田村です。

 

前回、SEOの基本講座を書きましたが、今回はキーワード選定についてもっと詳しく学んでいきましょう。

 

特に、自分で勝手にユーザーが検索しそうなキーワードを考えるクセがある場合は要注意です。

 

というのも、自分で勝手に考えたキーワードは、実際に調べてみると検索需要がないケースもあります。

 

需要のない記事を書いてもアクセスは集まりません。

 

ですので、プロフィールなどの一部の例外を除いて、ほぼ全ての記事で前もってキーワード選定をします。

 

というわけで、ここでしっかりキーワード選定を学んでいきましょう。

 

キーワード選定に必須の無料ツールについて

 

 

私がキーワード選定に使うツールは、goodkeywordキーワードプランナーです。

 

これらを順番に見ていきましょう。

 

キーワード選定の無料ツール1・goodkeyword

 

まずはキーワードの発掘に便利なgoodkeywordからチェックしていきましょう。

 

>goodkeywordはこちらから

 

goodkeywordはSEO基本講座でも出てきましたが、もう一度使い方を載せておきます。

 

例えば「ダイエット」の複合キーワードを探す場合・・・

 

  • 「ダイエット」と入力して「検索」をクリック

 

 

  • 「ダイエット サプリ」をクリックすれば、さらに深堀できる

 

 

  • 「ダイエット サプリ」をさらに深堀したキーワード群が見れる
  • 赤丸をつけた「G」ボタンを押すと、そのキーワードのgoogle検索結果が見れる←この機能は超便利

 

このgoodkeywordで出てくる複合キーワードは全て実際に検索されているものです。

 

なので、goodkeywordに出たキーワードなら記事にしても無駄にはなりません。

 

ただ、goodkeywordでは検索ボリュームの大きさが分かりませんし、ライバルチェックも目視でする必要があります。

 

つまり、SEOの精度を上げていくために、goodkeywordでは足りない部分をキーワードプランナーで補います。

 

キーワード選定の無料ツール2・キーワードプランナー

 

次は検索ボリューム確認に欠かせないキーワードプランナーの使い方を見ていきましょう。

 

>キーワードプランナーはこちらから

 

上記のURLはキーワードプランナーのURLのはずなのですが、googleアカウントでログインしても直接キーワードプランナーにつながりません。

 

ひとまず、ログイン後からの流れを説明します。

 

  1. 右上のスパナマークをクリック
  2. 「キーワードプランナー」をクリック

 

これでキーワードプランナーにつながります。

 

なお、キーワードプランナーは仕様が更新されてから若干使いにくくなりました。

 

なので、まずはキーワードプランナーの画面を使いやすい旧版に戻すことから始めましょう。

 

 

やり方は簡単で、上の画像のように、「以前のキーワードプランナーを開く」をクリックするだけです。

 

それでは以下、キーワードプランナーでの検索数の調べ方を解説します。

 

  • この画面が出たら、「検索ボリュームと傾向を取得」をクリック

 

  • キーワードを何か入力して「検索ボリュームを取得」をクリック

 

  • このように「ダイエット」の検索ボリュームが大まかに分かる
  • 他のキーワードの検索ボリュームを見る時は、キーワードを変えて「検索ボリュームを取得」をクリック

 

ちなみに、検索ボリュームを一斉に調べる便利な技を紹介します。

 

まず、goodkeywordに一旦戻ってください。

 

  1. 赤枠のところを一回クリックするだけで、自動で全部選択になる
  2. コピーする
  3. キーワードプランナーに戻る

 

  • 赤枠の中にさっきコピーしたものをペーストする

 

 

すると、このように関連キーワードの検索ボリュームが一斉に出てきます。

 

この画面を下にスクロールして確認してみましょう。

 

 

ビッシリと検索ボリュームのデータが取得できてますね。

 

当たり前ですが、検索ボリュームが少ない方が上位表示は簡単な傾向があります。

 

しかし、ニッチなキーワードのくせにやたらライバルが強い場合があるので、「ボリュームが少ない!穴場だー!」と突進するのはおすすめしません。

 

ですので、ライバルチェックも抜かりなく行いましょう。

 

あと、検索ボリューム「10~100」についてですが、よほど普遍的な長期キーワードでない限りはやめた方がいいと思います。

 

少なくとも、「10~100」のキーワードは集客目的の記事に向きません。

 

というのも、検索1位を取れたって月に10人くらいのアクセスなわけですからね。

 

このように、goodkeywordで関連キーワードを発掘、キーワードプランナーで検索ボリュームを確認というのが私のおすすめの流れです。

 

あとはgoogleのサジェストキーワードも参考にしますね。

 

