初めまして、田村です。

 

私は現在、バンドや作曲、動画制作などを楽しみながらマイペースにブログを更新して生活しています。

 

あ、訂正、動画制作や作曲をやる時は鬼のような形相になっている時もあります(笑)

 

まあこのように好きなことを全力でやっているわけですが、自分だけ稼げればいいという気持ちでサポートをやっているわけではありません。

 

クライアントに稼いでもらい、自分らしい生き方を実現して欲しいのです。

 

つまり、稼いだお金で何をしたいのかも重要になってきます。

 

  • 高級車を乗り回してやるぜ
  • ブランド品を買いあさってやるぜ
  • 高級料理を食いまくってSNSで自慢してやるぜ

 

まあ気持ちは分かりますが、出来ればそういう他人の目を意識した動機は卒業して欲しいと思います。

 

というのも、好きでもない高級車を乗り回したりして贅沢三昧をしても虚しいだけです。

※もちろん、車が本当に好きだとか、シャネルを本当に愛しているのなら構わないんですが

 

自分が本当に好きなこと、本当にやりたいことに時間とお金を全力投球すること。

 

そうやって自分が望む生き方を手に入れて欲しいんですね。

 

そしてネットビジネスにはそのような人生を実現させる力があります。

 

なぜなら、正しくネットビジネスを学べばパソコン1台で独立して生きていけるからです。

 

ですので、このブログを通してあなたにもネットビジネスを学んでいただきたいと思います。

 

さて、ここでは自己紹介も兼ねて、私がなぜネットビジネスに取り組むと決めたのかをお話しします。

 

しばしお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

学生時代の私

 

 

父親が国立大卒の高校教師、母親が早稲田卒という結構お堅い家庭で私は育ちました。

 

小学校高学年の時点で中学受験の塾に行かされていましたが、それを全く疑問に思うこともないくらい「受験」は空気のように当たり前でした。

 

まあ、両親とも団塊世代の「いい大学を出て、いい会社で定年まで頑張る、それが人生」という価値観の直撃世代でしたからね。

 

そんな教育熱心な両親の甲斐あって、私は地元の中高一貫の進学校に進学しました。

 

これで大学受験までの6年、「受験」から解放された私は部活とゲーム三昧で、成績もみるみる下がっていったもんです。(どうでもいいですがFF6は神作でしたね ^ ^)

 

さて、私は部活や友人の影響で、高校卒業後は音楽専門学校に行きたいと思うようになりました。

 

しかし、専門学校に行きたいと言い出すと当然父は怒るわけです。

 

まあ、父にとっては息子がユーチューバーになりたいと言い出したのとレベルが変わりませんからね(笑)

 

そりゃあ父も全力で止めるでしょう。

 

でも、夢を壊されたように感じて何か悔しかったんですよ。

 

その悔しさをバネに、なぜか某難関国立大学の受験を決意しました。

 

ちなみにその大学は旧帝大の1つです。

※旧帝大とは、大日本帝国時代に作られた7つの帝国大学を指します。

現在の東大、京大、阪大を含む。

 

何か、中高6年間で自分が頑張った証のようなものが欲しかったんでしょうね。

 

そんな感じのことを考えてたのをうっすらと覚えています。

 

で、一回浪人して本当に第一志望の大学に入れたんですよ。

 

ただ、大学入学後に盛大に目的を見失ってフラフラしてました。

 

そして目的を見失った私は、別人のように主体性をなくしてしまったんですね。

 

大学受験をやってた頃は目標がハッキリしたこともあって、仲間内でもリーダーポジションになるくらい主体的だったんですけどね。

 

そうこうするうちに、私はとある企業関係のイベントスタッフをすることになりました。

 

どんなイベントかと言うと、ベンチャー企業の合同企業説明会みたいなものです。

 

そして懇親会ではベンチャー企業の社長や幹部に囲まれるという割と貴重な経験も出来たんですね。

 

この時、とあるITベンチャーの社長に声をかけられた縁があって、私は結局そこに内定が決まりました。

 

普通の感覚なら、上場企業を余裕で狙えるポジションを捨てるわけです。

 

当然、そういうことをするには何か特別な目的意識が必要となります。

 

しかし私は、「ITベンチャー何かかっこいい」くらいしか考えてなかったですね。

 

主体性をなくしてダラダラと4年間もぬるま湯につかることで、「適当に生きてても人生何とかなる」くらいに人生を舐めてしまったわけですね。

 

初めてのブラック企業

 

 

さて、「あえてベンチャーに行く俺、カッコイイ」みたいな救いようのないミーハーなノリで、ブラックなITベンチャーに就職してしまいました。

 

いやまあ、真剣に進路を考えなかった自分が悪いのですが、ブラック企業とはこうも清々しく法律を破るものだとは知りませんでした。

 

例えば、初月から毎日終電で帰る生活でしたが、勤怠記録に「残業ゼロ」って書かれてたんですよ。

 

