもので、そういう気持ちでやっていると、感謝の言葉が寄せられることも多くなりました。

 

「やっと稼げました!」と聞く度に、嬉しさが込み上げてくるのです。

 

今では、こうやってお客さんに喜んでもらうことがビジネスで一番大事だとしみじみ思います。

 

でも、ネットビジネスって難しいんでしょ?

 

ここであなたは、

 

「確かに指導を受けてうまくいった人もいるかもしれないけどさあ・・・」

「そうは言ってもネットで稼ぐなんてそんな簡単じゃないんでしょ?」

「私にも本当に出来るのかな?」

 

と思ったことでしょう。

 

確かに、ネットで稼ぐために習得すべき知識や技術が色々あります。

 

ただ、ちょっとしたことを「知っているか知らないか」だけで大きな差が出るのも事実です。

 

例えば、以下の様な文章がTwitterで拡散されているのを見かけました。

 

説教臭くなりますが、「高いサービスを安い工賃でやって欲しい」という甘い考えは捨ててください。

 

その考えは自分もバイク屋も嫌な思いしかせず誰も得しません。

 

「それでも工賃はあまり払いたくない」と思うなら、自分で整備するようにしましょう。

 

今はネットで調べれば先人たちがやり方を色々と親切に説明してくれています。

 

構造にも詳しくなれるからスキルアップにもなる。

 

でもやってみたら恐らくこう思うはずです。

 

「次はバイク屋に頼もう」

 

そういう割に合わない作業をバイク屋は素性が知れない他人のバイク相手に毎日やってるんです。

Twitterより引用)

 

私はバイクには興味ありませんが、このツイートが肝心のターゲットの反感を買うことは分かります。

 

というわけで、あるライティングテクニックを駆使してこの文章を書き直してみました。

 

良い例

いつも気持ちよく当店をご利用いただきありがとうございます。(訳:みんな気持ちのいい取引をしてくれますよ)

 

お客様の大切なバイクを万全に整備したい・・・

 

その気持ちが多くのお客様に伝わり、決して技術料が安いとは言えない当店もこうして営業を続けていられます。(訳:みんな技術料が高い理由を理解し、きちんとお金払ってますよ)

 

また、どのようなバイクが来ても対応可能なのは、ひとえに当店の職人たちが日々、お客様のために技術と知識を磨いているからです。

 

このような職人たちの努力や気持ちをご理解いただけていること、誠に嬉しく思います。(訳:みんな職人たちの努力や情熱に理解を示してますよ)

 

どうかこれからも変わらぬご愛顧、お願いいたします。

 

同じメッセージを伝えていても、印象が180度違うのが伝わったでしょうか?

 

この例文で使ったのは、「社会的証明」という初歩的なテクニックです。

 

要するに、「みんな○○やってますよ」と言うのが一番カドを立てずに相手に要求を伝える言い方なのです。

 

このように、「ちょっとした知識」1つで、相手からの共感や協力を引き出しやすくなったりします。

 

ネットで稼ぐための知識の1つ1つは、このくらいの「ちょっとしたこと」なので、継続力さえあれば誰にも成功できる可能性は十分にあるのです。

 

自由になるための稼ぎ方

 

 

さて、私はあなたにネットで稼げるようになって欲しいのはもちろんですが、自由をつかんで欲しいとも思っています。

 

というわけで、自由になるための稼ぎ方について考えてみましょう。

 

まず、とある有名な起業スクールの講師が言っていた言葉を引用します。

 

働くからお金くださいは素人。

価値を提供するからお金くださいがプロ。

 

この言葉はネットビジネスでもそのまま当てはまるんですね。

 

というか、雇われて働いていると時間がなくなる一方でまるで豊かにならないのはなぜだと思いますか?

 

それは、「働いている時間しか価値が発生しないから」です。

 

例えばコンビニのバイトなら、コンビニで勤務していない時間で価値を発生させるのは不可能です。

 

雇われて働く仕事のほぼ全ては、原理的にはコンビニバイトと同じで、勤務している時間しか価値を提供出来ません。

 

それでは、働かずに価値を発生させる方法はあるのでしょうか?

 

実はそれがあるのです。

 

例えば、ブログって私が寝ている間も検索エンジンから勝手に集客してくれますよね。

 

そして読者は私のブログを読んで色々と感じるわけです。

 

時には、「分かりやすくて参考になりました!ありがとうございます」なんてメッセージも来ます。

 

つまり、私が働いてない時間も、このブログは読者に価値を提供出来ているわけです。

 

このようにブログというツールは何度でも違う人に価値を提供できます。

 

だからこそ、ブロガーは肉体の限界を超えて価値を提供でき、時給労働以上に稼げるわけです。

 

要するに、自分に代わって働いてくれる仕組みを作っていきましょう。

 

「いや、そんな仕組みの作り方が分かればとっくにやってるよ・・・」

 

まあ、そりゃそうですよね。

 

でも、焦らず1つずつ知識をつけていけば、特別な才能がなくてもそういう仕組みを作ることは出来ます。

 

「自分もそういう仕組みを作りたい!」

 

そう思っていただけたのなら、以下の記事が勉強になるはずです。

 

【参考記事】

知識ゼロの初心者がPC1台で稼げるようになるまでの道のり

 

最後に

 

 

ここまでお話したように、私の半生はみっともないものでした。

 

だからこそ、ネットビジネスに救いを求める人たちの気持ちは誰よりも理解しているつもりです。

 

もちろん、私は1クリックで月収100万円を保証出来る神ではありません。

 

ネットで稼げるようになるまでは、泥臭い作業や努力も必要です。

 

しかし、「それでも人生を変えたい!」と本気で思っている人は仲間として接したいと思っています。

 

そして、会社に束縛されない自由な人生を送る仲間を増やしたいです。

 

また、メルマガではブログよりもさらに突っ込んだ内容や、濃いテクニックをお話しています。

 

メルマガ登録はこちら

 

このメルマガは、きっとあなたの役に立つはずです。

 

もし、ネットで稼ぐにあたって何から始めたらいいのか分からなかったら、私が相談に乗ります。

 

田村にメッセージを送る

 

いつでもご連絡くださいね。