サジェストキーワードとは、下記画像のように検索窓や、検索結果ページの下部に表示されるキーワード群です。

 

 

これらも実際に検索されているキーワードですので、参考にしてみましょう。

 

キーワード選定にはライバルチェックが必要

 

 

さて、先ほど説明した無料ツールでキーワードのアタリはついたと思います。

 

そのキーワードで記事を書き始めても、大きな間違いにはなりにくいです。

 

しかし、先述のように、検索ボリュームが少ないくせにライバルがやたらと強いケースが時々あります。

 

ですので、ライバルチェックも行って万全を期しましょう。

 

ライバルチェックの具体的な方法ですが、簡単に言うと検索1ページ目がショボかったらパーフェクトです。

 

ただ、記事のクオリティが「高い」のか「ショボい」のかをどうやって判断するかの基準が必要となります。

 

それでは、ライバルチェックをする際の基準を見ていきましょう。

 

ライバルチェックの基準1・SEOを意識してない記事があるかどうか

 

SEOを意識してない記事とは、具体的には以下のようなものです。

 

 

これは「ダイエット 筋トレ 有酸素 プロテイン」の検索結果の1ページ目ですが、この2つの記事のタイトルに注目してみましょう。

 

これらのタイトルは、少なくとも「ダイエット 筋トレ 有酸素 プロテイン」の4語キーワードでSEOを意識してないですよね。

 

普通、記事を書く時には選んだキーワードは記事タイトルに全部入れますからね。

 

要するに、複合キーワードが全部入ってないタイトルの記事が、そのキーワードでのSEOを意識していない記事というわけです。

 

こういう記事が検索1ページ目に複数ある場合は、あなたがきっちりSEOをかけた記事で上位表示出来る可能性が高いです。

 

ライバルチェックの基準2・記事の質は高いか

 

さて、先ほど記事タイトルに着目しましたね。

 

ただ、記事タイトルがきっちり検索キーワードを使っていても、記事の中身を見ればSEOに弱い場合があります。

 

では、SEOに弱い記事とはどんな記事でしょうか。

 

まず最初に、誤字脱字、文章が分かりにくい、主旨がよく分からないなどの明らかに低品質な記事が挙げられます。

 

そして次に挙げられるのが、「SEOライティングが出来てない記事」です。

 

SEOライティングのやり方は、SEO基本講座にも書いてますね。

 

  • 記事タイトル
  • 見出し
  • 記事本文

 

この3つのそれぞれで適切なキーワードの使い方が出来ているかどうかを見るわけです。

 

記事タイトルのキーワードがかぶっていても、見出しと本文の作りがSEOに弱ければ、あなたが勝てる見込みは十分にあります。

 

SEOライティングを駆使して上位表示を勝ち取りましょう。

 

ライバルチェックの基準3・SEOに強い媒体かどうか

 

SEOにおいては、媒体そのものの強さも意識しましょう。

 

同じキーワードで同じような内容の記事を書いても、媒体自体の信用度で検索順位に差がつくからです。

 

例えば私が「アフィリエイト 確定申告」で記事を書いても、会計事務所の公式サイトが同じキーワードで記事を出したら100%負けます。

 

これはgoogleが、税務関係に関しては会計事務所を信用しているからです。

 

このような感じで、そのキーワードに関して明らかに強いサイトがひしめき合っている場合も、諦めた方がいいでしょう。

 

というわけで、SEOに強い媒体と弱い媒体を並べてみます。

 

【SEOに強い媒体】

  • 大手のニュースサイト・・・社会的信用が高い
  • 企業サイト・・・社会的信用が高い
  • ネットショップ・・・社会的信用が高い
  • 個人ブログだが専門特化している・・・googleは専門性を高く評価する

 

【SEOに弱い媒体】

  • 無料ブログ・・・独自ドメインよりSEOに弱い媒体
  • Q&Aサイト(ヤフー知恵袋など)・・・聞く方も答える方も素人だからgoogleからの信用は低い
  • 専門特化できていない個人ブログ・・・googleからの評価が低い

 

検索1ページ目に、SEOに強い媒体がひしめき合っていたら、キーワードをずらして逃げた方が賢明です。

 

ただし、SEOに弱い媒体が検索1ページ目に2~3個あるのなら、狙ってみる価値は大いにあるでしょう。

 

集客に特化したキーワード選定

 

 

ここまで、すでに検索需要が確立しているキーワードの選び方を見てきました。

 

ここでは、集客に特化したトレンドキーワードについて説明します。

 

トレンドキーワードというのは、ある日突然、検索需要が生まれ、そして早い場合は1週間ほどで需要が消えていく超短期キーワードです。

 