当然、そのことを上司に相談してみました。

 

で、上司との細かいやり取りは記憶がはっきりしませんが、「は?俺に面倒かけんじゃねーよ」みたいな邪険な雰囲気だったのは覚えています。

 

明らかに違法な扱いを受けているのは分かりましたが、それを行動に起こせるかはまた別です。

 

仕事の方では

「自分で考えろ!」

「勝手なことをするな!」

という矛盾した説教もくらいました。

 

これはブラック企業あるあるですよね。

 

一体どういう行動をすればヤツらは満足するのかよく分かりません。

 

そうこうするうちに、「どうすれば怒られないか」を考えるようになります。

 

この状態になった人間がポジティブに仕事出来るわけありません。

 

こうして、絵に描いたようなブラック社畜生活はわずか半年で耐えられなくなって退職しました。

 

ちなみに、私の同期は3人いましたが、うち2人も同じようなタイミングで辞めてます。

 

つまり、私の年度では新卒の4人中3人が半年でリタイアしました。

 

この生存率の低さが、そのIT企業のブラックさを物語ってますね。

 

ちなみに、退職のくだりをもっと詳細に書いた記事がありますので興味がある人だけどうぞ。

 

私が仕事を辞める決意をした瞬間【人生いろいろ】

 

肩身の狭い高学歴ニート生活~ネットビジネスに出会うまで

 

 

勢いで辞表を叩きつけた私は、何をしたらいいのか分からなくなり、ずるずるとフリーターをすることになります。

 

すぐに実家に戻らなかったのは、都会にしがみついていたかったからですね。

 

と言うより、こんな情けない状態で実家に戻れないという感情がありました。

 

そんな時に、家族から電話がかかってきたんですね。

 

「もう疲れたやろ?帰ってきてもいいんだよ」

 

電話を切った後は、しばらく布団をかぶって泣いたのを今でも覚えています。

 

さて、実家に戻った後は、完全にニートになりました。

 

もう本当に、何もやる気が起こらなかったのです。

 

ここで、父は親戚に私のことを相談します。

 

その親戚は夫婦で医者をやっており、片方は個人病院の経営者でした。

 

なんでも、介護のビジネスも始めたいから、ケアマネージャーの資格を取ってきたら話を聞いてやってもいいとのことです。

 

ちなみに、ケアマネージャーは介護士の仕事を5年やらないと取れません。

 

まあ、介護の仕事ってそんな綺麗なもんじゃないので、若いのにあえてやりたがる人は少ないと思います。

 

だから当然私は乗り気にはなれませんでした。

 

ここで我慢に我慢を重ねてきた父がついにキレます。

 

そのまま家を追い出されかねない勢いで、さすがの私も重い腰を上げて老人ホームで働くことになりました。

 

まあ、昼食の最中に便臭が襲ってくるだとかはすぐ慣れたから別にいいんです。

 

ただ、老人ホームで働いた経験は私にもっと深刻な危機感を植え付けました。

 

  • 老人ホームの入居者の半分は生活保護
  • 生活保護ではない利用者の家族の負担がすごい(月30万円ほどコンスタントに吹っ飛んでいる家族さんもいた)
  • 職員はみんな60代、70代(定年後の第二の人生は幻想だったようです)
  • 手取り13万円も衝撃だったけど、65歳の正社員が私と同じ手取りだったことにもっと衝撃
  • 職場は愚痴、悪口、足の引っ張り合い(そこにいるだけでエネルギーが吸われるレベル)

 

まあこの現状を目の当たりにして、「よし、真面目に頑張ろう!」と思える人はいないと思います。

 

なので、私はこの状況を打開するために何か稼ぐ手段はないかとネットで検索を始めました。

 

で、アフィリエイトという言葉は知っていたので、何となくチャレンジしてみたんですよ。

 

その時のブログは、何となく日記を書いてアマゾンの広告を貼っていただけでした。

 

そんなブログが稼げるわけはないですよね(笑)

 

「クソ、やっぱりそんなネットで稼げるなんて幻想じゃねーか!」なんて思ったものです。

 

でも、アフィリエイトで月収100万円以上を稼ぐ人間がいるらしいという噂がどうしても聞こえてきます。

 

月収100万円・・・

 

「例え会社員と同じくらいの作業量が必要だとしても、会社員よりは断然ワリがいいよな」

 

そんな考えが頭から離れません。

※実際は会社員よりはるかに労力が少ないです

 

というより、月に200時間働いて手取り13万円の現実を考えれば、今の職場と同じくらいの労力を消費してでも月収100万円は欲しいです。

 

そして気を取り直して、アフィリエイトやネットビジネスに関して調べまくりました。

 

その過程で、師匠と呼べる人に出会うことになります。

 

ネットビジネスを始めてからの私

 

 

幸いにも私にネットビジネスを教えてくれた師匠はとても優秀なコンサルタントでした。

※過去形で書いてますが、今でも連絡を取り合ってます

 