芸能トレンドブログをイメージすると分かりやすいでしょう。

 

そして、トレンドキーワードならライバルがいない状態での戦いなので上位表示がめちゃくちゃ簡単です。

 

その代わりに、トレンド記事のアクセスはすぐになくなってしまいますが・・・

 

ですので、メルマガや講座記事などの読者をリピーター化させる仕組みがないのなら、トレンド記事を書く意味は薄いですね。

 

逆に、リピーター化の仕組があるのならトレンド記事をガンガン書けばいいと思います。

 

さて、トレンドキーワードの取得の仕方ですが、これはあなたが運営するブログによってネタの取り方が変わってきます。

 

例えば、ダイエットのブログなら芸能人の激ヤセや激太りのニュースが出たら、記事にする価値はあるでしょう。

 

 

その記事から、「ですので、リバウンドをしない健康的な痩せ方をするための考え方を学びましょう」と言って自分の見せたいコンテンツに誘導できますからね。

 

このように、あなたのブログのテーマに合ったネタがあれば、トレンド記事も書いてみましょう。

 

【SEO講座】キーワード選定のやり方まとめ

 

 

ここまでをまとめると、以下のようになります。

 

  • 検索需要のない記事は書かない・・・プロフィールなどの例外はある
  • 選んだキーワードの検索需要は簡単に調べられる・・・goodkeywordとキーワードプランナー
  • ライバルチェックをした方がいい・・・穴場に見えたキーワードのライバルがやたらと強い時もある
  • トレンドキーワードの活用・・・超短期だが、即効性のある集客が出来る。リピーター化の仕組がないなら、トレンド記事を書く意味は薄い。

 

この記事のノウハウに加えて、選んだキーワードでどんな人が集まるのかを計算に入れると、より戦略的なブログ運営が出来るでしょう。

 

しかし、「どんな人を集めてどこに誘導するか」まで話をすると、SEOというよりブログ設計の話になってしまうのです。

 

ですので、その話はまた別の機会に別記事でお伝えしたいと思います。

 

それでは、今日はこの辺りで失礼します。

 

何か相談したいことがあれば、遠慮なくメッセージをくださいね。

 

田村にメッセージを送る

 

コンテンツ一覧はこちら

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

【関連記事】

超カンタンSEO対策!誰でも出来るネット集客の基本!

 

【おすすめ記事】

初めての人のためのコピーライティング講座

情報商材アフィリエイトで初心者が月収100万円を目指すための講座

 

 

 

 

私のメールマガジンでは、スキルゼロ、経験ゼロ、実績ゼロからネット副業で生計を立てるまでに至ったノウハウや体験談などを配信していきます。

 

また、ブログでは書けないような過激なことや、秘匿性の高いことはメールマガジンで配信していく予定です。

 

例えば・・・

 

  • 1日10人しか来ないブログでも日給2万円稼げる弱小ブログ運営術
  • パソコンが苦手でプログラミングもデザインも分からなくてもネットで稼げる仕組みの構築法
  • セールスの知識がなくても商品が売れてしまう、誰でもすぐに使えるセールステク
  • 1日1~2時間の作業で脱サラしノマドワーカーになれる世界一自由なビジネス
  • ネットを使い、たった半年でサラリーマンの平均年収以上を稼ぐためのブログ運営法
  • 年収億プレーヤーから学んだ、今すぐ実践可能なビジネスマインド

 

他にも、内容盛りだくさんで有料級の情報配信をしていきます。

 

また、メールマガジンに登録すると、以下の特典を受け取ることが出来ます。

 

特典名「初心者がゼロから始めてネットで稼ぐ方法」(116ページ)

 

その内容の一部をご紹介すると・・・

 

  • 誰でも簡単に即金で5~10万円稼げる唯一の方法
  • 初心者が稼げるようになるために何から始めたらいいのか?
  • 文章を書かなくても月収5万円稼げるノウハウ
  • 忙しいサラリーマンが片手間で稼げる副業とは?
  • 労働型の副業をやめ、収益の自動化を目指す戦略

 

この特典は、私のメールマガジンに登録することで手に入ります。

 

下記の登録フォームからメールマガジンに登録していただけると、こちらから折り返しメールにて特典をお渡しします。

 

下記の登録フォームにお名前とメールアドレスを入力して、是非このプレゼントを受け取ってください。

 

【メルマガ登録はこちらから】

※返信が迷惑メールに入っている、またはメールアドレスを間違えるなどのトラブルが予想されます。

 

※2、フォームを送信してもプレゼントが届かない場合は、お手数ですが再送信するか、違うメールアドレスを試してみてください。