そして、初めて商材のお問い合わせが来た時はかなり緊張しました。

 

その時も、師匠がどんなことを返信したらいいのか丁寧に教えてくれたので、ついに初めて商材が売れたんです。

 

「やった・・・!ついに売れた・・・!」

 

もう本当にお先真っ暗な状態で、勇気を出してコンサル料も払い、不安と戦っていた中での初めての成約でした。

 

そして、今までのみじめな人生を脱出する糸口がつかめたんです。

 

この嬉しさは今でも忘れてません。

 

その後は、ひたすら記事を書いては商材を売ることを繰り返しました。

 

当時は、収入が伸びていくのがただ嬉しかったんですね。

 

そんな中、こんなメッセージが届きました。

 

「田村さんのおかげで、初めてネットで稼げました!」

 

その時、ハッとしたんです。

 

「そう言えば売ることしか考えてなかったな・・・」

 

いやもちろん、特典でサポートをつけている以上は来たメールには真面目に返信していました。

 

しかし、本当の意味で読者というかお客さんに対して親身になっていなかった。

 

また、このメッセージをくれた人はあの時の私と同じだったからこそ、ハッと気づくことが出来たのです。

 

「ああそうか、こうやって行き詰った人生を変えるきっかけを作る。自分はそのためにブログをやってるんだな」

 

その時から、ブログをやる目的も変わりました。

 

  • 前:売り上げを上げる
  • 後:サポート生に成果を出して喜んでもらう

 

このくらい、目的が変わったんです。

 

不思議なもので、そういう気持ちでやっていると、感謝の言葉が寄せられることも多くなりました。

 

「やっと稼げました!」と聞く度に、嬉しさが込み上げてくるのです。

 

今では、こうやってお客さんに喜んでもらうことがビジネスで一番大事だとしみじみ思います。

 

自由になるための稼ぎ方

 

 

さて、私はあなたにネットで稼げるようになって欲しいのはもちろんですが、自由をつかんで欲しいとも思っています。

 

というわけで、自由になるための稼ぎ方について考えてみましょう。

 

まず、とある有名な起業スクールの講師が言っていた言葉を引用します。

 

働くからお金くださいは素人。

価値を提供するからお金くださいがプロ。

 

この言葉はネットビジネスでもそのまま当てはまるんですね。

 

というか、雇われて働いていると時間がなくなる一方でまるで豊かにならないのはなぜだと思いますか?

 

それは、「働いている時間しか価値が発生しないから」です。

 

例えばコンビニのバイトなら、コンビニで勤務していない時間で価値を発生させるのは不可能です。

 

雇われて働く仕事のほぼ全ては、原理的にはコンビニバイトと同じで、勤務している時間しか価値を提供出来ません。

 

それでは、働かずに価値を発生させる方法はあるのでしょうか?

 

実はそれがあるのです。

 

例えば、ブログって私が寝ている間も検索エンジンから勝手に集客してくれますよね。

 

そして読者は私のブログを読んで色々と感じるわけです。

 

時には、「分かりやすくて参考になりました!ありがとうございます」なんてメッセージも来ます。

 

つまり、私が働いてない時間も、このブログは読者に価値を提供出来ているわけです。

 

このようにブログというツールは何度でも違う人に価値を提供できます。

 

だからこそ、ブロガーは肉体の限界を超えて価値を提供でき、時給労働以上に稼げるわけです。

 

要するに、自分に代わって働いてくれる仕組みを作っていきましょう。

 

「いや、そんな仕組みの作り方が分かればとっくにやってるよ・・・」

 

まあ、そりゃそうですよね。

 

でも、焦らず1つずつ知識をつけていけば、特別な才能がなくてもそういう仕組みを作ることは出来ます。

 

「自分もそういう仕組みを作りたい!」

 

そう思っていただけたのなら、以下の記事が勉強になるはずです。

 

【参考記事】

知識ゼロの初心者がPC1台で稼げるようになるまでの道のり

 

最後に

 

 

ここまでお話したように、私の半生はみっともないものでした。

 

だからこそ、ネットビジネスに救いを求める人たちの気持ちは誰よりも理解しているつもりです。

 

もちろん、私は1クリックで月収100万円を保証出来る神ではありません。

 

ネットで稼げるようになるまでは、泥臭い作業や努力も必要です。

 

しかし、「それでも人生を変えたい!」と本気で思っている人は仲間として接したいと思っています。

 

そして、会社に束縛されない自由な人生を送る仲間を増やしたいです。

 

また、メルマガではブログよりもさらに突っ込んだ内容や、濃いテクニックをお話しています。

 

メルマガ登録はこちら

 

このメルマガは、きっとあなたの役に立つはずです。

 

もし、ネットで稼ぐにあたって何から始めたらいいのか分からなかったら、私が相談に乗ります。

 

田村にメッセージを送る

 

いつでもご連絡くださいね。